バーニング・オーシャン

惨劇は予期できた、でも起こってしまった

映画『バーニング・オーシャン』のフル動画を無料視聴する便利な方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『バーニング・オーシャン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Deepwater Horizon(「ディープウォーター・ホライゾン」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年4月21日 / 107分 / 制作:Participant Media、Di Bonaventura Pictures / 配給:KADOKAWA / 製作費:1億5600万ドル / 興行収入:1億1800万ドル

『バーニング・オーシャン』映画オリジナル特報
Go Behind the Scenes of Deepwater Horizon (2016)
動画
▼『バーニング・オーシャン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2【Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

-
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV
FOD ▼FOD

▼『バーニング・オーシャン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使えばみんなハピネス
スケールの大きい映像でハラハラドキドキのサスペンスを見せてくれる大作はそれだけで大満足の充実感を与えてくれます。そんな驚きの大作を見たいときは、動画配信サービスを駆使すれば便利です。ネット配信だと画質が心配という人でも安心。DVDと遜色のないハイクオリティな映像をテレビの大画面でも楽しめます。もちろん、スマホでひとりでじっくり見るの良し。字幕や吹き替えを選べるものもあるので、あなたの好みに合わせられます。

「無料」を見逃すな!
「有料なのでは?」と懐事情を考えて諦めモードになっているあなたへ。大丈夫。無料お試しへGOです。これは初回に限定して決められたタイムスパンの間、メインとなるサービスを無料利用でき、各種の選り取り見取りな動画も視聴できます。つまり、ちょっとした無料ホームシアターのお手軽ネット版です。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。ピーター・バーグ監督の「バーニング・オーシャン」も配信中。

アウトゾーンに警戒せよ!
不正な動画ウェブサイトは静観できないのであり、適法性・実用性の二点で非推奨。それでマーク・ウォールバーグ主演の「バーニング・オーシャン」の視聴はダメです。そもそも、イマドキそんなブラックなサイトに手を出さなくても、正規のクリーンなサイトが登場しています。デメリットは当然なく、再生環境も完璧に整っています。鬱陶しい広告に振り回されることから卒業して自由と安全をゲットです。それさえわかれば、ベストアンサーはハッキリしています。クリーンな公式があなたの傍に待っています。

迷ったときは?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。しかし、困ることに配信作品は毎日変化しているので把握が難しいです。こちらの融通など聞いてはくれません。その変化は明確にスケジュールが公表はされていないので予測も不可能です。カート・ラッセル出演の「バーニング・オーシャン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるようにアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。それは数少ない最初のチャンス。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。ジョン・マルコヴィッチ出演の「バーニング・オーシャン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。ジーナ・ロドリゲス出演の「バーニング・オーシャン」も見れないかも?オカシイと感じたら焦るようなこともせずに冷静にブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。それは無視することはできませんので、ブロックを通り抜けることは不可です。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「バーニング・オーシャン」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。圧倒的な映像経験は格別を超えています。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「バーニング・オーシャン」も最高級に。当然サンタクロースのプレゼントのように夢心地のうちに手に入るものではありません。それなりの設備投資が必要になります。詳しくは家電屋さんか、解説サイトを参照すべきですが、ひとつ言えるのは最初はお高くても達成感は格別ということ。

『バーニング・オーシャン』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月22日時点での『バーニング・オーシャン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『バーニング・オーシャン』をさらに知る

2010年4月20日に起きた、メキシコ湾で海底油田掘削作業中だった巨大石油施設「ディープウォーター・ホライズン」の大爆発による米国史上最悪クラスの原油流出事故を描くパニック映画。『バーニング・オーシャン』の製作にはロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、マーク・バーラディアン、マーク・ウォールバーグ、スティーブン・レビンソンなどが名を連ねる。メキシコ湾沖約80kmにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」で海底油田から逆流してきた天然ガスの引火による大爆発が起こる。それは完全な不意打ちであり、パニックだけが拡大。施設内に126名の作業員が閉じ込められてしまい、決死の救出劇が始まる…。

★『バーニング・オーシャン』のスタッフ
監督:ピーター・バーグ(関連作品:『ローン・サバイバー』)
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン、マシュー・サンド
撮影:エンリケ・シャディアック
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

★『バーニング・オーシャン』のキャスト
マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン

★『バーニング・オーシャン』の評価

IMDbRTMETA
7.183%68
映画comY!FM
3.63.563.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バーニング・オーシャン』の感想

●『バーニング・オーシャン』シネマトゥデイ 
B級感満載のタイトルで、この手の災害映画は外れが多いので敬遠してたけど、予想外というか、むしろパニック映画として上質でクオリティがトップクラスに高い一作でした。明らかに誰でもわかる事故原因見え見えの仕込みなのに不安を煽る音楽でヒリヒリする前半。無能な上司が本当にウザい。そして、一気にド派手に弾ける後半。例え、専門家といえども事態が起こってしまえばどうすることもできない無力さ。とてつもない緊迫感でした。
●『バーニング・オーシャン』TOHOシネマズ  
日本の原発事故もこんな感じだったのだろうか。そんなことを思わせるリアルな現場のやりとりだった。現場の専門知識を持つ人間は鋭い勘でフラグに気づいている。でも、上層部はそれを認めない。しかたなく仕事を続ける他の労働者。そして、起こる惨劇。どんなに優秀な人間がいても判断を決める上の者が愚かであれば意味はないということが、痛いほどわかります。あっという間の出来事。一瞬の油断が一生の問題を起こすのです。
●『バーニング・オーシャン』イオンシネマ 
米国史上最悪の海上事故で、もちろん迫力も凄いですが、同時に描かれている人間ドラマもアツい。ややダサい中二病っぽい邦題とは違いますが、ドラマはバーニングしてました。もちろん施設自体もバーニングするのですが。「ハインリッヒの法則」が真っ先に頭に浮かびます。1件の重大事故は、数百件の些細な違和感やミス、警鐘の無視が必ずある…この先人の偉大な知恵は残念なことに現代の私たち社会には全く響いていないのでした。