スノーデン(2016)

アメリカの闇の全てを暴露した男

映画『スノーデン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクが多すぎて混乱したりはしません。
今すぐ『スノーデン』を見るなら動画リンクをチェック。

極秘の通信監視プログラム「PRISM」を用いてNSA(アメリカ国家安全保障局)が国民、そして世界中の個人情報を秘密裏に収集していたことを暴露して時の人となり、2015年2月にはドキュメンタリー作品『シチズンフォー スノーデンの暴露』がアカデミー賞を受賞したこともある元NSA職員のエドワード・スノーデン氏を題材にした映画。製作総指揮にはバーマン・ナラフィ、ホセ・イバニェス、マックス・アルベライズ、トム・オーテンバーグなどが名を連ねる。国を愛する平凡な若者だったスノーデンはアメリカという存在の敵になってしまった。なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨ててまで、世界最強の情報機関に反旗を翻すまでに至ったのか。その行為は倫理を揺さぶるだけには終わらない。情報を大義のために密かに集約して、プライベートさえも無視する行為は看過できるのか。テロリストのみならず全世界の個人情報が監視されている事実に危機感を募らせていく過程を、パートナーとしてスノーデンを支え続けたリンゼイ・ミルズとの関係も交えながら描き出す。

原題:Snowden / 製作:アメリカ・ドイツ・フランス(2016年) / 日本公開:2017年1月27日 / 134分 / 制作:Endgame Entertainment / 配給:ショウゲート / 製作費:4000万ドル / 興行収入:3430万ドル

Snowden | Trailer 2 [HD] | Open Road Films

(C)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スノーデン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅力がギッシリ!
歴史に残るような大事件を引き起こした人物の知られざる姿を描いた作品はそれだけで注目に値します。そんなセンセーショナルな映画を観るなら、動画配信サービスが便利。レンタル店でDVDを借りるのが一般的だった時代は過ぎ去り、今ではネット配信は欠かせない視聴スタイルになりました。これのおかげで映画が身近になった人も多いはず。初心者であまり使用する自信がない人も安心です。敷居は低いので簡単に利用できるものばかりです。

「無料」を見逃すな!
「有料は不可避ですよね?」それは商品である以上そうなのですが、無料お試しがあるのでひとまずは考えなくてもOK。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「スノーデン」の視聴はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。リターンがあるのは公正なサービスの方です。これは優等生的な真面目な対応を促しているのではなく、損得の話でも当然です。

あなたの選択は自由!
オンラインのデジタル配信は意外にDVDよりも1か月早く先行してリリースされることもあり、最速で動画が見れたりします。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。日に日に変化していく配信作品を個別確認するのは目が疲れます。「スノーデン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。フルムビバースは他サイトとは情報更新への向き合い方が違います。記事を作った初期のままで内容を放置するようなことはしていません。登録前に一回自分なりに気持ちを整理するために配信状態を見ておきたいというのは賢い判断です。タイトルでサクッと検索しちゃいましょう。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、「スノーデン」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

広告ブロックに気をつけて
広告は邪魔だからブロックツールで表示を防止すればいいんだ!と考えて、実際に導入している人もいるかもしれません。ただし、意外な落とし穴があります。そういうツールを有効化した状態では、上手く正常に機能しないサイトもあるのです。それどころか「ポップアップ・ブロック」に関するバグでリンクが全然クリックできなくなる事例も。これはブラウザのアップデート時に起こりがちで、そういう場合の解決策はツール利用の中断のみです。「スノーデン」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

パスワードは大事
最近も各ニュースで報じられていますが、アカウント乗っ取り被害は恐ろしいものです。これの原因はまずパスワードの使い回しです。ひとつのサービスで流失すれば、芋づる式で他にも影響を受けてしまうので、防御力などゼロの状態。これではVODがいくら頑張って強固な守りを施しても意味ないです。まずはパスを複雑にして(英数字や記号を入れましょう)、管理は専用アプリなどを使うと便利です。繰り返しますが、安易な使い回しはご法度なので忘れずに。安全な「スノーデン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「スノーデン」を観終わって解約するのもアリ。一度手続きしてしまうと解約はできません…そんな事態になったら絶対に嫌です。やめたいのにやめられないのは詐欺に近いですし、不公平です。でもVODはそんな心配は皆無と思ってください。あっけなく驚くほど解約は素早く完了します。退会ページにアクセスして、「契約を解除する」を選ぶだけ。サービスによって多少の仕様の違いはありますけど、一瞬で退会できるのは共通。動画を見たいだけ見たという決心がついたら、すぐにでも停止するのは個人の自由です。

『スノーデン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スノーデン』をさらに知る

★スタッフ
監督:オリバー・ストーン(関連作品:『野蛮なやつら SAVAGES』)
脚本:オリバー・ストーン、キーラン・フィッツジェラルド
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:クレイグ・アームストロング

★キャスト(キャラクター)
ジョセフ・ゴードン=レビット(エドワード・スノーデン)、シャイリーン・ウッドリー(リンゼイ・ミルズ)、メリッサ・レオ(ローラ・ポイトラス)、ザッカリー・クイント(グレン・グリーンウォルド)、トム・ウィルキンソン(イーウェン・マカスキル)、スコット・イーストウッド(トレバー・ジェイムズ)、リス・エバンス(コービン・オブライアン)、ニコラス・ケイジ(ハンク・フォレスター)

★『スノーデン』の評価

IMDbRTMETA
7.360%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スノーデン』の感想

●FILMAGA  
自国の機密事項を漏洩した悪者という側面、もしくは何か世間を騒がせているよくわからない奴。そんな報道のされ方を日本ではしていたと思う。なんとも無関心な国であろうか。きっとそれは国が正しいこと(犯罪捜査)に使うのだから大丈夫でしょ?と思っているのだろう。しかし、スノーデンは言う。常に正しいとは限らない。絶対的な正義なんてない。だから持つべきではない力は災いを招く。そんな危機意識の無さを見抜かれた一作だ。
●VUDU 
私たちがふだん何気なくしているメール、SNS、電話、それが他人に覗かれていたら? 今この瞬間、スマホのカメラごしに他人があなたの顔を録画していたら? 家にあるパソコンが盗撮盗聴の道具になっていたら? しかも、それをしているのは政府だとしたら? そんな嘘みたいな本当のことが実際に起こってしまった。その実話を描いた作品で、いまだにこの事件が日本でたいして認知されていないことに恐怖を感じる。全くよいカモになってしまった。