アイズ ワイド シャット

スタンリー・キューブリックが最後に残した一作

映画『アイズ ワイド シャット』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『アイズ ワイド シャット』を見るなら動画リンクをチェック。

巨匠スタンリー・キューブリックの遺作となった、ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したドラマ。エクゼクティブ・プロデューサーはヤン・ハーラン。クリスマス前後のニューヨーク。ウィリアムとアリスは結婚して9年目。7歳になる娘ヘレナをもうけ、瀟洒なアパートメントに暮らしている。その生活には他者から見れば何も不満の欠片もないように思える。その晩、ウィリアムの知人であるヴィクターのパーティに出かけ、ウィリアムはふたりのモデルから誘惑されるが、そこにあるのは転落だった。ヴィクターから呼び出され、マンディというへロイン中毒になった娼婦の治療を頼まれる。

原題:Eyes Wide Shut(「アイズ・ワイド・シャット」) / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開:1999年7月31日 / 159分 / 制作:Pole Star / 配給:ワーナー・ブラザース

Eyes Wide Shut – Official Trailer [1999] HD

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アイズ ワイド シャット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

支持されるには理由がある!
人間の心の内側に潜む欲望をストレートに描き出した作品はそれだけで思わず魅入ってしまう面白さがあります。そんな想像力をかきたてられる映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。このサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、あまり見たい作品が少ない時に良いです。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が山ほど見れて便利です。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは決められたタイムの間(初回登録時に限る)、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、簡易的な言い方をすれば無料ホームシアターのネット版です。「どうせ素人には全然扱えないんじゃないの?」なんて怖がらず、リラックスしてください。どちらかといえば、普段はネット系のサービスに慣れていないお年寄りにさえもラクラク利用できるほどです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アイズ ワイド シャット」の視聴はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「アイズ ワイド シャット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。リーチサイトは特定の誘導だけを目的としたものであり、中には悪質な場合もありますが、フルムビバースは異なります。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。「アイズ ワイド シャット」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

表現規制を避けるなら
映画は映像が命。何を伝えるにも真っ先にビジュアルが大きな役割を占めます。すると問題になるのが映像規制。テレビ放送や映画館上映ではレーティングというのがあり、この作品は何歳まではならOKとか、この言葉や演出はアウトなのでカットするなど、自主規制が発生します。しかし、それは本当に制作陣が見せたかったものではないです。VODならばモノにもよりますがかなり独自のクリエイティブ優先主義を貫くサービスもあるので、既存の日本の規制に囚われないフリーダムさがあります。「アイズ ワイド シャット」も規制なしでどうぞ。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「トム・クルーズ」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『アイズ ワイド シャット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アイズ ワイド シャット』をさらに知る

★スタッフ
監督:スタンリー・キューブリック(関連作品:『フルメタル・ジャケット』)
脚本:スタンリー・キューブリック、フレデリック・ラファエル
撮影:ラリー・スミス
音楽:ジョスリン・プーク

★キャスト
トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック、マリー・リチャードソン、ラデ・シェルベッジア、アラン・カミング、マディソン・エジントン、トーマス・ギブソン、トッド・フィールド、リーリー・ソビエスキー、ヴィネッサ・ショウ

★『アイズ ワイド シャット』の評価

IMDbRTMETA
7.474%??
映画comY!FM
??3.493.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アイズ ワイド シャット』の感想

●映画無料夢心地 
キューブリックはなぜ天才なのかなんて私には考える脳みそはないけどこの作品がとんでもない名作なのは理解できる。意味深なシーンが多いので、彼の作品の中でも最も難解と言われるがキューブリック作はいつも何かしらの隠喩を含み表面ではわかりえない内容が込められているので毎度のことなのかもしれません。一番、好きなシーンは、あの仮面集団のパーティー。本当に気味が悪いからこそゾッとする。人間の歪みがねっとりとでていました。
●ユナイテッドシネマ 
トム・クルーズはこの作品に出演したことをどう思っているのだろうか。カルト宗教にハマっていた彼であれば、何を考えているかも掴めませんが。頭に焼きつくあのピアノの旋律。目を開いて閉じることはできるのかは不明だが音は嫌でも耳に入ってくる。監督らしい不思議な感覚で取り憑かれてしまうような感覚になるのも無理はない。トム・クルーズではないけれど私もまたこの映画のカルトな雰囲気にハマって抜け出せなくなっているのです。
●DAILYMOTION 
男と女の虚像を暴き出す巨匠の最期のモンスター。「妻は自分に一途だ。そもそも女性は目の前の欲望や誘惑とりわけ性欲に溺れることはない。他の男は欲望に飲まれることはあるが自分は妻のために耐えられる、溺れることなどない」この男にありがちな勘違い的な自惚れが、夫婦という関係性を存在させているのならなんて皮肉なのか。ラストの「私たちにとって大事なことを今すぐにやらなきゃいけない」というくだり含めてこれは夢なのかも。