煽情 / Amer(2009)

約50の国際映画祭に出品され、批評家を魅了

映画『煽情 Amer』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『煽情 Amer』を見るなら動画リンクをチェック。

アナの少女期、娘盛り、熟女期と、3つのパートで女性の欲望と肉体への探求心を皮膚感覚で、女性が感じ得る恍惚と恐怖を世代ごとに描いたエロティック・サスペンス。人間の感情が生み出すあらゆる思考と欲望が体を駆け回る。少女時代のアナは、静まり返った邸宅で喪服の女に襲われたり、祖父の遺体が甦る妄想に怯える。娘へと成長したアナ。眩い若さが男たちの視線を引きつけ、母親は嫉妬の眼差しを向ける。常に誰かに振り回され、注目される日々も過ぎ去る。熟女になったアナが子ども時代の悪夢と決着をつけるために荒れ果てた邸宅に戻るが、夜闇の中、黒手袋の男がナイフを手に迫ってくる…。

原題:AMER / 製作:ベルギー・フランス(2009年) / 日本公開:2013年2月(DVDスルー) / 90分 / 制作: / 配給:オンリー・ハーツ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『煽情』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及拡散中!
人間の内に潜む喜怒哀楽や欲望を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、メリットも多いです。とくにレンタル店でDVDを借りる場合は、なにかと面倒な作業も多いですが、これなら瞬時に視聴に移れます。動画を鑑賞するためのサポートも充実しており、スマホからパソコン、テレビまで自由自在です。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「無料はいいけど、その途中で退会すると?」そんな謎も解決。とくにどうにもなりません。何もペナルティはありません。そのままアカウント削除もできますし、あとでやっぱりまた利用も可です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「煽情」の鑑賞はダメです。そもそも、現在ではブラックなサイトに触れることせずとも、正規のクリーンなサイトが続々と誕生中。デメリットは皆無で視聴機能も完璧に整っています。悪質な広告画像に妨害されることから卒業して危険な方法とは一切手を切りましょう。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。ただしという嫌な追加分を書かないといけませんが、注意点がないわけではありません。最適な配信サービスはどれ?という解析が多少は必要になってくるのです。「煽情」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースが類似サイトと決定的に違う部分は、取り扱っているVODの多さ。十数種類のサービスが揃っています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わないで映画を無料で見るなんて、どうせ全部アウトな方法だろうと思ってしまいますが、唯一、合法的な手段があります。それはかなり作品が限定的なので汎用性はありませんが、覚えておいて損はありません。その方法とはパブリックドメイン。これは知的財産権が生じていないor消滅した作品のことで、つまり平たく言えば著作権切れの状態です。これに該当するならば当然ネット上にアップロードしても問題ないために、アーカイブサイトでフル動画が存在したりもします。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて無反応で思っていたとおりにならない! このようなエラー状態になっていませんか? それはサイトに表示される広告をブロックするツールのトラブルかもしれません。ネット閲覧で邪魔になる大量の広告画像を消すために、広告非表示を求めるユーザーの間で支持されていますが、思わぬ障害の原因になることも。「煽情」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
映画動画を無料で見たいと考えたとき、真っ先に動画共有サイトで探したりするかもしれません。でもそれはちょっと待ってください。骨折り損のくたびれ儲けのような時間の無駄になります。なにせこういうサイトは不便だらけ。サムネイルでユーザーを釣る悪質なものもありますし、とにかく低品質。動画だってお粗末なものです。不正な動画を通報してもそう簡単には消えにくいので、いつまでも私たちの視界から消滅してくれません。VODはそんな厄介な欠点など微塵もない、「煽情」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。

『煽情』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『煽情』をさらに知る

★スタッフ
監督:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルツァーニ
脚本:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルツァーニ
撮影:マニュエル・ダコス

★キャスト
カサンドラ・フォレ、シャルロット・ウージェヌ=ギボー、マリー・ボス

★『煽情』の評価

IMDbRTMETA
6.379%??
映画comY!FM
?????2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『煽情』の感想

●FILMAGA 
これは人によってどストライクにハマる、とんでもない魅力を内包した恐ろしい映画です。セリフほとんど無しで映像でガンガン見せてきますが、いわゆるアート系とも言えなくないですがこの言葉では一切説明できない感じはなんと形容すればいいのですかね。闇夜に光る苦い刃先、煽られ湧きでるエロティシズム。ストーリーも台詞も棄てて徹底した、スカートはためく悪夢のような描写の連なり、革がしなる音、危ない艶。全てが甘美で最高です。
●シネマトゥデイ 
タランティーノが2010年のベスト20に選んだらしいエロ・サスペンス映画。確かに好きそうではある。はっきり言って普通という言葉からは相当かけ離れている。映画といえるかも怪しい。映画を見ていてここまで生々しい感覚がこちらまで伝わってくるのは初めてかもしれません。終始流れる不気味な緊張感。ラストのシーンは予想を超えて軽くトラウマですね…。体感映像美の極致!とはほんとうにこれのこと。味わいつくすといいです。
●VUDU
映画を見ていてここまで生々しい感覚がこちらまで伝わってくるのは初めてかもしれませんと思わせるほどの魅了される映像でした。情報としての量は少ないし、日常的ですらあるのに、しっかり画面から目が離せなくなってしまうのですから。映画というナイフで感情を切り刻まれて、机に綺麗に並べているような、やりたいようにされまくっている気持ちになってきます。しかし、苦しい痛みはなくてどこか快感でもあるのですから不思議なもの。
●SHAREVIDEOS
エレーヌ・カッテとブルーノ・フォルツァーニのコンビ監督もここまでの独創性が引き出せるとは。煽情というシンプルなタイトルも頷ける。これはこれで味のある一作じゃないですか。画面に舐められるような感覚とでもいえばいいか、なんともくすぐったいべたつき感。官能という言葉で表現していいのか、それは定かではないですが、セクシャルではないのです。やはり文学的なニュアンスさえあるので、官能がぴったりなのでしょうか。