ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー

映画の歴史を変えた人物の友情に迫る

映画『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』のフル動画を無料視聴する方法を明確にレコメンドしています! 悪質広告は皆無です。
今すぐ『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:DEUX DE LA VAGUE、TWO IN THE WAVE / フランス(2010年) / 日本公開:2011年7月30日 / 97分 / 制作: / 配給:セテラ・インターナショナル

『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』予告編

(C)Films a Trois 2009


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】和訳オプション
VOD2【Hulu】高品質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一気に普及しています!
著名な人物の知られざる一面にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドキュメンタリーをお得に見るなら、動画配信サービスも使い心地がいいです。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、パッケージディスクのないドキュメンタリーも少なくはないので、ネット配信で探すのも手です。なかにはドキュメンタリーを非常に充実したラインナップで揃えているので、興味のある人にとっては楽しいツールになるでしょう。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、小躍りしたくなるほどの幸せが。そうです、これを知らないと意味がありません。なんと無料体験お試しコースというメリットも存在しているのです。わかりにくいのですが、具体的には登録日から1か月など特定期間に限ってサービスを無料で試せるものです(どれくらいの期間かは各社のサービスで異なります)。「退会は無料期間中にできるのか?」という疑問は真っ先に思うでしょうが、それはOKで、もちろんタダの状況で利用を止めることができます。辞めたからといって料金請求は発生しません。「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」もアリ。

おかしくないですか?
なお、巷に溢れる明瞭な有害が確認されるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」の鑑賞はダメです。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、普段は何も警戒していないようなユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、注意していたはずのユーザーの裏をかいて悪事を働くものまで、さらにはひたすらにしつこく広告を流して相手をうんざりさせてきたりと、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→どうするべきか焦る→トラップにハマる→もっと困って焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、いい加減に躊躇していてもあれなので、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、ご存知でしょうか、VODは日本メーカーから海外の大手まで、実に多くが展開しており、そのどれも配信作品の状態がひとつも一致はしないのです。「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはそういう時に真価を発揮します。フルムビバースでは「この作品を取り扱っているVODはこれです」とわかるように基本的なフレンドリービジュアルでアイコンで表示。しっかり定期的な更新もしているので安心です。情報が古いままずっと放置したりはしません。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。無料ホームシアター級の豊かな動画視聴を安全快適に満喫できます。いつまでもチャンスがあるとは限りません。忘れないように。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話がかかってくることはありません。頻繁にメールが届くこともないので、鬱陶しさもないです。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」を探すだけ。これは文句なし。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

海賊版サイトは無料ではありません
今やあまりにも正々堂々とした顔で蔓延している違法な動画アップロードサイトは、無料である風に謳っているデザインになっていますが、実際は無料どころかどう考えてもユーザーの利益にならないレベルでの深刻な有害です。陰湿な手段による個人情報盗用や端末負荷ダメージなどその被害額は無視できない莫大さであり、都合がいいようなポジティブな表向きの宣伝文句には騙されてはいけません。「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月21日時点での『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』をさらに知る

世界の映画史を塗り替えたふたりの映画監督、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールの波乱に満ちた友情を解き明かすドキュメンタリー。映画を作り上げた伝説のクリエイター。ヌーヴェルヴァーグを代表するふたりの巨人、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールの友情と決別までの軌跡、そしてふたりの間で翻弄されることになる俳優ジャン=ピエール・レオの運命を振り返る。才能の交流は新しい閃きの始まり。トリュフォーの「大人は判ってくれない」でデビューし、その後ゴダールの作品にも出演していたジャン=ピエール・レオーは、2人の板挟みとなり、どうすることもできないもどかしさを抱えて苦悩する。ヌーヴェルヴァーグとは何だったのかを、貴重なインタビューや資料映像と共に紐解いていく。

★スタッフ
監督:エマニュエル・ローラン
脚本:アントワーヌ・ドゥ・ベック

★キャスト
イジルド・ル・ベスコ、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン・ピエール・レオ

★『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』の評価

IMDbRTMETA
6.7??%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』の感想

●FILMAGA 
この作品を観るとヌーヴェルヴァーグものが観たくなる。そんな鑑賞欲求を刺激されるので、覚悟した方がいいです。それもまた幸せなもので、こんな素晴らしい映画体験をできる世の中にしてくれてありがとうという感じなのですが、当人たちはそんな壮大なビジョンを抱えていたわけでもなく、実はさりげない付き合いや人生の探求を追い求めていただけなのかも。映画史の偉人さえもどこか身近に感じられる素敵なドキュメンタリーでした。
●TOHOシネマズ 
ゴダールとトリュフォーが鮮烈なデビューを飾り、ヌーヴェルバーグの旗手として世界に名を知られた時代からページをさかさまに読んでいくように順に遡り、二人の半生を対比させていき、友情が敵に変わった決裂を描いてラストを二人の子供であるレオで締めるという完成度。自作について語るゴダールとトリュフォーの姿やヌーヴェルバーグの偉大さなど、漠然とした知識をキチンと整理できつつ映像や写真などの資料を見れる意義はじゅうぶんである。
●ユナイテッドシネマ  
五月革命以降映画における姿勢の違いから決定的に仲たがいすることになったゴダールとトリュフォー。ゴダールが政治色を増していくのに対し、それと反発するかのようにトリュフォーは芸術としての映画を追求する。そのどちらも間違っていない。そもそも創作活動に正解はない。だから、その道の分離は必然だったのかもしれない。「ジャンピエールレオの親権を争う両親のようだった」そんな言葉にちょっと家族めいたアットホームさも感じた。