ハドソン川の奇跡 / Sully

奇跡を起こした英雄が裁かれる

映画『ハドソン川の奇跡』のフル動画を無料視聴する有用な方法をレコメンドしています! 無駄なリンク集の寄せ集めは無いです。
今すぐ『ハドソン川の奇跡』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Sully / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年9月24日 / 96分 / 制作:ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:6000万ドル / 興行収入:1億7800万ドル

映画『ハドソン川の奇跡』予告編
Sully – VFX Breakdown by MPC (2016)

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ハドソン川の奇跡』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

人生を賭けたドラマを見るならば
大きな事件に関わった人物の知られざる裏側を描いた作品はそれだけで面白いものです。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信といえば、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を見れるので利用者数も増えていますが、大きな利点はいっぱいあります。例えば、スマホで見た後に、パソコンやテレビで見るという柔軟な視聴スタイルも可能で、ユーザーの需要に合わせやすいです。

「無料」で感謝!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」「それをするかどうかは別にしてしっかり理解をしておきたいのだけど」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。クリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」もアリ。

動画の安全性を最優先で!
なお、巷に溢れるどんな事故よりも悲惨なイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでトム・ハンクス出演の「ハドソン川の奇跡」の鑑賞はダメです。被害例の詳細を解説すると、よくあるのは動画再生時の広告乱発タブ開きによる嫌がらせです。何度消しても消えません。その大半がアダルトか不正アクセス系のサイトなので無視すべきなのですが、閉じるという動作をあしらってくるので本当に迷惑です。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が擁護できないほどに愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

いちはやくウォッチ!
今やDVDなどのディスク提供はすでに旧時代のモノになりつつあり、デジタルコンテンツこそがメジャーとなっています。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。アーロン・エッカート出演の「ハドソン川の奇跡」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は早急に解決してしまいましょう。「すぐさま配信しているVODの名前が判断できるといいな」という願望を叶えるページがここです。むやみにリンクを踏みまくる必要はありません。選りすぐりのVODをこちらの都合で強引に押し付けるかのごとくダーティーなマーケティングすることはしません。平等な品揃えで陳列しておき、後は訪問者の判断です。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

あなたはどっち派?
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。それは一理あることであり、一部の不快は台無しにつながることも。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。ローラ・リニー出演の「ハドソン川の奇跡」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画はフルの方がいい
映画を観るなら誰しもがフルで見たいというものです。変に欠けている映画を観て大喜びする人はよほどの変人か、上手い具合に騙されているだけです。映像が中途半端になっていたら、ストーリーもわからないことにならないにせよ、困ったシチュエーションというのは起きえます。大事な部分が抜けてしまって理解はふじゅうぶんになりますし、嬉しくはないでしょう。VODは当然のようにオール・ノーカット。最後まで視聴できるのでDVDと遜色はありません。クリス・バウアー出演の「ハドソン川の奇跡」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアを論外にはできないのですが、VODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているソーシャルなコネクションを生み出すSNS。映画を見た後にもその感想などを全てを繋げる空のように境なく語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「トム・ハンクス」の視聴はそこで充実感を得るのもいいですが、観終わった後に一言でもその気持ちをダイレクトにSNSで発信すると、次の鑑賞者を生むための起爆剤になるかもしれません。それは作り手だって嬉しいことで、あなたが臆せず自由にやっていいのです。今では製作者もSNS(公式アカウント)を普通にやっていますので、面白いか否かとか気にせずに自分の言葉で思いを文章にしてみましょう。絵や漫画を描ける人はそれだとさらに独特の魅力が伝わります。

高評価作品は観る価値あり
「なんとか賞を受賞!」と書いてあったら気になってくるものでしょうか? 私はよくわかっていないのでイマイチ…という微妙さもあるかもですが、それでもプライズに輝く特別な映画はそれなりの観るべき面白さがあると思います。エンタメとしてのシンプルさはないかもでしょうが、未開拓な映画の見方を鍛えるチャンスになるかも。レビューコメンテーターは多様な価値観で芸術を見抜くのでお気に入りの人を見つけましょう。オータム・リーサー出演の「ハドソン川の奇跡」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある奥深い味わいを知りたいのであれば、そういう映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ハドソン川の奇跡』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月14日時点での『ハドソン川の奇跡』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ハドソン川の奇跡』をさらに知る

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。製作はクリント・イーストウッド、フランク・マーシャル、アリン・スチュワート、ティム・ムーア。2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。それは最悪の事態もじゅうぶんに考えられる危機だった。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。このまるで映画のような活躍により、サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、待っていたのは意外なものだった。その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

★スタッフ
監督:クリント・イーストウッド(関連作品:『アメリカン・スナイパー』)
脚本:トッド・コマーニキ
撮影:トム・スターン
音楽:クリスチャン・ジェイコブ、ザ・ティアニー・サットン・バンド

★キャスト
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、クリス・バウアー、オータム・リーサー、ジェリー・フェレーラ、サム・ハンティントン、ホルト・マッキャラニー、マックス・アドラー

★雑学(トリビア)
・本物のエアバスを購入して、当時のスタッフも出演するという実際の現場に近い環境で撮影された。

★『ハドソン川の奇跡』の評価

IMDbRTMETA
7.585%??
映画comY!FM
3.94.173.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ハドソン川の奇跡』の感想

●古舘伊知郎(フリーアナウンサー)
この出来事を僕も大きく報道したけれど、奇跡の後の真実を知らなかった恥ずかしさと伝えられなかった悔しさ。この映画は、目の前に危機が迫った時、それを乗り越えさせてくれるものは何なのかを教えてくれる。
●小島秀夫(ゲームクリエイター)
“奇跡”がニュースになり、民衆に拡散され、社会の規範に晒されて英雄譚となる物語の”軌跡”に、イーストウッドは切れ目を入れる。これは”奇跡”の”軌跡”を問う、”キセキ”を描いた911以降の人種を超えた応援歌である。
●無料ホームシアター
ノンフィクションではありますが、作品では事件ではなくその後に焦点が置かれている。ヒーローとしてマスコミに注目されたパイロット。一転して疑いの的に。この世間の手のひら返しも気になるが、それでも怒ることなく、静かに自分の専門性を証明してみせる。そのサイレントなメッセージ性が刺さる。彼は救った。でも英雄じゃない。仕事をしただけ。そのシンプルな事実だけが残る。これが本当に奇跡と呼んでいいのか、それはあなたの自由。
●シネマトゥデイ 
指示に従わないでハドソン川に着水するという英断。お前はなぜ従わないんだと怒られるのは、なんか日本企業でもありそうだ。言われたことだけやっておけ、指示されたこと以外するな。そんなことはアメリカにもあるんですね。しかし、意志を貫くパイロットは素晴らしい。リスクマネジメントの意義を考えるにはすごく良い事例で、全企業ではこの作品を新人研修で見せるべき。ときには会社のマニュアルに逆らえ。正しいかどうか判断できる人になれ。