ドント・ブリーズ(2016)

盲目の老人を侮るな

映画『ドント・ブリーズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『ドント・ブリーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Don’t Breathe(「ドントブリーズ」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年12月16日 / 88分 / 制作:ステージ6フィルムズ、ゴースト・ハウス・ピクチャーズ、グッド・ユニヴァース / 配給:スクリーン・ジェムズ、ソニー・ピクチャーズ / 製作費:9900万ドル / 興行収入:1億5200万ドル

映画 『ドント・ブリーズ』 予告

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ドント・ブリーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

スリルと興奮を動画で!
退屈な何気ない日常を恐怖の混沌に変えてしまえるのも映画のマジックです。そんなホラー作品をたくさん見たいなら動画配信サービスがオススメです。これはネット配信なのでとくにジャンルの映画とは相性がいいです。例えば、どうしても怖い映画は劇場で観れないという人なら、スマホやパソコンなど小さな画面で観れば恐怖は軽減できます。一方で最大の怖さで楽しむなら部屋を暗くしてテレビの大画面で鑑賞すると最高の体験になります。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。アカウント登録を初めてする際に、無料お試しの適用を受けることができます。この際は自分が初回ユーザーであることを確認させることが必要です(クレジットカードなどで判断)。「無料お試しの間に見たい映画を観終わってしまい、もう観たいものがないときは、そのままとくに料金請求なく、その期間中に退会してサービス利用を止められるのか」その答えはYESです。「ドント・ブリーズ」も配信中。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ドント・ブリーズ」の視聴はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。被害対策の最善は公式のサービスを利用すること。これ以外の全方向で推薦できる自明な手段はないとキッパリ断言できます。

これに決めた!
さあ、配信リストをサムネイルで眺めてみるのです。まるであなたの目前にレンタルショップが開店したような感じです。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「ドント・ブリーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも足踏みしていても意味がないです。このページを使って新しい扉を開きましょう。アイコン表示サービスがこの作品を配信するVODです。情報は今の時点ではないですが、役に立つのは確か。情報は更新してこそ意味があります。ずっと掲載内容が変わらない、一発屋な雑サイトからは卒業して、コチラに入学を。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「ドント・ブリーズ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
数多のVODを一括チェックできるサイトであるフルムビバースは、他の紹介サイトと違って、取り扱いをフェアプレイで決めています。基本は正確な情報を重視し、全部のサービスを網羅しようと心掛けているので、そのラインナップはどこよりも充実しており、作品によっては10種類上の選択肢を提示していることも。あえて一つに絞らない理由はユーザーのパーソナルな判断を尊重しているからです。単純に「ドント・ブリーズ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、「ドント・ブリーズ」視聴を妨げません。見てすぐにわかると思いますが、スマホ画面でもこのページにはほとんど広告がデフォルト状態でも表示されません。しつこく追尾してくる広告にうんざりしていたあなたにも使いやすいと自負できるシンプルさです。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「ドント・ブリーズ」も無規制で。

『ドント・ブリーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ドント・ブリーズ』をさらに知る

リメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレス監督最新作スリラー。強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描く。製作総指揮にはネイサン・カヘイン、ジョー・ドレイク、エリン・ウェスターマン、J・R・ヤングなどが名を連ねる。親元を離れ、街から逃げ出すための資金が必要なロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスとともに、ある犯罪に手を出すことに決める。地下に大金を隠し持っていると噂される盲目の老人の家に強盗に入るというもので、きっと相手は年寄りなので簡単だと考えていた。しかし、その老人は目が見えないかわりに、どんな音も聴き逃さない超人的な聴覚をもち、さらには想像を絶する異常な本性を隠し持つ人物だった。そうとは知らず、完全に油断した状態でまんまと暗闇に包まれた家の中で追い詰められたロッキーたちは、必死になってがむしゃらに逃げるうちに地下室にたどり着くが、そこで恐るべき最悪の光景を目の当たりにする。

★スタッフ
監督:フェデ・アルバレス(関連作品:『死霊のはらわた』)
脚本:フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス
撮影:ペドロ・ルケ
音楽:ロケ・バニョス

★キャスト
ジェーン・レビ、ディラン・ミネット、ダニエル・ゾバット、スティーブン・ラング

★『ドント・ブリーズ』の評価

IMDbRTMETA
7.188%71
映画comY!FM
3.63.593.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ドント・ブリーズ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
みんな息を飲んで映画に集中していました。こっちまでしゃべれなくなる、圧迫感が凄かったです。怖いを通り越して、絶句しているような地獄の時間。最初は調子に乗っている若者たちも一瞬でヤバい状況に。そこからの想像を絶する恐怖。しかし、それはまだほんの序の口。襲ってくる相手の真の実態を知った時、「マジか…」となるのでした。おぞましいと同時に本気で逃げないと!という気分になりますから。あれは下手な音でびっくりさせたり、グロい映像よりも最低最悪の所業でした。
●無料ホームシアター 
スリル満載だった。早く映画が終われと思うほどに。結局、人間が一番怖いってことですかね。息をするなというタイトルですが、確かに前半は音を立てないために呼吸を止める必要がでてくるのですが、後半から息どころの騒ぎではない事態に。オカルトに頼らずに、徹底して純粋な恐怖を増幅させてくる演出は見事。もし見るなら、部屋を暗くして密閉した場所で見ましょう。雰囲気作りは大事です。それが苦手ならやめた方がいいですけど、突然の乱入者には注意して戸締りしてください。
●イオンシネマ
痛快最強ジジイというだけでもパワーワードなのに筋肉系マッドサイエンティストだったから、もうお手上げ。無駄なBGMを排していたことでジジイが出てきたときの衝撃がインパクトアップし、観客の心臓を潰す。拳銃を片手に若者たちを暗闇の中でジリジリと追い詰めていく姿は完全にプロの捕食者。こいつ、過去に段ボール箱に入っていたのか。そして、ラストは考えたくないオチで、これは怖さが終わっていない。自業自得ってこういうことだねと思ったが、さすがにこれは可哀想になってくる。