メカニック(2011)

この男、完璧すぎる頭脳の持ち主

映画『メカニック』のフル動画を無料視聴する方法を、ストレスを溜めることなく、シンプルな動画レコメンドでご提供中。
今すぐ『メカニック』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Mechanic / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2011年8月13日 / 93分 / 制作: / 配給:ショウゲート / 次作:『メカニック ワールドミッション

映画『『メカニック』予告編

(C)Scared Productions, Inc. 2010


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】一時停止可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『メカニック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

この男の動画は全部見ろ!
人気俳優を起用したアクションはそれだけでファンを満足させるだけの力を持っています。そんなスリルいっぱいのエンターテインメントを楽しむなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信ということで利点も多いですが、続編などの関連作も合わせて視聴できるのが便利です。出演している俳優の他の映画も検索して調べることができるので、一作観ただけで終わりではありません。どんどん映画三昧の日々をおくれます。

「無料」は全て初心者のため!
心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。

思っている以上にアウト!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「メカニック」の視聴はダメです。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

使うべきはどれ?
「友達もみんな使っているみたいだし、この映画いいよって勧められたし…」だったらもう足踏みすることもないでしょう。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。「メカニック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトをひとつひとつ確認していたらそれだけで無駄に時間が過ぎてしまいます。このページでだいたいの配信傾向を把握しておけば、あとは最終の現状確認だけで済むので大幅に楽です。ネット上に散乱しているVODを紹介するサイトでは、もっぱら特定のサービスを推奨してお終いなので古い内容のままです。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

あなたはどっち派?
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。「メカニック」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「メカニック」の動画を上手く再生できない? だったらまずは真っ先に自分の通信環境を疑いましょう。ノートパソコンを使っていて無線LAN利用者ならルーターに接近すべきです。もしくは有線ケーブルにしてみるとか。それで回復すればやはり通信状態の悪化が原因なので考慮してみるしかないです。無線のチャンネル(詳しくはメーカー説明書を参照)の設定変更で改善したという声もよく聞かれます。

悪いサイトを追い出すために
ブートレグと呼ばれる法律上の権利を無視してイレギュラーな形で諸権利を有しない者により権利者に無断で流通している動画。それを集約している、いわばブラックマーケットのような動画サイトはなかなか消滅せずに取り締まりを逃れています。通報しても対応が進まないのがネックです。フィルタリングすらもドメインの変更で安易に回避してきます。そんなときVODの存在は不正利用者に正しい動画視聴をアピールし、こちらに誘導するための欠かせない存在になってきます。即応安価な「メカニック」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「ジェイソン・ステイサム」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『メカニック』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月10日時点での『メカニック』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『メカニック』をさらに知る

1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクション・スリラーを、ジェイソン・ステイサム主演でリメイク。製作総指揮にはアーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、アビ・ラーナー、ダニー・ディムボートなどが名を連ねる。いかなる殺しも事故に見せかけて遂行する凄腕の暗殺者ビショップの親友マッケンナが殺害される。その驚くべき事態にもビショップは冷静。親友の死を静観し、次の仕事にとりかかるが、マッケンナの息子スティーブが暗殺者として弟子入りを志願してくる。しかし、ビショップはそんなことさえもすでに予測したうえで準備を進めていた。

★スタッフ
監督:サイモン・ウェスト
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:エリック・シュミット
音楽:マーク・アイシャム

★キャスト
ジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、ドナルド・サザーランド、トニー・ゴールドウィン、ジェームズ・ローガン、ミニ・アンデン、ジェフ・チェイス、クリスタ・キャンベル

★『メカニック』の評価

IMDbRTMETA
6.653%??
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『メカニック』の感想

●FILMAGA 
まさにアクション映画の王道を行くような面白さでした。ジェイソン・ステイサムが孤独な殺し屋を演じています。殺し屋としての葛藤もあり、心理的な面白さもありました。映像も派手、アクションシーンも派手、まさにステイサム祭りという内容です。ステイサムファンなら誰しも納得する作品だろう。失敗作の続編を見比べてつくづくこのメカニックの最初から最後まで緊張感あふれる演出に拍手! これはシリーズ化してどんどんパワーアップしていくべき案件ではないかと思うのだが…。
●無料ホームシアター
ストーリー重視だったのでアクションは多くはありませんが、結構楽しめました。ラストも最高だったけど少し切ない感じもありました。「トランスポーター」シリーズでクールな運び屋を演じたジェイソン・ステイサムが完璧な殺し屋を演じる。任務であれば友人でも撃ち、敵対する者は容赦なく蹴散らす。とにかくジェイソンが殺し捲くる。ガンアクション主体なので格闘が見たいのならば「トランスポーター」をオススメするがどちらも面白い事には変わりない。このハゲは裏切らないのだ。
●ユナイテッドシネマ
常に相手の一歩二歩前を行くジェイソン・ステイサム。まさに完璧な男。メカニックではもはやないが、とりあえず気にしない。ジェイソンとベンの存在感が際立ちすぎて、本来は一番の悪役であるはずの闇組織のボス・ディーンの存在が迫力不足に映ってしまったのは難点でしたね。でも技術知識はいらなくても、なんとかなったのだろうし、最初から勝負は成立していない。どんな相手でも依頼があれば必ず仕留める凄腕の殺し屋に喧嘩を売るのが間違いなのだ。大人しく帰って家にこもっているしかない。
●イオンシネマ
ワールドミッションに続いていく1作目。でも両者ともに全然違うベクトルの作品になっている。1972年のチャールズ・ブロンソン主演の「メカニック」のリメイクした作品という触れ込みではあるものの、オリジナル要素は薄め。もうこのスキンヘッドの存在感が強すぎる。今作は「いつも通り」のステイサムアクションに変身しており、ある意味ファンのためのいつもの鉄板をここでもやっているだけ。タイトルからなにかのメカメカしい要素があると期待してはいけない。これはステイサムオンリーだ。