ディア・ドクター(2009)

その嘘は、罪ですか。

映画『ディア・ドクター』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『ディア・ドクター』を見るなら動画リンクをチェック。

西川美和監督が、笑福亭鶴瓶を主演に迎え、僻地医療を題材に描いたヒューマンドラマ。製作には川城和実、重延浩、島本雄二、久松猛朗などが名を連ねる。都会の医大を出た若い研修医・相馬が赴任してきた山間の僻村には、中年医師の伊野がいるのみ。ここでは貴重な人材であり、いなくなれば地域が成り立たないほど。高血圧、心臓蘇生、痴呆老人の話し相手まで一手に引きうける伊野は村人から大きな信頼を寄せられていたが、そこにはある問題もあった。ある日、かづ子という独り暮らしの未亡人から頼まれた嘘を突き通すことにしたことから、伊野自身が抱えいたある秘密が明らかになっていく…。

原題:ディア・ドクター / 製作:日本(2009年) / 日本公開:2009年6月27日 / 127分 / 制作: / 配給:アスミック・エース

『ディア・ドクター』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ディア・ドクター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡大中!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら生きる人にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、レンタル店でDVDを借りる場合と違って、好きな時、好きな場所で視聴可能。家にパソコンやテレビがない人でも安心で、スマホでも見られるので、非常に幅広いユーザーに答えられます。もちろんテレビでも鑑賞可能です。

「無料」より安いものなし!
しかも、初めてのあなたにだけのビギナーズ・トライアルとしてお得な無料体験が準備されています。この耳よりな情報は噛み砕いて言えば「本来は有料のサービスを一定期間は無料にします」というタダより嬉しいものはないメリットだらけのものです。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ディア・ドクター」の再生はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。そうした悪いサイトでは映像画質もノイズだらけですから、映画の価値も激減して、観た気分にはなれません。

これに決めた!
「こんな魅力的な動画の山を眺めればジッとなんてしていられない!」それだけの魔力があります。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「ディア・ドクター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。意外な話ですが情報が更新されるサイトというのはマイナー系では珍しいです。コツコツと毎年毎日頑張っています。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ディア・ドクター」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ディア・ドクター」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「ディア・ドクター」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ディア・ドクター」を1度見るだけでも良いのかもしれませんが、2度、3度の視聴は感想をさらにボリュームアップにさせてくれ、普通では気づけなかったことを知れるきっかけになれます。「は~、ここは伏線になっていたのね」「え、あそこにあのキャラがいたのか」といったポイントを認知できるのはやはり複数鑑賞前提になるかもしれませんし、年齢が変わる映画の見方も変わったりします。VODは1度きりの鑑賞で高額請求することはないので、大きなサポーターになれます。

『ディア・ドクター』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『ディア・ドクター』をさらに知る

★スタッフ
監督:西川美和
脚本:西川美和
撮影:柳島克己
音楽:モアリズム

★キャスト(キャラクター)
笑福亭鶴瓶(伊野治)、瑛太(相馬啓介)、余貴美子(大竹朱美)、松重豊(波多野行成巡査部長)、岩松了(岡安嘉文警部補)、笹野高史(曽根登喜男)、井川遥(鳥飼りつ子)、キムラ緑子(迫田圭子)、滝沢涼子(北岡咲子)、森康子(中野シゲ子)、市川千恵子(井野美佐子)

★『ディア・ドクター』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ディア・ドクター』の受賞
第33回日本アカデミー賞で脚本賞と助演女優賞を受賞。

★『ディア・ドクター』の感想

●シネマトゥデイ 
患者を人として診ること、その人の意思を尊重すること、当たり前だけど、現代高度な医療が進む中で忘れられている大事な部分が丁寧に描かれている良質なドラマでした。これはもうフィクションではない。医者は助けてくれる人であって免許が証明するものではない。正論がなりたたない現実で求められるならなんとかしたい。そのリアルな葛藤が繊細な役者の皆さんの演技で映しだされる。鶴瓶のキャスティングは意外性込みで面白いですよね。
●映画無料夢心地
この作品が善いものか、悪いものか、それは、観る人それぞれ。ただただ、観る人にテーマを訴えながらも解釈は委ねる。人それぞれに思うことがある作品だと思います。 過去と現在の交錯がよりテーマの不明瞭さ、この作品の無責任さを表しているのではないでしょうか。西川美和監督の鋭くて人間の愚かな卑しい部分が詰まっている。西川監督はいい意味でいやらしい作品に仕上げたな。必要悪というグレーゾーンのような映画という感じか。
●BILIBILI
「ここは足りないということを受け入れている」そんな言葉のように今、日本にはあらゆるものが不足し始めている。それは自業自得かもしれないが、もはや取り繕うこともできない。凄い賛否両論別れそうなラストシーンはなんだか、嘘を肯定してるようでもあり、この善悪のはっきりしないお話にケジメを付けたとも解釈でき、これぞ考察しがいがある。ディア・ドクターという言葉の意味を頭で反芻している。どうすることもできないほどに。
●DAILYMOTION
あの有名な落語家の笑福亭鶴瓶師匠が主演で、大丈夫かと思ったが、それよりもシナリオが良かった。胃癌患者とニセ医者がどう接し対処していくのかというセンセーショナルなテーマで、地方のあるポイントに絞っていくと、そこに見えるのは悲しい現実。法律は置いといてその嘘は罪なのだろうか? 私たちに考えさせてくれる。しかし、それが答えのない問題だから余計に困る。断罪するのは簡単だけど、救うのは難しい。