アダン(2005)

生きることは、描くこと

映画『アダン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『アダン』を見るなら動画リンクをチェック。

若くして天才と呼ばれながら独学で画業に励み、晩年は奄美大島に渡った孤高の画家・田中一村の半生を描いた伝記ドラマ。絵画監修は速水敬一郎、絵画指導は加藤晋。昭和22年。その日の米にもこと欠くような日々の中、39歳の田中一村は一心不乱に絵に打ち込んでいた。まるでそれしか自分にはできないかのように、ひらすらに汗を流す。3歳年上の姉・喜美子は、弟の才能を信じて苦しい生活を支え続ける。一村は、初めて公募展に出品した『白い花』の入選に続き、第十五回北斗展に自信作『秋晴れ』を出品するが、努力も虚しく落選してしまう。

原題:アダン / 製作:日本(2005年) / 日本公開:2006年5月20日 / 139分 / 制作: / 配給:東京テアトル


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『アダン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画でも映画を堪能しよう!
時代の中で自分の人生を貫いた逞しい生き様をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、店に足を運ぶ前に、ウェブサイトにアクセスしてタイトルを検索するだけで、もしかしたら配信によって気軽に視聴できるかもしれません。無駄な労力をかける前に、ほんの少しのチェックを試しましょう。

「無料」を見逃すな!
「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。何事も利用しないとその真価もわからないもので、他人のオススメも自分には当てはまらないこともあります。そこでお試しが役に立つのです。使ってみれば「なるほど」と合点がいく部分も多いはず。「VODって恥ずかしながらよく知らないのだけど」そんなビギナーにも安心。そもそもこれはそういう人向けにもできています。決してマニア向けに特化したものではなく、小難しい操作もありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「アダン」の再生はダメです。Webブラウザは定期的に脆弱性を修正するアップデートをリリースしていますが、セキュリティレベルに関係なく、こうした不正サイトを自らの意志で能動的に使用してしまうと、どんな無敵に見えるパーフェクトな対策もクズ同然で、無料動画どころではないです。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

これに決めた!
「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。「アダン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。最終的に判断するのはあなたです。どれがジャストフィットするかは個人差があり、自分だけのベストVODを見つけましょう。

お試し無料はいつまで?
タイムスケジュールを各自でチェックです。なぜかといえばお試し無料の期間は限られていますので、忙しい時期にうっかり登録してしまうと、無駄に時が過ぎてしまい、意味もないです。カレンダーを睨みながら自分にぴったりの期間を狙うのがいいのではないでしょうか。繰り返しますが時間は大切に。動画と付き合う時間がそもそも無いと「アダン」を見た気すらしません。つまり作戦が大事になってきます。「よし今日から土日は一気に映画を見まくる日にしよう!」という思いきった休みの使い方が、動画を見る上でも最良の手です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「アダン」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「アダン」は? 基礎としては初回という最初に限って特定の期間に料金発生がないということを意味します。永遠に無料ではもちろんなく、期間終了後にごく普通にお金は払うことになりますが、無料期間分がまとめて請求されることはないです。配信している作品が全て無料なのかどうかはサービスによります。見放題系なら問題ないですが、中には複雑な視聴システムがある場合もあるので要確認。どちらにせよ事前の把握のためにもサービス特徴をおさらいしましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「アダン」も何度も観れば新しい発見が生まれて、これまで「つまらない」と思っていた感情が「意外とこんな楽しさがあったのか!」と驚きに変わるかもしれません。もっと単純に名セリフを聞き続けたいなどのリピーター向けとしてもよい感じです。映画館ではお金をかけすぎてしまうことを、VODは格安で実現できるので、財布の心強い味方になってくれます。何気なく家で運動をしながら映画を流すという「ながら見」にも使いやすいので多用する手段は無限大です。

『アダン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アダン』をさらに知る

★スタッフ
監督:五十嵐匠
脚本:松山善三
音楽:安川午朗

★キャスト
榎木孝明、木村文乃、村田雄浩、不破万作、笹野高史、犬塚弘

★『アダン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????4.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アダン』の感想

●シネマトゥデイ 
画壇から認められず、苛酷で、孤高の生涯を送った画家の晩年を描いて、見事な秀作。しみじみと味わい深く、よかったです。芸術を愛する人々、芸術を志している方々に、ぜひ御覧いただきたいです。優秀な監督が、主人公に、あえて、渋い芸術家を選んでくれたことに感謝してしまいます。最初から、興行収入など見込めないまさに芸術一筋の仕事です。主人公の一村に、画家でもある榎木孝明を据えたのが、とてもよかったです。魅入られました。
●映画無料夢心地 
絵筆をとる姿が、実にサマになっていて、迫力を感じました。これ自体は絶対に、いや、そんなことを書くと失礼ですけど、あまり人は手の取らない作品なんじゃないかと思うわけです。堅苦しい雰囲気がありますし、どう考えても強烈な「なんかあるか」的な寄せ付けないオーラもあります。でも、作品自体は思っている以上に普通に見られると思うので、気にしないでください。生きるということに実直に向き合った魂の映画として記憶に残ります。
●BILIBILI  
タイトルの『アダン』は、南国の植物で、田中一村の代表作にも、『アダンの木』がありますが、これではどのような映画かわかりませんので、とにかく内容を知ってもらうために、『田中一村~孤高の天才画家の肖像~』あたりにすべきでは…と想いましたが、作品自体は画家の芸術に対する執念がひしひしと、痛いまでに伝わってきました。若い頃より、一村の才能を信じて、生活にも窮する弟を陰で支え続けた姉の存在。凄すぎたなと思うばかり。
●DAILYMOTION 
姉がいいです。この田中喜美子を演じた古手川裕子のけなげな表情、演技もよかったです。一村を支え続ける姉、才能を認める親友、一村の執念とも言える画壇に対する恨みを解いた奄美の人々の暖かさ。とてもいい映画だと思います。榎木孝明の演技はパワフルを超えたエネルギーの源流のようなものだったので、それだけでも「うわー」となるインパクト。生きることは死ぬことであり、作ることであり、壊すことであり、そんなことが巡回している。
●MOVIX
アダンとは何か。それもわからずに鑑賞。「神童」と呼ばれた男。まずここで一般人は敵わない。そんな風に呼ばれる人間がどれだけいるというのか。たいていはめんどくさいバカな子どもに過ぎないというのに。奄美大島に渡り、大島紬の染色工で生計を立て絵を描き始めるのが人生の最終ステージだった。しかし、評価はされない。そして、死語、この映画が作られる。それだけでなにか切ないし、苦しい気持ちになる。せめて鑑賞するしかできない。