風に濡れた女(2016)

「今晩泊めてもらえない?」女性はそう言った

映画『風に濡れた女』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔な大量の広告はゼロです。
今すぐ『風に濡れた女』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:風に濡れた女 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年12月17日 / 78分 / 制作: / 配給:

塩田明彦監督『風に濡れた女』予告編

(C)2016 日活


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ノイズ無し
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『風に濡れた女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅力にメロメロ!
人間の心の内側に潜む欲望をストレートに描き出した作品はそれだけで思わず注視してしまう魅力があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合はつい人目を気にしてしまうような作品でも問題なし。プライベートな空間で誰にも邪魔されることなく、鑑賞を満喫できます。また、アダルト系の作品を専門に扱っているサービスもあるので併用するのも美味しいです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「美味しい話があるわけない。登録が難しいんだろ」と疑り深い人も拍子抜け。登録は1分以内に完了できると保証します(文字を打つのが下手でない限り)。何も複雑さはありません。「風に濡れた女」もアリ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「風に濡れた女」の再生はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

迷ったときは?
今では新作でも長期間待つことなく比較的早く配信されることも。だったらなおさら試し見したいものです。ところが、ちょっと検索して調べればわかりますがVODは数十のサービスが展開中で細分化しています。これではどれがいいのか素人目には判断不可能です。「風に濡れた女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。手当たり次第に動画を探しまわるのは骨折り損のくたびれ儲け。いい加減に時間を無駄にするのは誰でも嫌な気分になるものです。このページさえあれば最終チェックだけにすぐに完了です。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「塩田明彦」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
今さら何を言っているんだという感じもしますが、映画鑑賞するなら当然本編をフル視聴できないと意味がありません。さすがに半分でも良いです…みたいな人は特殊でしょう。ワクワクのオープニングからフィナーレの余韻に浸れるエンディングまで、全てをしゃぶりつくしてこその鑑賞。フルサイズ、フルタイム、フルクリアの3点が揃ってこそのコンプリートです。VODならばそこも抜かりなし。「風に濡れた女」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「風に濡れた女」は? 混乱しやすい部分なのでサービスごとに整理しましょう。詳細は別のページにまとめているので、詳しく知りたい方はそちらを参考にしてください。ざっくりまとめるなら、見放題系のHuluやNetflixと、個別購入型を含むU-NEXTやdTVでは無料の意味合いが違ってきます。前者であればすぐに好きなだけ全部が無料で見られます。後者では事前の登録時にもらえるポイントの範囲内で動画が見られるので、数に限りのある一部無料と言うべきかもしれません。

表現規制を避けるなら
映画は映像が命。何を伝えるにも真っ先にビジュアルが大きな役割を占めます。すると問題になるのが映像規制。テレビ放送や映画館上映ではレーティングというのがあり、この作品は何歳まではならOKとか、この言葉や演出はアウトなのでカットするなど、自主規制が発生します。しかし、それは本当に制作陣が見せたかったものではないです。VODならばモノにもよりますがかなり独自のクリエイティブ優先主義を貫くサービスもあるので、既存の日本の規制に囚われないフリーダムさがあります。

『風に濡れた女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『風に濡れた女』をさらに知る

日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、気鋭の映画監督たちが新作ロマンポルノを手がける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作。欲望に純粋な女と無欲な男が繰り広げる恋の駆け引きを軽妙なタッチで描き出す。エグゼクティブプロデューサーは田中正、プロデューサーは小室直子、増田真一郎、高橋政彦。過去から逃げるように都会を離れ、山小屋でひっそりと暮らしている高介。ある日、リアカーを引いて海辺を歩いていた彼の横を自転車に乗った若い女・汐里が横切り、そのまま海につっこんでしまう。なんとか命に問題はなかったものの、それであとは無視するわけにもいかない。汐里は高介の前で濡れた肢体をさらけ出し、今晩泊めてほしいと言い寄ってくる。こうなってしまうと別の感情が湧いてくる。生命力と性欲を持て余した汐里との出会いによって、高介は果てしない欲望の渦へと巻き込まれていく。

★スタッフ
監督:塩田明彦(関連作品:『抱きしめたい 真実の物語』)
プロデューサー:小室直子、増田真一郎、高橋政彦
脚本:塩田明彦
撮影:四宮秀俊
音楽:きだしゅんすけ

★キャスト
間宮夕貴、永岡佑、テイ龍進、鈴木美智子、中谷仁美、加藤貴宏、赤木悠真、谷戸亮太、池村匡紀、前田峻輔、大西輝卓

★インタビュー
・間宮夕貴「普通は恥ずかしいからギリギリまで隠していて、撮る段階になってから脱ぐのですが、そうすると現場がピリピリした雰囲気になると思ったので、あえて最初から裸で待機していました。裸で仁王立ちして待っていました(笑)」
・間宮夕貴「序盤シーンで、私が着ていたTシャツの文言“YOU NEED TISSUES FOR YOUR ISSUES(あなたの問題を解消するためにはティッシュが必要です)”がそのまんま下ネタだったんです」

★『風に濡れた女』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『風に濡れた女』の感想

●FILMAGA 
二人が出会う瞬間とか、そこでの二人のやりとりですぐ世界に引き込まれるという、入り口のクオリティが高い。人物の一挙一動が面白い。シチュエーションがいい。褒めるところはたくさんある。そして何よりもエロい。終盤になるにつれ人物のエモーションが高まってゆくことで、頂点に達する二人。冒頭から自転車で海に突っ込むシーンが最高なんだけど、「恋人たちは濡れた」のオマージュらしく、他にもいろいろ隠し要素を探して見るのもいい。
●SHAREVIDEOS  
風に濡れて姿を露にした女。性と食を合わせたような演出も粋。肉体と肉体とがぶつかり合って、お互いをだんだん理解し合うという流れはなんだか動物的というよりは、もっと細胞クラスの反応行動にすら見える。間宮夕貴の野良犬っぷりも最高で、セクシーかつワイルドで魅力的なので目がいってしまう。上半身裸にジーパンのスタイルがそそる。ロマンポルノなのにエロ要素以外が楽しいというのは意外なラッキーポイントでしたが、見事な映像でした。