メン・イン・キャット / Nine Lives

ケヴィン・スペイシー、ネコになる

映画『メン・イン・キャット』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『メン・イン・キャット』を見るなら動画リンクをチェック。

ケヴィン・スペイシーがネコを主演する異色のコメディ。製作総指揮はジョナサン・バンガー、クロード・レジェ、マーク・ガオ、グレゴリー・ウェノン。あなたの知らない猫との出会い。それはあなたが猫になること。とある大企業の社長の男は、仕事ばかりで家族は放置気味だった。そんななか愛する娘の誕生日であることを思いだし、急いでプレゼントにぴったりなものを探す。本当はネコ嫌いなのだが娘の願いということでネコをプレゼントしようと立ち寄ったペットショップ。かなり胡散臭い場所だったが、そこでネコを飼うと、気がつくと彼はネコになっていた…。

原題:Nine Lives / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年11月25日 / 87分 / 制作:Fundamental Films、EuropaCorp / 配給:アスミック・エース / 製作費:3000万ドル / 興行収入:4420万ドル

映画『メン・イン・キャット』特別動画「君のニャは。」編ほか

(C)2016 – EUROPACORP – All rights reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『メン・イン・キャット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも魅力が拡散中!
退屈な日常を笑いに変えてくれる作品はそれだけで面白いものです。そんな愉快なエンターテインメントをお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なのでメリットもたくさん。家にテレビやパソコンやテレビがない人でも安心で、お手持ちのAndroidやiPhoneなどのスマホで自由に視聴でき、かつダウンロード機能もあるものもあるので、端末に落としておけば通信制限を気にすることなく、好きなように見れます。

「無料」はやっぱり魅力的!
先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。なんともグッドニュースではありますが、これはスタート時点から一定の期間に限って、動画視聴も自由気ままに無料試用可能で、機能制限は基本ないので安心です。「YouTubeとは何か違うのですか?」そんな初歩的な質問にお答えすると、これはそういう一般的な動画サイトと違って、質を重視したものと考えてください。全ての動画が高水準なものばかり。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「メン・イン・キャット」の視聴はダメです。「きっと上手く慎重に使えばバレないだろう」と油断しながら思っている方もいるかもしれませんが、法的にアウトである以上、利用者も捜査の対象になります。実際に類似の取り締まり事例では、ユーザーに関する情報も収集されました。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

迷ったときは?
スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「メン・イン・キャット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「コレとコレとアレを配信しているVODはどれなんだろうな~」そんなご要望にもバッチリお答え。情報は更新に対応できるように定期的にリライトされ、アイコンで視覚的に提示しています。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。無料のホームシアターなんて普通は手に入りませんが、VODならば使い方を工夫することで、環境しだいで疑似的な空間をコーディングできます。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「メン・イン・キャット」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
登録の際の個人情報入力に不安を持っている方向けのアナウンスとしては、無関係な事項に流用されることはないです。迷惑メールが増えたりすることも、電話がくることも当然なし。原則的にサービス内でのユーザー情報としてのみ利用されます。もちろん後で変更できるので、メールアドレスのチェンジや支払い先の再入力も可能。アカウントを削除すればこれらの情報は消えます。情報入力が済めば、その流れで動画視聴に移行できるので、審査もなく無料体験へとたどり着けます。あとは「メン・イン・キャット」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「メン・イン・キャット」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「メン・イン・キャット」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『メン・イン・キャット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『メン・イン・キャット』をさらに知る

★スタッフ
監督:バリー・ソネンフェルド(関連作品:『メン・イン・ブラック3』)
脚本:グウェン・ルーリー、マット・R・アレン、ケイレブ・ウィルソン、ダニエル・アントニアッツィ、ベン・シフリン
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン

★キャスト
ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー、マリーナ・ワイズマン、クリストファー・ウォーケン、テディ・シアーズ、シェリル・ハインズ、タリタ・ベイトマン、ジェイ・パターソン、サージ・ホード、マーク・カマチョ

★『メン・イン・キャット』の評価

IMDbRTMETA
5.315%??
映画comY!FM
??3.413.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『メン・イン・キャット』の感想

●無料ホームシアター 
名優ケヴィン・スペイシーが、映画のほぼ半分をアフレコで、しかも猫になるという異色さが愉快でした。誰でも気軽に大笑いできるファミリー映画です。くすくす笑える王道エンタメですし、タイトルもわかりやすいという非常に嬉しい一作で、好きなように気軽に見れるので、誰とも鑑賞することができます。もちろん猫が苦手な人は例外ですが。といっても主人公も猫嫌いなので、もしかしたらこれをきっかけに猫好きに…それはないかな。
●FILMAGA 
猫が可愛いです。コミカルに動いている姿をずっと見ているだけで楽しめる作品だと思います。本物の猫も使っていますが、ところどころCGを利用しているので、結構むりくりな動きをしている猫が見られる。人間側もいい。クリストファー・ウォーケンの怪しい役のハマりっぷり。女の子も可愛い。猫の皮を被ったオッサンの話。中身が人間な猫のトリッキーな動きで笑わせようとしすぎているので、あまりリアルを気にせず、アニメ感覚で見よう。
●109シネマズ 
メンインブラックと同じ監督らしいけど、コメディ度はこちらの方が強め。ほぼドタバタギャグで、猫の描写もアレンジがきいてオーバーになっている。ケヴィンスペイシーが猫になるって設定だけが見所として、全開で押してくる。しかし、そのケヴィンスペイシーが過去の性犯罪行為で映画界を追放されたことで、この作品もすっかり黒歴史に。今からでも別の俳優に置き換えよう。結構面白い俳優はいっぱいいると思うから、やりようはある。