2001年宇宙の旅(1968)

世界を驚愕させた映像とストーリーセンス

映画『2001年宇宙の旅』のフル動画を無料視聴する方法を見つけ次第レコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『2001年宇宙の旅』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:2001: A Space Odyssey(「2001 ア・スペース・オデッセイ」) / アメリカ(1968年) / 日本公開:1968年4月11日 / 140分 / 制作: / 配給:メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

2001 A Space Odyssey Opening in 1080 HD
動画
▼『2001年宇宙の旅』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 完全フル

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『2001年宇宙の旅』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作もズラリと揃っている!
不朽の名作として映画史に残る作品はまだ観ていない人も何度も観たことがある人でも見る価値がある一作です。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみるのもいいです。古い作品でもこのサービスなら画質も問題なく見れます。テレビでもハイクオリティな映像を満喫するも良し、スマホでも身近に持ち歩いてみるも良し。DVDとは遜色のないものなので、今ならデジタルで観る選択肢もじゅうぶんありです。

「無料」を見逃すな!
「有料はやっぱり気が引けるな…」とグチを言うことはしなくても大丈夫。無料のユーザー促進メリットが整備済みです。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、そのコストを一定期間に限ってなかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「無料の映画動画が手に入るなんて信じられない!」それは普段からその手のフィッシング広告に見慣れてしまったせいでしょうが大丈夫。公式も自認する確かな無料試用は嘘でも誇大表現でもないです。スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」もアリ。

動画に誘われて危険までついてくる?!
なお、巷に溢れる何が起きるのかも予測できないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでケア・デュリア出演の「2001年宇宙の旅」の鑑賞はダメです。問題点は常にあちこちに潜んでいます。例えばよくネット上に散乱するリーチサイトの中には有害サイトへのリンクを張っているものも多々あります。それは無料と偽り、詐欺的な広告をクリックさせようと狙ったり、不利益しかありません。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。ウイルス対策ソフトにはそれぞれの効果がありますが、動画コンテンツリスクに関する防御能力はそこまで高くないので、油断しているとあっという間にやられてしまいます。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。ゲイリー・ロックウッド出演の「2001年宇宙の旅」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。一番に考えているものがスピード重視ならマストで役立ちます。類似サイトの模倣でも量産型でもありません。フルムビバースほどの対応サービス数はなかなかなく、更新頻度もこまめな努力で維持しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。どれくらいの古さならいいのかはそれぞれの国で違うこともありますし、作品によっておかれている状態も異なるので個々の判断が必要になります。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全なウィリアム・シルベスター出演の「2001年宇宙の旅」動画体験をするには大事な覚えておくべき鉄板の基礎ルールです。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「2001年宇宙の旅」の動画を楽しみましょう。ウルトラ級なクオリティで視聴すると相当に圧倒されることになるでしょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。ダニエル・リクター出演の歴史に残るSF傑作「2001年宇宙の旅」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『2001年宇宙の旅』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『2001年宇宙の旅』をさらに知る

スタンリー・キューブリック監督と原作者アーサ・C・クラークによる、映画史を代表する不朽の名作SF。『2001年宇宙の旅』の美術はトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャー。月に人が住むようになった時代。月のクレーターの地中からの謎の石碑が発掘され、宇宙評議会のフロイド博士が調査に向かう。それから18カ月後、最新型人工知能「HAL(ハル)9000型コンピュータ」を搭載した宇宙船ディスカバリー号は、デビッド・ボウマン船長、フランク・プールら5人のクルーを乗せて木星探査に向けて航行していた。その旅は、世界の大きな秘密を明らかにすることにつながると信じて。しかし、その途上でHALが探査計画に対して疑問を抱いていることを打ち明ける。なぜそんなことを思ったのか。ボウマンとプールはHALの不調を疑い、いざというときはHALの回路を切断することを決めるが、それを知ったHALは予想外の反乱を起こす。

★『2001年宇宙の旅』のスタッフ


監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク
撮影:ジェフリー・アンスワース、ジョン・アルコット
音楽:アラム・ハチャトゥリアン、ジェルジ・リゲティ、ヨハン・シュトラウス、リヒャルト・シュトラウス

★『2001年宇宙の旅』のキャスト


ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスター、ダニエル・リクター、レナード・ロシター、マーガレット・タイザック

★『2001年宇宙の旅』の評価

IMDbRTMETA
8.393%??
映画comY!FM
3.93.983.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『2001年宇宙の旅』の受賞


第41回アカデミー賞で特殊視覚効果賞を受賞。

★『2001年宇宙の旅』の感想

●『2001年宇宙の旅』TOHOシネマズ  
名作や傑作と呼ばれる映画は数多く登場しても、この「2001年宇宙の旅」のような映画史のなかである種の別次元の扉を切り開いた作品は後にも先にもそうそうないだろう。その点では新天地開拓映画だった。当然、CGなどはない。それでも演出の力でどこまで見せられるかをはっきり示した力強い作品だった。ストーリーの説明的要素を極力省き、映像だけで見せるという、映画の原点を思い出させるようなセンスは、たびたび見返したくなる。それは映画の本質を想起させる効果があるからであり、エンタメに走りすぎている昨今の映画への警鐘にもなる。
●『2001年宇宙の旅』109シネマズ  
この時代にこれだけのものを予想し、映画にした彼は天才としか言いようがない。キューブリックも「永遠無限な宇宙では何でもあり得る」と言っているが、まだ宇宙が未開の場所で科学の力さえ及ばない時代だったからこその作品だったのだろう。言葉に頼らず視覚と音楽でここまで表現できるのはスタンリーキューブリックの画期的な演習と数年にも及ぶ撮影期間の賜物。全く古くならない美しさや前衛性が素晴らしく、この作品自体がモノリスのような荘厳さを持っている。