おくりびと(2008)

世界が拍手をおくった、日本の死生

映画『おくりびと』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔な大量の広告はゼロです。
今すぐ『おくりびと』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:おくりびと / 製作:日本(2008年) / 日本公開:2008年9月13日 / 130分 / 制作: / 配給:松竹

「おくりびと」 予告編

(C)2008映画「おくりびと」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】高品質
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『おくりびと』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及しています!
社会の中で懸命に生きる人々にスポットをあてた丁寧なヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、ウェブサイトにアクセスするだけでOK。初めてであまりこの手のサービスを使ったことがない人でもそこまで難しくはありません。スマホでも見れますが、対応しているテレビであればDVDのように大画面でも鑑賞できます。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「美味しい話があるわけない。登録が難しいんだろ」と疑り深い人も拍子抜け。登録は1分以内に完了できると保証します(文字を打つのが下手でない限り)。何も複雑さはありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「おくりびと」の再生はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル動画で提供されることはDVD以上に普及しつつあり、VODはそのメインマーケットでもあります。ところが、ちょっと検索して調べればわかりますがVODは数十のサービスが展開中で細分化しています。これではどれがいいのか素人目には判断不可能です。「おくりびと」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、これが意外に難しいもので、網羅的にスケジュール化されたものがオープンになっているわけではありません。たいていの場合は「あれ、いつのまに配信が終わっている…」という喪失感に浸る事態になることも。明確に判断しづらいですが、当サイトでは公表されている日時を一覧にまとめたページを用意しています。「おくりびと」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、平等なレコメンドが最重要なポリシーです。他サイトだと「この作品を視聴するならこのサービスです」と特定の名称を挙げて推してくるものもありますが、それはたいていが単なるビジネス的な宣伝に過ぎません。本来はどのサービスが適切なのかはユーザーの皆さん個人で異なるものです。誰にも万能なサービスはありません。単純に「おくりびと」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
映画動画を無料で見たいと考えたとき、真っ先に動画共有サイトで探したりするかもしれません。でもそれはちょっと待ってください。骨折り損のくたびれ儲けのような時間の無駄になります。なにせこういうサイトは不便だらけ。サムネイルでユーザーを釣る悪質なものもありますし、とにかく低品質。動画だってお粗末なものです。不正な動画を通報してもそう簡単には消えにくいので、いつまでも私たちの視界から消滅してくれません。VODはそんな厄介な欠点など微塵もない、「おくりびと」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「おくりびと」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『おくりびと』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『おくりびと』をさらに知る

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。エグゼクティブプロデューサーは間瀬泰宏、プロデューサーは中沢敏明と渡井敏久。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。

★スタッフ
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
撮影:浜田毅
音楽:久石譲

★キャスト
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、橘ゆかり、朱源実、石田太郎、小柳友貴美、岸博之、宮田早苗、大谷亮介、星野光代

★『おくりびと』の評価

IMDbRTMETA
8.179%68
映画comY!FM
??4.273.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『おくりびと』の受賞
第81回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。第32回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞を受賞。

★『おくりびと』の感想

●FILMAGA
この作品を観て、「死生観が変わった」と感じた人が多いそうです。本木雅弘が演じる大悟が就く「納棺師」という仕事は、死者に化粧を施し、あの世に送り出すという特殊なものなんですね。主人公の大悟も初めから「納棺師」だったわけではなく、特殊な仕事に懸命に取り組みながら、彼が成長する姿もまた、この作品の見どころでありましょう。アカデミー賞外国語映画賞を獲得した、偉大な映画。単純に泣けて、心が晴れやかになる良い映画でした。
●無料ホームシアター
これはいつの時代になっても名作であり続けるでしょう。そういう邦画はなかなか巡り合えるものではありません。しかし、ここにあるのですから見逃す理由もありませんよ。お涙頂戴のストーリーだと思っていたが、納棺師の仕事の素晴らしさを伝えるという実に誠意溢れるものです。なので先入観でバカにしているのであれば、ぜひともこの「おくりびと」を真面目に姿勢を正して見てほしい。これは日本のカルチャーが詰まっている自信作だろう。
●DAILYMOTION
監督の技量というか、単純に作品作りが上手くて、作品自体が素晴らしい出来です。しかし、題材というか、見せ方もそうですが、日本人独特の死生観や宗教的意味合い、死に化粧などの独特の儀式…日本人にしか撮れないというか、日本人こそが撮らなければいけない映画だと感じました。亡くなった方の新たな出発のために丁寧に丁寧に仕事をするのが印象的。ご遺体のお手入れをして棺に収める納棺師の話でも、それ以上の深みがありました。
●MOVIX
名作はどれもそうですが、2時間かそこいらの時間で、色々な事を考えさせてくれたり、気付きや発見を残してくれたり、観終わった後に、多少の気持ちの変化を与えてくれる。この作品自体も非常に奥行きがあり、観終わった後に、ホント映画っていいものだな~としみじみと再認識させてくれる素晴らしい名作でした。キャストについては本木雅弘と山崎努は圧巻として、脇役含め全体として上手で、全てのシーンで盛り上がるような魅力があった。