キセキ あの日のソビト

「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を映画化

映画『キセキ あの日のソビト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『キセキ あの日のソビト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:キセキ あの日のソビト / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年1月28日 / 111分 / 制作:ジョーカーフィルムズ / 配給:東映

映画『キセキ -あの日のソビト-』特報

(C)2017「キセキ あの日のソビト」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『キセキ あの日のソビト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

感動動画に満ちています!
さまざまな葛藤や苦悩を抱えながら懸命に生きる人々にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これらのサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画ならこれがベスト。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるのでとても充実しています。

「無料」で感謝!
しかも、無料というこれ以上ない嬉しさをもたらす救済策もあります。それがお試し期間というものです。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「無料期間なんて都合の良いものは一瞬で終わるのでしょう?」そんな疑いは廃棄してください。じゅうぶんな時間があるので、動画をどんどん見ていく余裕がたっぷりあって幸せです。「キセキ あの日のソビト」もアリ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「キセキ あの日のソビト」の再生はダメです。問題点は常にあちこちに潜んでいます。例えばよくネット上に散乱するリーチサイトの中には有害サイトへのリンクを張っているものも多々あります。それは無料と偽り、詐欺的な広告をクリックさせようと狙ったり、不利益しかありません。あなたに最適のスペシャルな選択肢は、100%安心のオフィシャル太鼓判の動画配信サービスをセレクトすること。

迷ったときは?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。ところが、喜んでばかりもいられない。というのもとんでもない数のVODの中から、視聴したい作品を取り扱うものを判断しないといけない面倒な作業の存在が…。「キセキ あの日のソビト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そういう悩みに対してはこのページを活用してください。個別のサイトで全部チェックするのは大変です。これならば配信アイコンを確認するのみなので、作業を短縮できます。他サイトとは雑多なリンクの寄せ集めのことが多いですが、フルムビバースでは厳選しており、安全性は最優先で考慮しています。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「キセキ あの日のソビト」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
フリーコストで映画動画をウォッチするには?と尋ねるのならば答えは言われなくても明快でしょう。YouTubeなどの動画の巨大サイトはすでに圧倒的なシェアを誇り、その知名度は今や有名どころではなく…。でも中身は決して良質とは限りません。だからこそVODのような動画を厳選しているパートナーサイトの価値があがるものです。変な気遣いなしに動画を信頼できるというのは最高に嬉しいだけでなく、無駄な注意で気を散らさないので、想像以上に良好な精神安定になります。「キセキ あの日のソビト」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「キセキ あの日のソビト」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「キセキ あの日のソビト」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『キセキ あの日のソビト』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『キセキ あの日のソビト』をさらに知る

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。プロデューサーは小池賢太郎、製作には松井智、村松秀信、木下直哉、木原康博などが名を連ねる。自分たちの青春を語ろう。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュージシャンのジンは、父の思いを受けて歯科医師を目指していた弟ヒデの音楽の才能を知り、そのチャンスに希望を見いだす。そして、ヒデとヒデの音楽仲間たちに思いを込めて自分の夢を託すことを決める。しかし、普通には活動ができない。歯科医師を目指しながら音楽もやりたいが、そのことを恐ろしい父親に言い出せないジンとヒデは、世間的にプライベートを切り離すために、顔出しなしのCDデビューという作戦をとるが…。

★スタッフ
監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
音楽:GReeeeN

★キャスト
松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、小林薫、麻生祐未、奥野瑛太、野間口徹

★『キセキ あの日のソビト』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??3.723.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『キセキ あの日のソビト』の感想

●映画無料夢心地
厳格な父親、理解者の母親、反抗する兄とバンド仲間、嫌味なプロデューサー、従順な弟、はみ出さない友人達、ツンデレな彼女、そして歌に勇気付けられる少女。よりどりみどりな登場人物が勢揃いし、ドラマを彩る。この映画は伝記というよりは完全にプロモーション的な色が強いが、それでも「キセキ」の曲が生まれ、多くの人達に聴かれ、口ずさまれていくシーンは鳥肌がたつ。エンディングの「ソビト」もホントいい曲で幸福を感じるだけだった。
●FILMAGA 
どこまで実話に基づいているかは知らないですが、GReeeeNのファンはきっとそんなことを気にしないはず。GReeeeNをサポートする兄の存在は知らなかったので、GReeeeNをより知ることができた感じです。でも、他のメンバーは全然描かれないのが意外でした。10年以上続くモンスターグループだし、いまだに顔出しせず名曲連発。GReeeeNの曲には何度も勇気づけられたし、これが本当かはともかく、ミュージックへの想いは嘘じゃないのが大事です。
●BILIBILI  
人気グループ「GReeeeN」が生まれるまでを映像化と期待していたら、あれ、そうくるの?というエピソードが盛り込まれていて驚き。親父の威厳っぷりを出すために日本刀振り回す妙なパートとか、エキセントリックすぎでしょうよ。完全にジンとヒデの話であり、GReeeeNのメンバーの関係とかそういうとこが希薄なのは狙ってのことなんですかね。「キセキ」はめちゃめちゃ世代だから、流れた瞬間にぐっときたのですけど。忽那汐里は可愛いです。
●PARAVI 
メンバーが歯医者になって音楽をやらなくなったということは、どこかで聞いていたけど、こういう事情だったの? 音楽はヒトのココロを治すってベタだけど、それを実感した医者の父のエピソードはなるほどねという感じ。「キセキ」は知らない人がいないくらい名曲で、素性なんて晒さなくても歌がよければ売れるっていう証明になっていると思います。こんな映画ができてしまうくらいですから、これからも記憶に残り続けるでしょう。