ネオン・デーモン / The Neon Demon

ラストに待つ衝撃の結末

映画『ネオン・デーモン』のフル動画を無料視聴する有益な方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『ネオン・デーモン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Neon Demon(「ネオンデーモン」) / フランス・アメリカ・デンマーク(2016年) / 日本公開:2017年1月13日 / 118分 / 制作:Gaumont Film Company / 配給:ギャガ / 製作費:700万ドル / 興行収入:340万ドル

映画『ネオン・デーモン』予告編

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ネオン・デーモン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

幻惑の世界へようこそ!
現実から大きく乖離した独創的な世界観で観客を驚かすような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信という特性を活かして、スマホでも、パソコンでも、テレビでも、タブレットでも、自由に選択することができます。DVDやブルーレイではレンタルしても特定の媒体でしか見れないので、好きなタイミングで見るならこれがベターです。

「無料」は全て初心者のため!
ニッコリできる情報はまだまだあります。こんなテンションがあがってしまう感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。無論ではありますが無限の無料ではないです。登録日から数えての期間(あらかじめ決められている)というリミットがありますが、でも無料動画試用体験なんてそうそう味わえることではないです。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。ニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ネオン・デーモン」もアリ。

甘美な響きでは済まない!
不正な動画ウェブサイトは虜になりそうな釣り餌を垂らしつつも結局はアウトなので適法性・実用性の二点で非推奨。それでエル・ファニング出演の「ネオン・デーモン」の視聴はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。それは刻一刻とユーザーを蝕みます。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。ベストワンは個人によって異なるでしょうが、少なくともそれは不正動画ウェブサイトではないのは紛れもないでしょう。

これに決めた!
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。苦しいほどではないにせよ、少し厄介さに固まってしまうのが、VODの圧倒的量。各社展開数も多く、加えて内部の作品数も多い。これでは何から見るべきかもわからないです。カール・グルスマン出演の「ネオン・デーモン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。掲載対象にしているVODの種類がどこよりも盛沢山で、特定のサービスをえこひいきしていないのがフルムビバースの強みです。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミングとなりうるということは頭に入れましょう。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

配信はいつ終わる?
無限に配信され続けていればいつでも見れるので最高な状態なのですが、VODはストリーミング権などの問題から永遠を保障はしてくれません。いつかは配信が終わって消えてしまうので、観れるときに観るというのが鉄則になってきます。そうしないとあっさり見逃しが起きます。その終了日はサイト上で明示されていることもありますが、なかなか見つけづらいので、気づいてすらいない人も多め。やはり当日のチェックが最重要となってきます。ジェナ・マローン出演の妖艶な美しさが光る「ネオン・デーモン」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに最速でアクセスして視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。ログインの必要性がないのが大きなポイントです。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。ベラ・ヒースコート出演の「ネオン・デーモン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く自分の体験として満足するべく視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
バリエーショナルなVODは魅惑的ですが、その利益を享受する前にアカウント作成しないといけません。そして絶対に決めることになるのがパスワード。あなたは毎回深く考えないでパスを決定していませんか。それだと最悪な事態になるかもしれません。その警告は決して大袈裟なものではないのです。アカウント乗っ取りのたいていの原因は、粗雑なパスワードが理由であり、使い回しをしていた人も多いです。まさか誕生日などを使っている人はいないと思いますが、辞書に載っている単語すらもダメです。独自の羅列にしましょう。安全なアビー・リー出演の過激映像オンパレード作「ネオン・デーモン」動画体験をするには確実に順守したい大事な基礎ルールです。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。かなり深刻な問題も引き起こすものであり、油断はできません。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。クリスティーナ・ヘンドリックス出演の「ネオン・デーモン」が視聴できると仮に書いてある風に見えても、全然違う動画を再生してくるものさえあります。そんなことで無駄な時間を過ごしたくはないでしょう。余計な被害にイライラしてSNSでゴネるしかない状況になる前に素直に公式を選ぶべきです。

『ネオン・デーモン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月18日時点での『ネオン・デーモン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ネオン・デーモン』をさらに知る

ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がける、ファッション・モデル業界の深みにはまり危険な存在となっていく女性のジェシーを美しく描いたサスペンス・ホラー。製作総指揮にはクリストフ・ランデ、ブラヒム・シウア、クリストファー・ウッドロウ、マイケル・ベイシックなどが名を連ねる。トップモデルを夢見て故郷の田舎町からロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシー。その世界は弱肉強食で、常に勝ち上がり、人を魅了しなくてはいけない。人を惹きつける天性の魅力を持つ彼女は、すぐに一流デザイナーや有名カメラマンの目に留まり、若いながらも順調なキャリアを自分のペースで歩みはじめる。まさにすべてにおいて上手くいっていた。その一方でライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそうとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた抑えられない異常なまでの野心に目覚めていく。

★スタッフ
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン(関連作品:『オンリー・ゴッド』)
脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
撮影:ナターシャ・ブレイア
音楽:クリフ・マルティネス

★キャスト(キャラクター)
エル・ファニング(ジェシー)、カール・グルスマン(ディーン)、ジェナ・マローン(ルビー)、ベラ・ヒースコート(ジジ)、アビー・リー(サラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ロバータ・ホフマン)、キアヌ・リーブス(ハンク)、デズモンド・ハリントン(ジャック)、アレッサンドロ・ニヴォラ(ロバート・サルノ)、チャールズ・ベイカー(マイキー)

★雑学(トリビア)
・カンヌ国際映画祭に出品されたものの、この映画に対する批評家の意見は真っ二つに分かれ、賛否が半々だった。
・アメリカでは、Amazonの映画配給製作企業「アマゾン・スタジオズ」が配給を担当した。

★『ネオン・デーモン』の評価

IMDbRTMETA
6.257%51
映画comY!FM
?????3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ネオン・デーモン』の感想

●無料ホームシアター 
なにより映像が綺麗。オープニングからこれは他の映画とは違うなと思わせる妖艶さが魅力です。あとはもうひたすらニコラス・ウィンディング・レフン監督の持ち味が濃厚に詰まっています。今作は過去作と比べて女性の映画としての色が強く、これも昨今の女性映画のブームにのったからなのか。ただやっぱりそこはレフン、ありきたりな女性映画にはならないのがさすが。確かに衝撃という意味では全作品で一番かもしれません。まさに弱肉強食ですね。
●FILMAGA 
残酷でエロく儚い。ニコラス・ウィンディング・レフン監督の世界観に酔いしれました。グロい展開もあるにはあるのですが、とにかく妖艶に演出されているので、そんなに嫌な感じはしないのです。むしろ見てはいけないものを観てしまったかのようなドキドキした感覚に襲われます。まるでのぞき見している人の気分です。エル・ファニングもまた凄く良くて、本作でより一層虜になってしまいました。
●イオンシネマ
女性の世界の魅惑と転落を明らかにぶっとんだセンスで描く。こんな芸当ができるのは当然この人しかないない。これはどうしても人を選ぶが、ネオンデーモンというだけあって、悪魔的な要素で煌びやかな業界の裏を描き出す。レフン監督は女性をこうやって描くのかと新鮮な気持ちになれましたし、今後の作品も楽しみになります。最後のあの行動は本当にどういう意味なのか。考えると眠れない。