ブレア・ウィッチ(2016)

あの伝説の恐怖が17年ぶりに蘇る

映画『ブレア・ウィッチ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『ブレア・ウィッチ』を見るなら動画リンクをチェック。

製作費6万ドルという低予算作品ながら、世界中で記録的な大ヒットとなったホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の17年ぶりとなる続編。製作総指揮はジェニー・ヒンキー、ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス、グレッグ・ヘイル。大学生のヘザー、ジョシュ、マイクが、森に生息するという伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、ブラック・ヒルズの森に分け入った。最初はそこまでのことは想定していなかった。しかし、迂闊に足を踏み入れた3人はそのまま消息を絶ち、理由もわからないままに森に消えた。あの事件から20年後、ヘザーの弟ジェームズが姉らしき人物の映った映像をYouTube見つける。それは手がかりとなるものだった。そして、ジェームズは仲間とともに、森の中へ足を踏み入れる。

原題:Blair Witch / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年12月1日 / 90分 / 制作:Room 101、Snoot Entertainment / 配給:ショウゲート / 製作費:500万ドル / 興行収入:4500万ドル

https://youtube.com/watch?v=pP5b-Snmoh8
(C)2016 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ブレア・ウィッチ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザー数は増加中!
退屈な日常をドキドキの恐怖でリニューアルしてくれる映画はそれだけで楽しいものです。そんなホラー映画を満喫するなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信であれば、好きなタイミングで鑑賞できるので便利。自分の見たいときの状況によって、スマホ、パソコン、タブレット、テレビと適度に使い分けていくと、忙しい毎日でも上手い具合に映画を観ることができます。同じジャンルの作品を検索して連続視聴するのも簡単です。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ブレア・ウィッチ」の視聴はダメです。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。具体的な失敗例を語るのは失礼かもしれないので控えますが、世の中にはそんな不法サイトでヘマをした人は結構います。

あなたの選択は自由!
セル配信でもレンタルでも見放題でも、どういう形態であれ、デジタル流通する映画を引っ張っているのはVODの仕事です。でも、全てが理想どおりのハッピーエンドになるには大事なポイントがあります。それはなによりも配信状況の確認。これは先決で、絶対に優先すべきことです。「ブレア・ウィッチ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭に「はてなマーク」を永遠に漂わせているわけにはいきませんし、サクッと消し飛ばしましょう。このページのVODリストは配信状況の把握のサポート素材に使えるので賢く利用すれば動画がグッと近づきます。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

字幕・吹替、選択は自由
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「ブレア・ウィッチ」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
何事も最初は緊張するもの。そうはいってもVODは敷居が低いので大丈夫。登録情報はユーザーネーム、メールアドレス、パスワード、プラスで生年月日や電話番号だけ。これらの情報はユーザーの重複性を判定するために使われるので過去に使用済みの情報を入力すれば初回利用者扱いとはなりません。とくに支払い情報は重要で、間違わないようにしてください。それ以外の登録ステップはありません。数分で完了するので今すぐ動画を見たいと思っても全然間に合います。あとは「ブレア・ウィッチ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ブレア・ウィッチ」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ブレア・ウィッチ」の鑑賞後の高揚感をそのまま胸に閉まっておくよりは、SNSで自分なりの表現方法によってアピールしてみませんか。それは迷惑にはなりません。ただのバッシングならお呼びではないですが、好きという心を前に出すのは応援のひとつです。もしかしたらさらにファンの拡大に貢献できて生みの親である製作者も喜んでくれることもあるかも。なるべくオリジナリティ溢れる純粋な語りが最も好かれます。

『ブレア・ウィッチ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブレア・ウィッチ』をさらに知る

★スタッフ
監督:アダム・ウィンガード(関連作品:『ザ・ゲスト』)
脚本:サイモン・バレット
撮影:ロビー・バウムガルトナー
音楽:アダム・ウィンガード

★キャスト
バロリー・カリー、ジェームズ・アレン・マキューン、ウェス・ロビンソン、キャリー・ヘルナンデス

★『ブレア・ウィッチ』の評価

IMDbRTMETA
5.036%??
映画comY!FM
?????2.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ブレア・ウィッチ』の感想

●FILMAGA  
前作より観るものを驚かせたり怖がらせる演出が多くて、普通のホラー映画になった感じ。そもそもオリジナルはまだあの撮影手法が真新しいから良かったのであって、この時代にもなればすっかり陳腐に見えてしまうし、嫌われるやりかた。そこをどうカバーするかだったはずだが、無難な形に落ち着いてしまった。この有名なタイトルを引き継ぐからには全く見たことがない方法に挑戦するくらいの覚悟と意気込みが必要だったのかもしれない。
●VUDU 
あのブレアウィッチプロジェクトの正当な続編ということで、当然のように気になるホラーとして注目していました。何か起きそうで何も起きない、何か出そうで何も出ない、でもなんか怖いというのが前作の基本の常套手段だったはずですが、同じ手は二度使えないこともあり、悩んだのでしょう。後半はフリーホラーゲームみたいな画作りで、あれっとなりましたけど、この不意撃ちでパンチを食らってキョトンとしている感じもそれらしいかな。
●FANDANGONOW 
前作の主人公の弟が今作の主人公。姉がブレアウィッチについて撮影して最後に行方不明になり、何年もして弟が姉を探しにブレアウィッチの森へ訪れるわけだが…という、繰り返しパターン。似たようなPOVならまだアルバトロス系とかでも頑張っているので、今作はイマイチ「そうくるか!?」的な驚きがない。いっそのこと、ずっと幽霊視点のPOVとかで良かったのではないか。ホラーは当たり外れが激しいので鑑賞するときは大変ですな~。