幸福のアリバイ Picture

きっと人生が愛おしくなる、笑って泣ける感動喜劇

映画『幸福のアリバイ Picture』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『幸福のアリバイ Picture』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:幸福のアリバイ Picture / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年11月18日 / 114分 / 制作: / 配給:東映

『幸福のアリバイ~Picture~』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『幸福のアリバイ Picture』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画視聴はこれがベスト!
社会に生きる様々な人の喜怒哀楽を丁寧に描き出し、ドラマチックに綴ったヒューマンドラマはそれだけで面白いものです。そんな個性豊かな映画を観たいときは、動画配信サービスを上手く活用してお得に見ましょう。これはネット配信なので、多くのメリットが存在しています。例えば、視聴媒体も自由自在で、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットなど幅広いので自分のあったものを選び、好きなタイミングで視聴することが可能です。

「無料」より安いものなし!
しかも、初めてのあなたにだけのビギナーズ・トライアルとしてお得な無料体験が準備されています。わかりにくいのですが、具体的には登録日から1か月など特定期間に限ってサービスを無料で試せるものです(どれくらいの期間かは各社のサービスで異なります)。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「幸福のアリバイ Picture」の再生はダメです。そもそも、イマドキそんなブラックなサイトに手を出さなくても、正規のクリーンなサイトが登場しています。デメリットは当然なく、再生環境も完璧に整っています。鬱陶しい広告に振り回されることから卒業して自由と安全をゲットです。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

あなたの選択は自由!
作品がネットサービス上での配信が始まると、VODでも取り扱いが連動して始まるものです(まれに先行する場合も)。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「幸福のアリバイ Picture」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるようにアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「幸福のアリバイ Picture」でもあります。ご家庭のテレビで見たい人もいるでしょうが、まずは対応可能かを確認すべきです。新しく購入される際は詳しい人に聞いておくとよいでしょう。パソコンならば、迷いはありません。ブラウザではたいてい対応済みですので、ネットにつながってさえいればOK。スマホはiPhoneやAndroidのどの機種でもほとんど視聴可能(よほど古くなければ)。アプリさえインストールしてしまえば、あとは流れに沿ってアカウントを作り、すぐに動画鑑賞に移れます。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「幸福のアリバイ Picture」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「幸福のアリバイ Picture」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「幸福のアリバイ Picture」を1度見るだけでも良いのかもしれませんが、2度、3度の視聴は感想をさらにボリュームアップにさせてくれ、普通では気づけなかったことを知れるきっかけになれます。「は~、ここは伏線になっていたのね」「え、あそこにあのキャラがいたのか」といったポイントを認知できるのはやはり複数鑑賞前提になるかもしれませんし、年齢が変わる映画の見方も変わったりします。VODは1度きりの鑑賞で高額請求することはないので、大きなサポーターになれます。

『幸福のアリバイ Picture』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『幸福のアリバイ Picture』をさらに知る

陣内孝則の監督作品。人生の分岐点である冠婚葬祭をテーマに、風変わりな登場人物たちが織り成す悲喜こもごもを描く。キャストには中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、浅利陽介、渡辺大、木村多江ら多彩な顔ぶれが集結する。エグゼクティブプロデューサーは林雄一郎、プロデューサーは八木征志、篠田学、中山賢一。ヤクザの葬式とは知らずに会をとりなす葬儀屋。故人の残した遺書で揉める欲望を丸出しにした親族たち。成人式に特攻服で参加しようとする息子とそれを必死に止める両親。出来ちゃった結婚で出産を控えた妻のもとへ感情の整理もつかないままに向かう夫と、八つ当たりをする義父。1人女性をめぐって、超一流のプロ野球選手に無謀な野球勝負を挑むどうかしているフリーター男。冠婚葬祭のさまざまなシチュエーションを舞台に、人間らしい厄介な事情を抱えた普通の人びとをコミカルに描く。

★スタッフ
監督:陣内孝則
脚本:喜安浩平
撮影:中山光一
音楽:堀向直之、冷牟田竜之、松田純一

★キャスト
中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、浅利陽介、木南晴夏、渡辺大、佐藤二朗、木村多江

★『幸福のアリバイ Picture』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『幸福のアリバイ Picture』の感想

●無料ホームシアター
想像を遥かに超えて面白い映画でした! とても感じのいい軽妙なお芝居にホロッとくるシーンもあり、エンドロールが終わったら拍手が起こっていました! 派手な作品ではありません。爆発的なインパクトもありません。でも観ているとからだにスゥーっと馴染んで、終わるころにはなんだか心の奥がウキウキしていました。人生にほんのわずかな活力でもいいから貰いたいという人は迷わず観るべき映画です。
●FILMAGA
「幸福はいつもそこにいる。そしてそこにいるものが幸福だと気付けた時、私たちは私たちの『Picture』の主人公になれるんだよ。」そう教えてもらった気がして、私も、私の「Picture」を最高爆笑傑作にするべく、早速修行を始めてます。陣内監督、本当にありがとう! そして次回作も大いに期待しています。地味なキャスティングなのですが、そんなの気にならないくらいの素晴らしさなので、ウォッチしてください。
●BILIBILI 
オムニバス形式で、一話がちょうどよい時間で笑いが絶えない映画でした。山崎樹範さんの演技を観て、好きになりました。ファンである木南さんの実物を拝見出来て、とても綺麗でしたし、演技もいつもの彼女らしさが出ていたと思います。監督が俳優で、9年ぶりでも面白いものは面白いと思いました。幸福は人それぞれであり、ときに奪いあうものかもしれないけど、分かち合うこともできますよね。
●MOVIX
最初の話から、すごく昭和な感じというか、レトロな雰囲気が漂っていたので、若干古臭い感じもしたんだけど、たわいもないやりとりとかに面白さがあって、特に、見合いの話と、成人式の話は好きだな。ありそうな感じというか、物事が解決したようでまったく解決しないんだけど、面白かった。この映画の一番はキャストですね。会話の雰囲気とか間とか絶妙で、さすが役者をよく理解して撮られているなと感服しました。