ハッピーログイン(2016)

「いいね」ではなくて「好き」が欲しい

映画『ハッピーログイン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『ハッピーログイン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Like for Likes / 製作:韓国(2016年) / 日本公開:2016年10月15日 / 123分 / 制作: / 配給:

映画『ハッピーログイン』予告編

(c)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ハッピーログイン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で人生を彩る!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら生きる人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで面白いものです。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これらのサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になるもの。支払いのタイミングなどが違うので、どのタイプかをよく確認しながら検討しましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料なのでは?」と懐事情を考えて諦めモードになっているあなたへ。大丈夫。無料お試しへGOです。できればコストは削減したいと思うのは、別にお金に厳しい人でなくてもみんなが思うこと。どうせならその前にいろいろな機能を試せるほうが良いに決まっています。「映画はフルでないと話にならないのだけど」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ハッピーログイン」の鑑賞はダメです。「なんでこんな良いタイミングで再生が停止するんだ」と怒り心頭になった経験もあるかもしれません。英語だらけで判読できないサイトに右往左往して思わぬ詐欺に引っかかることもあり得ます。そうなると動画視聴どころではないです。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

迷ったときは?
今では新作でも長期間待つことなく比較的早く配信されることも。だったらなおさら試し見したいものです。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「ハッピーログイン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は意外に簡単にクリアできます。このページを見るだけでOKです。作品単位での配信具合を一覧化しています。確認するのもスムーズに終わり、後は観たい動画を再生するだけです。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ハッピーログイン」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ハッピーログイン」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「ハッピーログイン」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ハッピーログイン」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

『ハッピーログイン』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『ハッピーログイン』をさらに知る

ドラマ「冬のソナタ」のチェ・ジウ主演で、SNSでつながった男女6人が織り成す恋を描いたラブコメディ。愛を認めてくれることをただ望んでいるだけなのに。詐欺の被害にあい家を失った独身アラフォーCA、気難しい性格で悪名高い売れっ子女性脚本家、人気絶頂で天狗になっている韓流スター、婚期を逃したお節介なシェフ、女性との交際経験がないことに劣等感を持つ天才作曲家、恋愛上級者ではあるが仕事は全然上手くいかない初心者の新米ドラマプロデュサー。全員が何かの問題を抱えている人たち。それぞれが華やかな世界で働きながら、仕事や恋で悩む6人の男女がSNSで出会い、普段は口にできない互いの本音をさらけ出していく中で、感情がぶつかり合い、次第に恋心が芽生えていく。

★スタッフ
監督:パク・ヒョンジン
脚本:ユ・ヨンア、パク・ヒョンジン
音楽:キム・ホンジプ

★キャスト
イ・ミヨン、チェ・ジウ、キム・ジュヒョク、ユ・アイン、イ・ソム、カン・ハヌル、ハン・ジェヨン

★『ハッピーログイン』の評価

IMDbRTMETA
5.9??%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ハッピーログイン』の感想

●FILMAGA 
なんで「ハッピーログイン」というタイトルなのか、また勝手につけた邦題の暴走なのかと、いろいろ疑念を抱きながら鑑賞していましたが、最後の方でなるほどと手を打ちました。笑いと涙の人情につながるハッピーなログインでした。。空港の場面でユアインと子供と恋人がキスして抱き合う展開もハッピーですし、お見合いでチェジウが遭遇したイケメン医師を離れて同居人の40の男性と恋仲になるのもハッピーです。嬉しい終わりがいっぱいでした。
●映画無料夢心地
幸せ度の大きい作品。難聴の作曲家のカンハヌルと恋人が仲直りしてハグするのももちろんハッピー。幸せだらけです。ラブコメというと邦画は学園モノが多い中、韓国はある程度年齢層が高めになるので、自由度が大きいのかもしれない。そのぶん関係性も実に多様だ。今作の場合は、とくに今風。メッセージに一喜一憂するのがリアルで面白いし、かなり切実に「わかるわかる」という頷いてしまう。韓国のほうがなぜか合う日本人も多いのもわかる。
●BILIBILI  
チェ・ジウ目当てで視聴する人が多そう。3組の男女が愛を育む群像劇ですので、あまりひとりの役者をたっぷり楽しめることはないのですが、それでも俳優ファンは満足なはず。純粋なシンプル・ラブコメなので、余計な葛藤や社会批評もなく、気軽に観れるのも嬉しい。ログインとあるだけあって、ちゃんとSNSも物語のアイテムになるのだけど、そこまで重要でもない、現代的ツールとして出しましたという感じでした。たまにみると楽しいですよね。
●DAILYMOTION
TwitterもFACEBOOKも知らない人はどうか不明だが、これはSNS時代の恋愛ドラマ。共感はしやすい。恋愛に不器用な3つのカップルの群像劇で、かといってチープではないのでひとつひとつ楽しめる。3つのストーリーは独自に進むが随所に場面を共有し、小道具にSNSを使った演出は捻りがきいている。負の連鎖が続いてみんな恋愛ピンチに陥るシステムは、今の韓国でも日本でも起こっていることの一部を切り取ったいつもの光景に過ぎないのです。