PK ピーケイ(2014)

笑って泣いて楽しめるインド映画大ヒット作

映画『PK ピーケイ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『PK ピーケイ』を見るなら動画リンクをチェック。

日本でもロングランヒットを記録したインド映画『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。製作はビドゥ・ビノード・チョープラー、ラージクマール・ヒラーニ。留学先のベルギーでドラマチックな恋に落ちるも、長くは続かず大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。それはあまりにも珍妙だった。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが…。

原題:PK / 製作:インド(2014年) / 日本公開:2016年10月29日 / 153分 / 制作:Vinod Chopra Films / 配給:REGENTS

映画『PK』日本版予告

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『PK ピーケイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ビギナーズ・ラックです!
独特な設定で観客を魅了し、今までにない体験を提供してくれる映画はそれだけで面白さがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。ネット配信ということでレンタル店でDVDを借りるよりも簡単なので積極的な利用を推薦します。パッケージディスクを借りてから配信に気づいてしまって残念な気持ちにな人も結構いるので事前のチェックを忘れずに。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料という破格のお試しトライアルがビギナーには特別に用意されており、嬉しさ100%です。映画を見るならおカネがかかる。この世は商業経済で成り立っている以上、これは市場原則。でも初回はお試しできますよという嬉しい配慮で思いっきり甘えることもできます。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「PK ピーケイ」の視聴はダメです。「なんでこんな良いタイミングで再生が停止するんだ」と怒り心頭になった経験もあるかもしれません。英語だらけで判読できないサイトに右往左往して思わぬ詐欺に引っかかることもあり得ます。そうなると動画視聴どころではないです。今日明日にでもあなたの身に危ないサイト利用のせいで危険が生じるかもしれませんので、ただちに使用停止しましょう。

迷ったときは?
今では新作でも長期間待つことなく比較的早く配信されることも。だったらなおさら試し見したいものです。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。「PK」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページの出番です。あなたの視聴した作品が配信されているものをリストアップ。ただの情報の羅列だけではなく、アイコンでの視覚的な紹介もプラスしています。意外な話ですが情報が更新されるサイトというのはマイナー系では珍しいです。コツコツと毎年毎日頑張っています。なお、留意すべき点があるとすれば、配信は常に同じではないです。つまり、特定作品がずっと見られるわけではないです。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、数多に存在する各サービスの選別をするという名目で単にステルスマーケティングするようなことはしていません。類似サイトでは特定VODをオンリーで紹介したりもしていますが、本サイトは対等に配信サービスを扱い、フラットに情報を提示中。ユーザーによってマッチするものは違うのが普通であり、判断は各自に委ねるべきです。単純に「PK ピーケイ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「PK ピーケイ」視聴を妨げません。公に発表されている業界団体が定めた決まりに準拠しないウェブサーフィングを妨害するユーザーフレンドリーではない広告は一切利用を停止しています。そのため圧倒的に広告量も少なめです。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「PK ピーケイ」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「PK ピーケイ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『PK』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『PK ピーケイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ラージクマール・ヒラーニ(関連作品:『きっと、うまくいく』)
脚本:アビジャート・ジョーシー、ラージクマール・ヒラーニ
撮影:C・K・ムラリーダラン
音楽:シャンタヌ・モイトラ、アジャイ=アトゥル、アンキト・ティワーリー

★キャスト
アーミル・カーン、アヌシュカ・シャルマ、スシャント・シン・ラージプート、サンジャイ・ダット、ボーマン・イラニ、サウラブ・シュクラ、パリークシト・サーハニー、ランビール・カプール

★『PK ピーケイ』の評価

IMDbRTMETA
8.279%??
映画comY!FM
??4.244.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『PK ピーケイ』の感想

●映画無料夢心地 
宗教がテーマなんだけど、信じることの難しさと大切さを描いた万人におすすめできる楽しい映画でした。純度100%のPKがみんなの心の中にある「なぜ?」を素直に代弁してくれる。宗教を否定も肯定もせず、あなたが本当に信じたいものを見失わないで真っすぐに生きようという普遍的なメッセージ。嫌味のないその言葉に誰もが納得してしまう。ちゃんと宗教に疑問を投げかけているのに、宗教を否定はしないというバランスがなんともクレバー。
●FANDANGONOW  
歌と踊りが愉快です。ヒロインの子も可愛かったし、最後はほろりと泣けてしまいました。神の存在に疑問を抱き続けた彼も、ことLOVEに関しては一発で察してしまう。ニクイ演出じゃないですか。これはインドの情勢を知るには打ってつけだし、全人類にとって共通の課題に向き合える、教材にぴったりな映画であり、ぜひ学校でも子どもたちに鑑賞させてほしい。ダンシングカーの部分は上手く誤魔化してください。そこは賢い大人の手腕です。