きょうのキラ君(実写映画)

キュンキュンしすぎて悶え死ぬ人、続出

映画『きょうのキラ君』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『きょうのキラ君』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:きょうのキラ君 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年2月25日 / 109分 / 制作: / 配給:ショウゲート

『きょうのキラ君』特報映像

(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『きょうのキラ君』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使いやすさは抜群!
青春のキラキラドキドキの人間模様をロマンチックに描いた作品はそれだけで夢中になってしまう魅力があります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスがグッドです。家にパソコンやテレビがない人でも心配はいりません。スマホでOK。アプリをインストールするだけで高画質の動画を楽しめます。通信制限が気になる人もOK。ダウンロード機能があるものであれば、通信量を気にすることなくギガを消費せずに楽しめます。

「無料」を見逃すな!
「有料なのでは?」と懐事情を考えて諦めモードになっているあなたへ。大丈夫。無料お試しへGOです。これは初回に限定して決められたタイムスパンの間、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、ちょっとした無料ホームシアターのお手軽ネット版です。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。「きょうのキラ君」も配信中。

安全が一番です!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「きょうのキラ君」の再生はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。それさえわかれば、ベストアンサーはハッキリしています。クリーンな公式があなたの傍に待っています。

迷ったときは?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「きょうのキラ君」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。詳しい人に聞いてみるのもいいですが、身近にいないかもしれませんし、何より聞かれた本人も迷惑でしょう。このページを使えば、そんな気遣いもなく、好きなように配信をひとめで把握できてしまいます。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「きょうのキラ君」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

原作もついでに見よう
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので、経験すれば病みつきに!

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「きょうのキラ君」は? 混乱しやすい部分なのでサービスごとに整理しましょう。詳細は別のページにまとめているので、詳しく知りたい方はそちらを参考にしてください。ざっくりまとめるなら、見放題系のHuluやNetflixと、個別購入型を含むU-NEXTやdTVでは無料の意味合いが違ってきます。前者であればすぐに好きなだけ全部が無料で見られます。後者では事前の登録時にもらえるポイントの範囲内で動画が見られるので、数に限りのある一部無料と言うべきかもしれません。

俳優好きにも必須
映画を観る時は視線は真っ先に映像内で活躍する俳優の皆さんに注がれているかもしれません。思わず夢心地になるような魅惑的な笑顔やクールなパフォーマンスをアピールされたらもう骨抜きにされてしまいます。VODではキャストで作品検索できるものもあるので、ファンの想いにもバッチリ受け答え可能です。「中川大志」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『きょうのキラ君』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月12日時点での『きょうのキラ君』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『きょうのキラ君』をさらに知る

みきもと凜の人気漫画「きょうのキラ君」を中川大志、飯豊まりえの共演で実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは重松圭一、プロデューサーは大畑利久と布施等。クラスの人気者キラに恋をしたニノ。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラのある秘密を知ったことをきっかけに2人の仲は急接近する。それは秘密の共有によって一体感が生まれていた。重大な秘密を内側に抱えたキラを笑顔にしようと、ニノは初めての気持ちにとまどいながらも、同級生の矢部と、キラの幼なじみ澪らとともに日々、なんとか心を解放させることができるように奮闘する。

★スタッフ
監督:川村泰祐(関連作品:『ガールズ・ステップ』、『海月姫』)
脚本:中川千英子
撮影:金澤賢昌
音楽:富貴晴美

★キャスト
中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、岡田浩暉、三浦理恵子、安田顕

★『きょうのキラ君』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.33.453.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『きょうのキラ君』の感想

●無料ホームシアター 
躍動感のある音楽と疾走シーンのオープニングに始まり、いきなりこの映画に引き込まれました。後味の良い王道なラブコメです。飯豊まりえのモジモジ演技が最強に可愛いです。イライラしない絶妙なバランスで愛嬌たっぷりに輝いていました。キュンキュンだけかとおもいきや泣かせにかかる感じのバランスも良いです。それにしても、カーテンの刑とは何なんだ!? そんなことしちゃうのですか。ええ、そうですか。攻めますね。ほんと、もう。
●FILMAGA
原作も大泣きしたけど、映画では最初から泣けました! 凝ったエンドロールで、曲も本当に良いです。中川大志最高だな。かっこいいし可愛いしどうなってんだコノヤロウ。あとエンドロールの写真、あれはずるいです。完全にニノンとキラ君ではなくて飯豊まりえと中川大志でした。付き合ってんだろもうこうなったらってくらい仲良さげでよかった。後半にある葉山奨之くんのシーンがとても良くて、ボロボロ涙が止まりませんでした。
●BILIBILI
「今まで君が泣いた分取り戻そう」はアルバム曲の中でもそんなに好きじゃなくていつも飛ばしがちだったのですが、映画本編に合いすぎる歌詞に映画鑑賞後改めてエンディングで流れて号泣。キラくんのツンデレ感と相まって「うわああ、なんで私にはこんな世界が1ミリも存在しないんだ~」と無性に悲しくなりました。どうしても自分の惨めさが際立ちますが、もうそれは忘れましょう。そのことよりもキラキラした気分に浸っていきましょう。
●DAILYMOTION
王道ど真ん中の純愛映画。これぞストレートなシンプルという感じなので特段フレッシュな新しさはない。この手の作品でそういう期待は意味ないのだろうけど。傷ついたキラ君のことをヒロインではなく男友達が諭す部分は邦画では新鮮かもしれないけど。友達ときゃーきゃーあーだこーだいいながら映画を鑑賞するならこれくらいでちょうどいい。キュンキュンポイントには随所で悶えさせられたのですが、このキラ君ではもうお腹いっぱいです。