トランスフォーマー リベンジ

「トランスフォーマー」シリーズ第2作

映画『トランスフォーマー リベンジ』のフル動画を無料視聴する方法を網羅的にレコメンドしています! ランキングサイトへの誘導はありません。
今すぐ『トランスフォーマー リベンジ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Transformers: Revenge of the Fallen(「トランスフォーマー2」) / アメリカ(2009年) / 日本公開:2009年6月20日 / 150分 / 制作:Di Bonaventura Pictures / 配給:パラマウント映画 / 製作費:2億ドル / 興行収入:8億3600万ドル / 前作:『トランスフォーマー』 / 次作:『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー/リベンジ – 予告編

(C)2008 DreamWorks LLC and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

動画
▼『トランスフォーマー リベンジ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2【Huluで動画を見る 完全フル

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

-
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『トランスフォーマー リベンジ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

今日から飽きさせない!
ド派手な映像で観客の目を楽しませてくれる映画はエンターテインメント性満点で最高に愉快です。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも便利なポイントも多数。シリーズものにも強く、レンタル店では一作ごとに探すのが大変ですが、このサービスなら一気見も簡単。一挙配信している機会もあるので見逃せません。

「無料」を嫌う人はいない!
いきなり有料になることを警戒しなくてもOK。まずは初回無料で入念に自分にちょうど適正かを体験確認できます。わかりにくいのですが、具体的には登録日から1か月など特定期間に限ってサービスを無料で試せるものです(どれくらいの期間かは各社のサービスで異なります)。「登録自体の難しさに不安が残る…」「初心者ブレイカーになるような怖いことだらけのいばらの道になるのでは?」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。マイケル・ベイ監督の大人気シリーズ「トランスフォーマー リベンジ」もアリ。

動画は信頼を最優先で!
不正な動画ウェブサイトはどういう説明があろうとも適法性・実用性の二点で非推奨。それでシャイア・ラブーフ出演の大迫力映像が売りの「トランスフォーマー リベンジ」の視聴はダメです。そもそも、現在ではブラックなサイトに触れることせずとも、正規のクリーンなサイトが続々と誕生中。デメリットは皆無で視聴機能も完璧に整っています。悪質な広告画像に妨害されることから卒業して危険な方法とは一切手を切りましょう。警告を無視するのは最後は自分の損失に発展します。100%セーフティなシネマ動画の世界が最も快適で落ち着くでしょう。

あなたの選択は自由!
たいていはディスク販売よりも1か月程度早く始まるデジタル媒体での各配信の開幕。こうなればVODにも期待大です。しかし、困惑を生み出す厄介さもあって、それが配信の流動的変化。1日単位で変化してしまうのです。さすがに全部がガラッと変わることはないですが、消える作品もあります。ミーガン・フォックス出演のファンも特大な「トランスフォーマー リベンジ」を視聴できるVODはどれなのか自分で回答を見つけるべく気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。スピード重視ならマストで役立ちます。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。ほとんどの場合は配信作品の確認は公式サイト内でも可能ですが、いちいちタイトルを入力するのも面倒でしょうし、ここで一括確認して絞るのも良しです。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画は邦画とは違う雰囲気を楽しめるのが醍醐味ですが、「字幕」にするか「吹き替え」にするかというのは考えないといけません。動画配信サービスはそのまま再生するとデフォルトの翻訳スタイルになりますが、しっかり選択できます。再生画面内の下部にある設定をチェック。場合によっては片方しかないときもありますし、常に選択肢が豊富というわけではないですが、個々のサービスによっては充実した外国語翻訳があなたを待っていることもあるのです。「トランスフォーマー リベンジ」のまだ見ぬ面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、批判を真っ先に受けがちなサービス側の問題というよりは、ユーザーの周辺を取り巻いているいろいろな通信環境の影響も大きいです。ジョシュ・デュアメル出演の「トランスフォーマー リベンジ」の動画が再生ボタンを押してもカクついて話にならない、ロードを示すマークが消えない、そういう状況に陥るのはネット環境の悪さのせいかもしれません。通信状態の低さを示す案内がでる場合もあります。まずは通信速度を計測してみましょう。検索すればその手のサイトはすぐに見つかります。ネット上でサクッと無料で判明します。そこから改善の必要があるかの材料にしていくのです。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「トランスフォーマー リベンジ」の動画を自分自身で精一杯楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。タイリース・ギブソン出演の「トランスフォーマー リベンジ」も最高級に。当然サンタクロースのプレゼントのように夢心地のうちに手に入るものではありません。それなりの設備投資が必要になります。詳しくは家電屋さんか、解説サイトを参照すべきですが、ひとつ言えるのは最初はお高くても達成感は格別ということ。

『トランスフォーマー リベンジ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月24日時点での『トランスフォーマー リベンジ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『トランスフォーマー リベンジ』をさらに知る

2007年に大ヒットを記録したSFアクション大作「トランスフォーマー」の続編。『トランスフォーマー リベンジ』の製作はドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、イアン・ブライス。正義のトランスフォーマー“オートボット”との戦いに敗れた悪の“ディセプティコン”が、合体トランスフォーマーのデバステイターや、メガトロン以上に凶悪なフォールンら、新たな仲間を引き連れて、リベンジを狙う。再び地球を襲ってきたことでさらなる危機に陥る中、戦いを巻き起こした者に勝てる存在はいるのだろうか。

★『トランスフォーマー リベンジ』のスタッフ
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー、ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン
撮影:ベン・セレシン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

★『トランスフォーマー リベンジ』のキャスト
シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、レイン・ウィルソン、イザベル・ルーカス、アメリカ・オリーヴォ、マシュー・マースデン、サマンサ・スミス、グレン・モーシャワー、ケヴィン・ダン、ジュリー・ホワイト、ジャレブ・ドープレイズ、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー

★『トランスフォーマー リベンジ』の評価

IMDbRTMETA
6.019%35
映画comY!FM
3.63.693.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『トランスフォーマー リベンジ』の感想

●『トランスフォーマー リベンジ』FILMAGA 
シリーズの第2作目。1作目も相当派手だったが、続編はもっと凄い。前作で地球にとどまることになったオプティマス率いるオートボットたち個性豊かな面々が、またしてもやって来る強大な敵に人類と共に立ち向かう!という王道展開。大学生になった主人公サムのキャンパスライフを並行させた、アメリカ的な学生ストーリーにロボットを混ぜ合わせる。この暴挙がこの2作目の特徴。学生版中二病みたいなものである。アメリカらしいといえばそうだが。
●『トランスフォーマー リベンジ』DAILYMOTION 
マイケル・ベイが1作目を大当たりさせてやりたい放題させてきた2作目。この流れは「バッドボーイズ」でもあった。そういえば「バッドボーイズ」のポスターに落書きしちゃうシーンもありましたね。ゴールデンラズベリー賞最低作品賞、最低監督賞、最低脚本賞を揃って受賞しているけれど、そんなの気にもしないのがマイケル・ベイ。今回はバンブルビーよりもオプティマスプライムが目立っているのはちょっと残念。ピラミッドには笑いました。
●『トランスフォーマー リベンジ』イオンシネマ 
ミーガンフォックスという恋人がいるだけで勝ち組なのに、この大学生、オートボットにまで好かれる。男子の理想を全て手に入れた男といっていい。ロボのデザインがどんどんゴチャゴチャしていき、どうだ最新のCG技術は!凄いだろ!と言わんばかりの盛大な変身シーン、そして爆発。悔しいけど、このシリーズでCGの技術屋は仕事を得て、テクノロジーの進化もできたのだろうし、映画界への貢献度でいえばバカにできないほど凄い実績があるのだよね。