愛∞コンタクト(2016)

いろいろな愛の形がそこにある

映画『愛∞コンタクト』のフル動画を無料視聴する方法を大胆明瞭にレコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『愛∞コンタクト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:愛∞コンタクト / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年11月5日 / 102分 / 制作: / 配給:

映画『愛∞コンタクト』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】高品質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『愛∞コンタクト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者にこそ推薦できます
人間の心の内側に秘められた欲望をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな興味深い映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信という特性を活かして、人目を気にしてしまうようなタイトルや内容でも問題なく視聴可能。レンタル店ではこうはいきません。プライベートな空間で誰にも邪魔されない鑑賞をお約束します。アダルト系の作品を専門に扱っているサービスもあるので併用もオススメです。

「無料」は全て初心者のため!
初トライするなら無料お試しを無視はできないでしょう。アダルトな作品でもそれは例外ではありません。これを使わずしてVODの真価を計るなど言語道断です。これは決められたタイムの間(初回登録時に限る)、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、簡易的な言い方をすればどこまでも整備が整っている無料ホームシアターのネット版です。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」「きっと1分2分で終わってしまうのではないか」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。「愛∞コンタクト」もアリ。

それは信頼できない動画です!
違法な動画サイト等にはわかっているかもしれないですがじゅうぶんに気を付けてください。それで「愛∞コンタクト」の再生はダメです。問題点は常にあちこちに潜んでいます。例えばよくネット上に散乱するリーチサイトの中には有害サイトへのリンクを張っているものも多々あります。それは無料と偽り、アダルトな意欲を上手く刺激して誘導しながら、詐欺的な広告をクリックさせようと狙ったり、不利益しかありません。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。ところが、ちょっと検索して調べればわかりますがVODは数十のサービスが展開中で細分化しています。これでは自分の目だけでの理解が追い付かないことになり、どれがいいのか素人目には判断不可能です。「愛∞コンタクト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、その気持ちを気にすることはなく、向こうのサービス側は当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する時に「それは簡単なのかな?」と不安を持つかもしれません。でも安心。基本的な流れはこのとおり。まずはEメールアドレスを入力。普段使っているものでも、新しく作ったものでも良いです。次にパスワード。使い回しは厳禁。続いて、名前と生年月日。正確に嘘偽りなく答えましょう。そして必須になってくるお支払方法です。無料お試しでもこの支払い情報は個人確認のためにも必要になってきます。その後は「利用規約およびプライバシーポリシーに関する声明に同意する」にチェックを忘れないようにして、全行程がきっちりクリアです。あとは「愛∞コンタクト」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、平等なレコメンドが最重要なポリシーです。他サイトだと「この作品を視聴するならこのサービスです」と特定の名称を挙げて推してくるものもありますが、それはたいていが単なるビジネス的な宣伝に過ぎません。それは全くのアンフェアなものであり、ちょっとユーザーの意思を無視しすぎています。本来はどのサービスが適切なのかはユーザーの皆さん個人で異なるものです。誰にも万能なサービスはありません。単純に「愛∞コンタクト」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会い(これはアダルティックな意味ではなく)を届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
映画動画を無料で見たいと考えたとき、真っ先に動画共有サイトで探したりするかもしれません。でもそれはちょっと待ってください。骨折り損のくたびれ儲けのような時間の無駄になります。なにせこういうサイトは不便だらけ。サムネイルでユーザーを釣る悪質なものもありますし、とにかく低品質。動画だってお粗末なものです。不正な動画を通報してもそう簡単には消えにくいので、いつまでも私たちの視界から消滅してくれません。VODはそんな厄介な欠点など微塵もない、「愛∞コンタクト」に最適のベストな快感を約束する優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。「愛∞コンタクト」も無規制で。

『愛∞コンタクト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月21日時点での『愛∞コンタクト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『愛∞コンタクト』をさらに知る

アダルトビデオ界の巨匠・代々木忠による原作を、2人の新鋭女性監督の手により映画化し、自分と向き合うことができない現代女性の愛のかたちを描いたオムニバス。プロデューサーは柴田愛之助。原作は、代々木がAVの撮影現場で出会ったいろいろな事情を持つ女性たちの愛や性にまつわる悩みを知り、恋愛ができない男女が増える現代社会を独自の視点で整理しながらつづった「つながる セックスが愛に変わるために」。3編のショートストーリーが展開して今の男女をあぶりだす。メガホンを取るのは、『桃まつりpresents なみだ/MAGMA』の渡辺あい、『先生、おなか痛いです』などの深井朝子。元アイドリング!!!の長谷川るみ、『結び目』などの広澤草、『武蔵野線の姉妹』などの加藤夏希とバラエティーに富んだ顔ぶれが各話のヒロインを好演する。助監督は飯山りか、能登秀美、芦野広忠、地良田浩之。ラジオ番組に出演していた研究者・森本の言葉に不思議と興味を覚え、思い切って彼に会いに向かった泉。対する森本は、そんな彼女の体から強い電流が発せられていることにこちらも好奇心をくすぐられ興味を覚える。

★スタッフ
監督:渡辺あい、深井朝子
脚本:渡辺あい、深井朝子
撮影:関将史、山田達也、早坂伸
音楽:長嶌寛幸、メカ・エルビス

★キャスト
長谷川るみ、加藤夏希、広澤草、浜田学、真山明大、中原翔子、諏訪太朗、寺島進

★『愛∞コンタクト』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『愛∞コンタクト』の感想

●映画無料夢心地
各作品とも、人と人が「つながる」ことの葛藤にきちんと向き合った快作でした。これだけだと、何か蘊蓄臭い映画のように思われるかもしれませんが、短い尺の中で共感できるツボを押さえた演出で、終幕ではカタルシスを感じられる人間賛歌に仕上がっていると感じました。なっきーの演技も、ザ・主演女優という感じで、これまでのキャリアの集大成といえる出来だと思いましたね。
●FILMAGA
メジャーな作品では観られないような寺島進さんの「美しい」演技も心に残りました。日本の女性映画人のレベルがここまで来ているという意味でも括目です。その場にいる誰もが、固唾を呑んで見守らざるを得なくなる、不思議で美しい何かが目の前で展開する瞬間のことを。わたし個人は、この作品のストレートなメッセージの伝え方がいちばん気に入った。愛について真っすぐに表現しきるその姿勢には感服です。
●TOHOシネマズ 
このオムニバス作品は女優さんたちがみな魅力的で、演技が素晴らしいのは間違いない。脚本・演出も、とても高いレベルで練り込んである。それは原作を未読の人にも充分伝わると思う。最後の「LOVE REVOLUTIONS」は、アクション映画の話のように演出されてはいるが、実際には代々木忠監督と縁の深い別の映像ジャンルの現場でたまに起きる、奇跡のような何かについてのエピソードになっている。