ぼくのおじさん(2016)

このおじさんはなんなんだろう

映画『ぼくのおじさん』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『ぼくのおじさん』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ぼくのおじさん / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年11月3日 / 110分 / 制作:東映東京撮影所、マッチポイント / 配給:東映

映画『ぼくのおじさん』特報

(C)1972 北杜夫/新潮社 (C)2016「ぼくのおじさん」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】スマホ可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ぼくのおじさん』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者も増えています!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながらひっそり生きる人間にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメ。このサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、少ない作品数でいいならこれが一番。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるので非常に充実しています。

「無料」より安いものなし!
しかも、初めてのあなたにだけのビギナーズ・トライアルとしてお得な無料体験が準備されています。これは初回に限定して決められたタイムスパンの間、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、ちょっとした無料ホームシアターのお手軽ネット版です。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ぼくのおじさん」の再生はダメです。そもそも、イマドキそんなブラックなサイトに手を出さなくても、正規のクリーンなサイトが登場しています。デメリットは当然なく、再生環境も完璧に整っています。鬱陶しい広告に振り回されることから卒業して自由と安全をゲットです。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

これに決めた!
「視聴願望は高まるばかりだし、これは今しかないのでは?」そういう気持ちには嘘はつけませんから、レッツゴーです。しかし、ご存知でしょうか、VODは日本メーカーから海外の大手まで、実に多くが展開しており、そのどれも配信作品の状態がひとつも一致はしないのです。「ぼくのおじさん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。誰にでも初めてはあるものです。それでもそこから新しい趣味が切り開けたりします。これは良い機会だと考えましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ぼくのおじさん」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「ぼくのおじさん」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ぼくのおじさん」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ぼくのおじさん」を1度見るだけでも良いのかもしれませんが、2度、3度の視聴は感想をさらにボリュームアップにさせてくれ、普通では気づけなかったことを知れるきっかけになれます。「は~、ここは伏線になっていたのね」「え、あそこにあのキャラがいたのか」といったポイントを認知できるのはやはり複数鑑賞前提になるかもしれませんし、年齢が変わる映画の見方も変わったりします。VODは1度きりの鑑賞で高額請求することはないので、大きなサポーターになれます。

『ぼくのおじさん』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『ぼくのおじさん』をさらに知る

北杜夫が自身をモデルに書いたロングセラー小説を映画化。僕の知っている大人はこの人です。「自分のまわりにいる大人について」というお題で学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく(=春山雪男)は、居候の「おじさん」を題材に作文を書くことにした。それは子どもにとってさっぱりつかみどころのない人。おじさんは大学の臨時講師で哲学を教えているせいか、屁理屈をこね、時には雪男をダシに母からお小遣いをもらい、万年床で好き勝手にマンガばかり読んでいる。そんなマイペースすぎるおじさんに見合いの話が持ち上がる。相手はハワイの日系4世で、絶世の美女・稲葉エリー。普段は人づきあいなど眼中にないように見えても、見合いに消極的だったおじさんは美しいエリーに一目ぼれ。しかし、祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためエリーは遠く離れたハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心で、おじさんはハワイへ行く作戦を自分なりにあれこれと練り出すが…。

★スタッフ
監督:山下敦弘(関連作品:『オーバー・フェンス』)
脚本:須藤泰司
音楽:きだしゅんすけ

★キャスト
松田龍平、真木よう子、大西利空、寺島しのぶ、宮藤官九郎、キムラ緑子、銀粉蝶、戸田恵梨香、戸次重幸

★『ぼくのおじさん』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??3.163.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ぼくのおじさん』の感想

●無料ホームシアター
おじさんです。アジョシです。違います。冗談は別として今作のオジサンは良いキャラでした。松田龍平と大西利空のバディが最高。心穏やかな気分になれると同時に笑えて楽しい一作でした。松田龍平さん、ユキオくんの演技はとても良くて、二人の後ろ姿だけでほっこりしちゃいます。最終的にはやっぱり雪男くんのおじさん観察日記を読んでいるような、そんな雪男くんの小学校の先生気分で観ている自分にクスッとします。
●FILMAGA 
ずっと笑って、最後ほっこりして。映画好きの要素がたくさん詰まってます。とくに前半は最高。「なーい。なーい。何にもなーい。暇しかなーい」と姪っ子ちゃんにディスられた時のおじさんの怒り顔がたまらなく可愛い。こういう役を松田龍平にやらせたら、右に出るものはいないんじゃないかと思ってしまうほど、ピッタリです。憎みきれないロクデナシな松田龍平に、子役の二人がいい味出しまくってたので…続編もまったり期待したい。
●BILIBILI
「身の回りの大人」をテーマにした作文の宿題を出された小学生。そこでターゲットにしたのはこのよくわからないおじさんだった。いまどき、たとえ身内だったとしても、下手したら不審者扱いされてしまう昨今、こんな作品も必要かもしれない。ヒロインは真木よう子。カッコいいお姉さんだから登場シーンのキラキラしたマドンナ的な感じがたまらない。こっちを題材にするのがいいのではないかと思う。私はこちらの女性を観察していたい。
●DAILYMOTION
松田龍平のために作られたんじゃないかと思うくらいのおじさん。もはや「ぼくの松田龍平」。設定は現代なんだけど、北杜夫さんの原作の言葉をそのまま使っているということもあって、会話が昭和レトロ感に溢れているので懐かしい。おじさん観察日記を書いているなかなかするどい観察力の甥っ子が可愛いし、観ているだけでほっこりする。こういう作文の目的は知らないけど、なかなかユニークな宿題なのでどんどんやってほしい。