マックス・スティール(2016)

異色の合体! エイリアン×アクションヒーロー

映画『マックス・スティール』のフル動画を無料視聴する手段を綺麗にサジェストしているこちらをどうぞ。無駄に多いリンクはゼロです。
今すぐ『マックス・スティール』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Max Steel(「マックススティール」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年12月3日 / 92分 / 制作:Dolphin Films / 配給:REGENTS、日活 / 製作費:1000万ドル / 興行収入:630万ドル

映画『マックス・スティール』予告編

(C)2015 MAX STEEL HOLDINGS, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『マックス・スティール』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る 良質環境

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『マックス・スティール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ワクワクの動画体験へ誘います!
日常から離れたありえない体験をさせてくれる映画は見ごたえがあります。そんなエンターテインメント溢れる作品をお得に見たいときは動画配信サービスを利用してみましょう。これは大きく分けて2種類あります。まずは単体作品ごとにレンタル購入して見るもの。少ないコストで済みます。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。とてもたくさんの作品が配信されているので、見始めると止まらなくなるくらい楽しいです。

「無料」を嫌う人はいない!
さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。これはビギナーハードルを低減するためのもので、初回利用者限定でフリー期間が設定されています。あなたの気になる作品動画が配信中ならばハッピーチャンスです。「退会を無料期間内にしてしまうのはルール違反ですか?」「そうなると変な問題になるのかな?」という疑問はかなり集中しがち。無料目当てでなくとも人は辞めたくなるときもあります。それは自由で好きなように解約できますし、契約違反でもないです。スチュワート・ヘンドラー監督の「マックス・スティール」もアリ。

アウトどころではない!
不正な動画ウェブサイトは事態を悪化させるだけであり適法性・実用性の二点で非推奨。それでベン・ウィンチェル出演の「マックス・スティール」の視聴はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、どういう経路で流出するかもわからず、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。もしパソコンにエラーが起きれば最悪の場合は初期化によって全データ&ソフト設定をイチからやり直さないといけません。

迷ったときは?
現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。ところが、そうは問屋が卸さないもの。VODの多さと複雑さは、素人であればクラクラするほどであり、判断は困難。確認作業をしようにもまず何をすればやらです。マリア・ベロ出演の「マックス・スティール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、それでも大きな補助になるのは事実です。利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

字幕・吹替、選択は自由
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。下手な失敗はしたくはないでしょう。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「マックス・スティール」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は安定性以前に再生機器の条件を満たす必要が「マックス・スティール」でもあります。DVDと同等にテレビ鑑賞もできますが、その際はネット環境は必須。ご家庭のテレビがネット接続済みか、そしてコンテンツ対応済みか、要確認です。PCならばブラウザで気軽に再生できるので特別な条件はなし。ChromeでもIEでもOKです。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。そういうものが必要になってくるのかは事前に確認するべきですが、そこまで余計なものを入れないといけないことは起きないと思います。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はうっかり手放したくないほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。アナ・ビジャファーニェ出演の「マックス・スティール」は? 混乱しやすいのはあくまでサービス利用料が初回の特定期間に限定して無料になるという点。つまり、映画動画自体の無料は副次的なもので、どれくらいのコンテンツが無料になるのかはサービスによって状況がガラリと変わってきます。サブスクとして勢いを強めている見放題系ならば話は簡単。全部無料です。単品視聴型は登録時にもらえるポイントでの購入になるので、その初回ポイント分に限って実質的なタダと同じ感覚で見られます。この場合はオーバー防止のやりくりが必要になるのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? ジョシュ・ブレナー出演の「マックス・スティール」だって何度でも鑑賞したいのでは? 1回ではわからないネタもあります。動画を一時停止して初めて「え!」と気づく場合も。実はこんな伏線になっていたことを知る瞬間は快感です。でも劇場でリピートするのはちょっとマニアすぎてハードルは高いです。それができるのは一部の熱狂者のみ。複数回見ると下手をすれば5000円とかかかってしまいます。でもVODならば何度見ても追加の発生料金は無し。そこはDVDと同じです。好きなように動画を停止してもいいし、巻き戻しても構いません。

『マックス・スティール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月29日時点での『マックス・スティール』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『マックス・スティール』をさらに知る

世界的玩具メーカーとして知られるアメリカのマテル社が1997年に発売したアクションフィギュアシリーズを、最新のVFX技術を駆使して実写映画化したSFアクション。『マックス・スティール』の製作総指揮はチャーリー・コーエン、デビッド・ボス、ダグ・ワドリー。16歳の少年マックスが、エイリアンのスティールと一体化することでスーパーヒーロー「マックス・スティール」に変身し、悪と戦う姿を描く。思わぬ力を手に入れるタイミングは当然やってくるものだった。幼い頃に父親を事故で亡くした街に帰ってきたマックスは、体から不思議なエネルギーが放出されるようになり、その力が次第に強まっていくことに気づく。一体自分の身に何が起こっているのか。そんなマックスの前にミステリアスな地球外生命体スティールが現れ、その独特なテンションに圧倒されながらも、力の秘密を知る。マックスとスティールが一体化して、スーパーパワーを自在に操る超人マックス・スティールが誕生する。最初はその能力に戸惑うが…。

★『マックス・スティール』のスタッフ


監督:スチュワート・ヘンドラー(関連作品:『Halo4 フォワード・オントゥ・ドーン』)
脚本:クリストファー・ヨスト
撮影:ブレット・ポウラク
音楽:ネイサン・ラニアー

★『マックス・スティール』のキャスト(キャラクター)


ベン・ウィンチェル(マックス・マクグラス)、マリア・ベロ(モリー)、アナ・ビジャファーニェ(シドニー)、ジョシュ・ブレナー(スティール)、アンディ・ガルシア(マイルズ博士)

★『マックス・スティール』の評価

IMDbRTMETA
4.60%??
映画comY!FM
2.4???2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『マックス・スティール』の感想

●『マックス・スティール』無料ホームシアター
人間とエイリアンが合体して誕生するというアツい設定。近未来的なスリムかつクールなビジュアル。主人公がいかにもヒーローなポーズを決めるカッコいいポスター。非常に美麗な映像。良いところを探そうと思えばいくらでも見つかる。ただ、お話としてはかなり子ども向けと言うか、ライトな感じになっている。それこそ昨今のアメコミのような極端な社会派テイストもシリアス展開もない。単純に楽しむならこれはぴったりでしょう。
●『マックス・スティール』FILMAGA
気軽に観るという意味ではこの映画は非常にベストな作品である。退屈な時間にぜひ視聴すると良いでしょう。アナ・ビジャファーニェがとても日本人好みの顔で良いと思います。基本は低年齢対象なのかもしれません。でも大人でも暇つぶしにはいいです。明らかにカッコいいビジャアル、ヒーロー的な戦隊要素っぽい感じ、絶対にロボットで巨大な戦闘をすると思いましたけど、そういうのじゃなかったのがやや残念かな。
●『マックス・スティール』ユナイテッドシネマ
あのトランスフォーマーでお馴染みのハスブロ社から発売されているおもちゃが原案らしいです。確かに単純明快さが似ている気がします。スーツもかっこいいし、スティールもリアルに浮遊しててCGもよく、パルクール的にガンガントレーニングしたりと面白そうな要素がたくさんあります。とくに訓練して能力を身に着けていく過程は楽しいし、燃えます。また、スティールのおしゃべりキャラもなかなか愉快。これは子どもにウケそうです。