ブルーに生まれついて

苦悩のジャズ・トランペット奏者チェット・ベイカーの伝記ドラマ

映画『ブルーに生まれついて』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『ブルーに生まれついて』を見るなら動画リンクをチェック。

イーサン・ホークが1950年代のジャズ界で活躍したトランペット奏者でボーカリストとしても活躍したチェット・ベイカーに扮し、その半生を描いた伝記映画。製作総指揮にはアダム・モリート、ウィリアム・G・サントール、ジョン・ヒルズ、アンドリュー・チャン=サンなどが名を連ねる。その音楽が他人に届いても、奏者の声は聞こえない。黒人ミュージシャンが主流だった50年代のモダンジャズ界で、甘いマスクとソフトな歌声で女性を魅了し、一世を風靡したチェット・ベイカー。その栄光は長くは続かなかった。やがて自分でもコントロールできないほどに麻薬に溺れ、どん底の日々を送ることとなる。しかし、1人の女性との出会いにより、ベイカーは再生の道へと踏み出していく。

原題:Born to Be Blue / 製作:アメリカ・カナダ・イギリス(2015年) / 日本公開:2016年11月26日 / 97分 / 制作:New Real Films / 配給:ポニーキャニオン / 製作費: / 興行収入:150万ドル

「ブルーに生まれついて」予告編

(C)2015 BTB Blue Productions Ltd / BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ブルーに生まれついて』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

実話も動画でたっぷりと!
実在の人物を題材に知られざる半生を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。このサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、見たい作品が少ない場合に最適。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるので満足度高め。どちらのタイプかどうかは個々で判断しましょう。

「無料」より安いものなし!
しかも、初めてのあなたにだけのビギナーズ・トライアルとしてお得な無料体験が準備されています。これは初回に限定して決められたタイムスパンの間、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、ちょっとした無料ホームシアターのお手軽ネット版です。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトとはバッサリ縁を切りましょう。それで「ブルーに生まれついて」の鑑賞はダメです。そもそも、イマドキそんなブラックなサイトに手を出さなくても、正規のクリーンなサイトが登場しています。デメリットは当然なく、再生環境も完璧に整っています。鬱陶しい広告に振り回されることから卒業して自由と安全をゲットです。オフィシャリティのあるサービスならば、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。

どれを選べばいい?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。ところが、喜んでばかりもいられない。というのもとんでもない数のVODの中から、視聴したい作品を取り扱うものを判断しないといけない面倒な作業の存在が…。「ブルーに生まれついて」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるようにアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。同類サイトは山ほどありますが、フルムビバースでは情報更新の勢いがあり、こまめに対応しているので密度が違います。未体験のVODに巡り合えたなら、その出会いは運が良かったと思いましょう。無料体験ができる最良のタイミングですから。

悪いサイトを追い出すために
ネット上を炎上気味で騒がせる海賊版画像や動画のコンテンツ掲載ウェブサイトは取り締まりを強化する法整備が進んでいますが、その数は多く、手が付けられない状態は続いています。言うまでもなく法的にアウトではありますが、規制が追い付きません。そこでVODの普及によってポジティブなイニシアティブ・カウンターをとることが有効手段としても指摘されています。安価な手法があれば動画視聴は正規なかたちで広まるので、わざわざリスク&粗雑な不正サイトに手を染める人は減るでしょう。「ブルーに生まれついて」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
フリーコストで映画動画をウォッチするには?と尋ねるのならば答えは言われなくても明快でしょう。YouTubeなどの動画の巨大サイトはすでに圧倒的なシェアを誇り、その知名度は今や有名どころではなく…。でも中身は決して良質とは限りません。だからこそVODのような動画を厳選しているパートナーサイトの価値があがるものです。変な気遣いなしに動画を信頼できるというのは最高に嬉しいだけでなく、無駄な注意で気を散らさないので、想像以上に良好な精神安定になります。「ブルーに生まれついて」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ブルーに生まれついて」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「イーサン・ホーク」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『ブルーに生まれついて』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『ブルーに生まれついて』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロバート・バドロー
脚本:ロバート・バドロー
撮影:スティーブ・コーセンス
音楽:デビッド・ブレイド、トドール・カバコフ、スティーブ・ロンドン

★キャスト
イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー

★『ブルーに生まれついて』の評価

IMDbRTMETA
6.988%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ブルーに生まれついて』の感想

●無料ホームシアター 
おしゃれな音楽ドラマ映画だと思って最初は鑑賞したのです。そんな私の甘ったれた感情はなんて愚かだったのかと、観終わった後に後悔しました。チェット・ベイカーという一人のミュージシャンの呪いのような人生を切なく、そして痛々しく描いた作品だったのですね。音楽はもちろん美しいです。練習を重ねたというイーサン・ホークのトランペット演奏は実に見事に聞き惚れてしまいます。美しい調べが人生の破局を意味するとは切ないものです。
●シネマトゥデイ 
音楽と書くと楽しそうなのに、絶望だなんて。しかし、それ以上にクスリに蝕われていく姿や、取りつかれていく絶望感が画面全体に音もなく漂ってくるのが凄いです。なによりチェットベイカーのしっとりと、甘く、切ない歌声とトランペットのメロディーが、彼の持つ青い世界観を演出してて、本当に好きでした! これはぜひ音質のいい環境で見てほしいですね。ブルーに生まれついてしまったゆえに、こうも悲しい運命が待っているなんて…。
●イオンシネマ 
ブルーに生まれついて…この邦題、ほんといいですね。50年代アメリカで一世を風靡したジャズトランペッター、チェットベイカーの生き様を描いた、愛と音楽の物語。天才ジャズトランペッターの表の顔と裏腹に、孤独とプレッシャー、ドラッグに苛まれる1人の寂しい男が描かれています。この儚い男の人間らしさがとても魅力的だし、彼の音楽にかける思いの強さに惹かれる。エネルギッシュなミュージックセンスを生むのと、生きるのは別なんだな。
●VUDU
静かな作品でサイレントな感情の動きがいい。猛練習したであろうトランペットはイーサンホークの技量と思うが、それ以上にやはり凄いなと思う。Youtubeなどで実在の音楽を聴いてみたが、かなりパワフルでこの物語を知ったあとでは複雑な気持ちになってしまった。コンプレックスではないけど、この生き方はもう少しなんとかならなかったのか。そう思ってしまうのは他人事なのかもしれない。別の人生があったのか、考えてしまう。