ワイルド わたしの中の獣

女性とオオカミの禁断の関係はどこまで続く

映画『ワイルド わたしの中の獣』のフル動画を無料視聴する方法を適正ベースでレコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『ワイルド わたしの中の獣』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Wild / 製作:ドイツ(2016年) / 日本公開:2016年12月24日 / 97分 / 制作: / 配給:ファインフィルムズ

オオカミを愛する女性…映画『ワイルド わたしの中の獣』予告編

(C)2014 Heimatfilm GmbH + Co KG


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】マルチ対応
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ワイルド わたしの中の獣』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及度はぐんぐんアップ!
独創的な設定観客の度肝を抜く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなユニークな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これは2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、見たい作品数が少ないならこれがベストです。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるので、たくさん見たい人向け。どちらかはよく確認しましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
粛々と使い始めようとするならその勢いを削ぐつもりはないですが「ちょっと待った」です。まずはあなたが初回の無料トライアル適用可能かを調べましょう。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「本当に無料で動画が見られるの?」「きっと何かの条件を付与してくるのでは?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。「ワイルド わたしの中の獣」もアリ。

それは損害でしかなく…
なお、巷に溢れる有害性を全開にするイリーガルな動画サイトとはバッサリ縁を切りましょう。それで「ワイルド わたしの中の獣」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、しかも何かこちらからの動作に反応してドンドン広告を展開し、映像妨害ばかりをしてきてまともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。しかし、そう単純にはいかせないのが、VODを展開する企業の多さであり、加えて配信作品の状態も毎日変化するという、一筋縄ではいかない複雑さです。「ワイルド わたしの中の獣」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。掲載情報がいつまでも変わらない、本当に古いままに価値のなくなった化石のような古時代の一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。初体験になるVODを見つけられたら、それは絶好のビックチャンスであり、ルーレットのぞろ目のようなもの。あなたの退屈な日常にクリティカル・ヒット。これからはバラ色の映画生活が広がっていきます。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

パスワードは大事
バリエーションが売りとなるVODはとても魅力的。利用者も老若男女さまざまで、そのユーザー数も桁外れ。でも「何からすればいいの?」とオロオロしている人はいるでしょう。まずはアカウント作成が必要です。メールアドレスさえあれば簡単にできます。気をつけたいのはパスワード。安易に他サービスでも使ったパスを流用しないでください。リスト攻撃という種類の不正アタックで、大事なアカウントが乗っ取りの被害に遭う危険性があります。安全な「ワイルド わたしの中の獣」動画体験をするには絶対に覚えておきたい大事な基礎ルールです。

表現規制を避けるなら
映画は映像が命。何を伝えるにも真っ先にビジュアルが大きな役割を占めます。すると問題になるのが映像規制。テレビ放送や映画館上映ではレーティングというのがあり、この作品は何歳まではならOKとか、この言葉や演出はアウトなのでカットするなど、それぞれの法規制や若年者への規制を含めた業界自主規制が発生します。しかし、それは本当に制作陣が見せたかったものではないです。意味は分かりますが、その規制を受ける必要はない視聴者もいます。VODならばモノにもよりますがかなり独自のクリエイティブ優先主義を貫くサービスもあるので、比較的という話ではありますが、既存の日本の規制に囚われないフリーダムさがあります。「ワイルド わたしの中の獣」も規制なしでどうぞ。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「ワイルド わたしの中の獣」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にその意味を噛みしめることのできる価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ワイルド わたしの中の獣』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月21日時点での『ワイルド わたしの中の獣』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ワイルド わたしの中の獣』をさらに知る

オオカミに恋愛感情を抱き、野性化していく女性の倒錯した愛を描いたドイツ映画。どうしても惹かれてしまうものがある。職場と自宅を往復する単調な日々を送るアニアの視界に飛び込んできた一匹のオオカミ。自宅マンションの前に広がる森に暮らす「彼」の持つ野性に心を奪われたアニアは、次第にオオカミに執着し、あらゆる手段を尽くし、自宅マンションに連れ込むことに成功する。それでも相手はオオカミなので一筋縄ではいかない。部屋の中で暴れるオオカミには命の危険を感じながら、オオカミと心を通わせるアニアは、まるで恋人同士のように「彼」と接し、いつしかその人ではない独特の野性の空気に取り込まれるようになる。人間離れした常軌を逸した行動を取るようになる彼女はどんどん暴走していき、周囲は戸惑いを覚えるようになる。

★スタッフ
監督:ニコレッテ・クレビッツ
脚本:ニコレッテ・クレビッツ

★キャスト
リリト・シュタンゲンベルク、ゲオルク・フリードリヒ、サスキア・ローゼンタール

★インタビュー
・ニコレッテ・クレビッツ監督「物語は自分自身の夢から思いつきました。怖い夢でしたが、そこに“オオカミ”がいたのです。また、丁度その頃、オオカミがポーランドの国境を越えてドイツに来ているというニュースがあって、それらが骨格となりました」
・ニコレッテ・クレビッツ監督「オオカミと上手く撮影する秘訣は、オオカミをそこそこお腹いっぱいにしておくことです(笑)。舐めるという動作ではフォアグラを利用したり、後を付いていくシーンではポケットに肉片を忍ばせて少しずつ落としていったりしました。基本的にエサにつられればなんでもやりますね」

★『ワイルド わたしの中の獣』の評価

IMDbRTMETA
6.543%??
映画comY!FM
?????3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ワイルド わたしの中の獣』の感想

●シネマトゥデイ  
予想していたより過激なシーンは少なく、それでも時折ドカンとぶちこまれるインパクトにやられる。まず普通にリアルなオオカミがとことこ歩いているのも凄い。調教されているとはいえ、相手は犬ではないので、いつ何時野生に目覚めるかもわからないのに。その映像だけでも眺める価値ありだ。主人公の突拍子もない行動や展開に戸惑うも最終的にはいわば世間の社会的抑圧から解放を求めているという意味ではよくあるテーマであったといえる。
●VUDU  
ドイツの変態監督が新しい方向の純愛を描きました。ヨーロッパ映画はときおりこうやって鋭い刃物をクリティカルポイントに投げ付けてくるから怖い。身なりが汚くなっていく主人公にもかかわらず、なぜか自由な生き方を見出していくという解放感。いわゆる変な異種恋愛ものではなく、あくまで社会風刺映画になっているのが重要な部分だ。ようやっと自分が自分らしく幸せに生きる在り方を確信したラストとして私は解釈しておきましたが…。