バース・オブ・ネイション

奴隷反乱を起こしたネット・ターナーを描く衝撃の伝記ドラマ

映画『バース・オブ・ネイション』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『バース・オブ・ネイション』を見るなら動画リンクをチェック。

D・W・グリフィス監督による1915年に公開された、KKKを英雄的組織として黒人を野蛮で暴力的な生き物として描いた無声映画『國民の創生』。それと同タイトルながら、逆に黒人の苦悩と活躍を題材にした作品を、俳優としても活躍するネイト・パーカーが作り上げる。製作にはケビン・チューレン、ジェイソン・マイケル・バーマン、アーロン・L・ギルバート、プレストン・L・ホームズなどが名を連ねる。1831年にヴァージニアで実際に起きた黒人神父の先導で行われた平等な権利を求めるための戦いとなる黒人解放運動「ナット・ターナーの反乱」を描く。

原題:The Birth of a Nation / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2018年8月(DVDスルー) /  / 制作:Bron Studios、Mandalay Pictures / 配給: / 製作費:850万ドル / 興行収入:1650万ドル

THE BIRTH OF A NATION: Official HD Trailer | Watch it Now on Digital HD | FOX Searchlight
The Birth of a Nation – Go Behind the Scenes (2016)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『バース・オブ・ネイション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

歴史の重みを感じる動画を!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら懸命に生きた人物に焦点をあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信であれば、探しにくい作品もすぐ見つかります。レンタル店でDVDを借りる際に発生する、労力(店に行く、貸し借りの対応)は必要ありません。自由自在にスマホやパソコンなどネットに接続した機器で見ることができます。

「無料」を嫌う人はいない!
誰にでもあるファーストデビュー。そんな瞬間を祝福するように無料トライアルは体験を順調に促進させてくれます。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「さすがにレンタル開始したばかりの新作は未配信では?」意外にもそんなことはないのです。貰えるポイントであの話題作もバッチリ視聴可能だったりします。とにかくその目で確かめてみてください。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「バース・オブ・ネイション」の鑑賞はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。自動的に注意喚起アナウンスができればいいのですが無理なので、あなたの基本の判断力と倫理だけが頼りになってきます。

配信しているのはコレ!
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。「バース・オブ・ネイション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。気になっているだけでは解決できません。このページでは配信VODを確認する作業の手間暇をスリムカットして、ラストのチェックのみだけにします。時間がない人にこそ強く推薦できます。説明のないテキストリンクをズラッと並べて訪問者を混乱させることはなく、本当に視聴可能性の高い有用な場所にのみ道案内をしています。あなただけの無料動画ホームシアターを家に構築してみませんか。このVODはその大いなる道の最初の記念すべき一歩になるかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「バース・オブ・ネイション」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

悪いサイトを追い出すために
散々の危険視にもかかわらずその違法性を無視して拡大し続ける海賊版動画サイトの大反乱。これに対抗する手段はあるのでしょうか。フィルタリングで特定サイトを排除できるし、ブロッキングで根本から非表示にできる…そういう思考は通用しないこともあります。しかし、救世主ではないにせよ、役に立つ剣になるのが、VODの安価な手軽さ。不正な利用者に広めていくことで「あんな危ないものよりもこっちの方がいい」と思ってもらえれば、動画業界の利益を製作陣に還元できます。「バース・オブ・ネイション」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
映像で提供されるメディアコンテンツならばどうしても避けられないのがレーティング。これは子どもから大人まで幅広い相手に多様な動画をお届けするための、いわば互いに不快な気持ちにならないための配慮の仕組み。VODもそういう年齢区分があり、残酷な作品やアダルトな作品が子どもの目に入らないようになっていますが、作品自体は編集がなされておらず、そのまま楽しめるのが売りです。これも完全なデジタルならではのメリット。テレビ放送みたいな制限もないので、変な規制にイラつかずに済みます。「バース・オブ・ネイション」も無規制で。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「バース・オブ・ネイション」の視聴をして「ああ~、満腹満腹」と自己満足に浸っているのもいいのですが、少しSNSに手を伸ばしてみませんか。というのも今はネットで評判が拡散することで話題が生まれ、視聴者もアップするという時代です。あなたのコメントでも反響が起きるかもしれませんし、意外なバズりを見せるかも。文章力や絵(イラスト)に自信があるなら頑張ってみては? 一言でもツイートするだけでも違います。

『バース・オブ・ネイション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バース・オブ・ネイション』をさらに知る

★スタッフ
監督:ネイト・パーカー
脚本:ネイト・パーカー

★キャスト
ネイト・パーカー、アーミー・ハマー、アヤ・ナオミ・キング、ペネロープ・アン・ミラー

★『バース・オブ・ネイション』の評価

IMDbRTMETA
6.472%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バース・オブ・ネイション』の感想

●FILMAGA 
現代版ブラックスプロイテーション映画としてここまでのインパクトある作品が今の時代に登場するのは、残念だけど、納得してしまう。形を変えて今なお続く人種差別は言うまでもなく、アメリカはその点について全く改善していない。いや、退化しているかもしれない。そんな現状への強力な攻撃なのだと思う。映画で社会をぶん殴っている。こんなエンターテインメントは日本にはない。だからといって憧れもしない。なぜならこの映画自体が罪なのだ。
●映画無料夢心地 
ダークな歴史が表に出た時、私たちはそれを見つめることができるだろうか。日本でもあまり学校で教えたがらない歴史もあるし、見せないようにするのが当然のようになっている。しかし、負の歴史を見つめてこそ、本当の未来を築けるのではないか。これが戦争ならいいが、今作のような差別はとくに。しっかり描いている映画の存在はとても貴重。最後のあの継承は、現在でも続いている戦いを意味している。バトンを託されたのは私たちだ。
●VUDU  
観るにはそれなりの覚悟が必要。ただ、製作陣内の不祥事でこの映画が日の目を見る事が出来ないのがとても遺憾に思います。ひとつ明言しておきたのは、実在の人物の勇姿を描いた伝記映画であり、監督共に俳優陣の情熱とメッセージは本物です。作品に罪はありません。白人が集う黒人狩りグループとネイト・ターナー率いる黒人抵抗グループのアフリカ系部族を連想させる軍歌を交えた、歴史の重みを感じる二項対立は必見です。
●FANDANGONOW  
もうこれは戦争映画です。この排他的な風潮の強まるアメリカでこれを作った意義は評価したいですね。しかし、その作品が作り手によって黒歴史となってしまうというこれまたドラマチックといっていいもの困る事態が起こってしまい…。おそらくこの映画が表舞台で語られることはないでしょう。このまま映画界の片隅で朽ち果てるのが運命です。それでもその存在をどこかでつなぐ人がいてもいいのではないでしょうか。作品に責任はないのですから。