キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

ディカプリオがトム・ハンクスと追いかけっこ

映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のフル動画を無料視聴するベストな方法をレコメンドしています! 無意味なサイトへの強引な誘導はありません。
今すぐ『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Catch Me If You Can(「キャッチミーイフユーキャン」) / アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年3月21日 / 141分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 製作費:5200万ドル / 興行収入:

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン – 予告編
動画
▼『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震わす動画に出会える!
社会の中で苦悩や葛藤を抱えながら生きる人々にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりもメリットもたくさん。例えば、視聴メディアを自由に選べるので、状況によってスマホ、タブレット、パソコン、テレビと使い分けることもできます。その時々でぴったりの鑑賞体験を楽しみましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」「それは一部の抽選みたいなものではないの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。スティーブン・スピルバーグ監督の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」もアリ。

ダメな理由は確かにある!
なお、巷に溢れるじっくりと向き合えば怖さがわかるイリーガルな動画サイトとはバッサリ縁を切りましょう。それでレオナルド・ディカプリオ出演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

これに決めた!
「最初はそこまで考えていなかったのに不思議と映画を観たい欲が沸いてきた!」それも納得の訴求力がVODにはあります。ところが、ちょっと検索して調べればわかりますがVODは数十のサービスが展開中で細分化しています。これではどれがいいのか素人目には判断不可能です。トム・ハンクス出演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を視聴できるVODはどれなのかそういう関心ごとを持ってはいつつも気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。スピード重視ならマストで役立ちます。リーチサイトは特定の誘導だけを目的としたものであり、中には悪質な場合もありますが、フルムビバースは異なります。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は初めての問題がたくさんありがちですが再生機器の条件を満たす必要が「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でもあります。テレビを考えているなら、対応しているものを購入しているのかの確認です。最新TVは大丈夫でしょう。パソコンはどのブラウザどのメーカーでも基本は不都合なく問題なしです。ただし使用中のブラウザのアップデートはしておくべきですのでネット環境に接続してチェックしておきましょう。スマホはアプリのインストールだけで済むので一番ラクチン。ストアから公式のものを選んであなたの長年愛用のスマートフォンに入れておけばいつでも膨大な映画にアクセス可能です。こちらも更新を忘れずに。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純にクリストファー・ウォーケン出演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の配信の有無だけでなく、ディープな出会いをいろいろな視点でリーチできるように考えながらしっかり届けていきたいと思います。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。それは信用できないと思っていませんか。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。マーティン・シーン出演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にプラスになっている映画というのは本当に面白さがあるものなのです。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月3日時点での『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』をさらに知る

1980年に出版されたフランク・W・アバグネイル・Jr著の自伝小説「世界をだました男」を原作に、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こして約400万ドルを稼いだ天才詐欺師と、彼を追うFBI捜査官の姿を描いた実録ドラマ。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の製作総指揮はバリー・ケンプ、ローリー・マクドナルド、アンソニー・ロマーノ、ミシェル・シェーン。高校生のフランク・W・アバグネイルは尊敬する父が母と離婚すると聞き、ショックで衝動的に家を飛び出してしまう。そして、生活の費用のために偽造小切手の詐欺を始める。それはバレそうなことであったが、工夫を重ねて不正の精度をあげる。最初は思うようにいかずに戸惑ったが、大手航空会社のパイロットに成りすますと誰もがあっさり騙された。全く信用するのに疑わないので、どんどんと調子に乗っていく。これに味をしめたフランクは小切手の偽造を繰り返して、あり得ないほどの巨額の資金を手に入れることに成功する。一方、巨額小切手偽造詐欺事件を捜査していたFBI捜査官カール・ハンラティは、徐々に犯人に迫っていくが…。

★『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のスタッフ


監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ジェフ・ネイサンソン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のキャスト


レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ、エイミー・アダムス、ジェニファー・ガーナー、ジェームズ・ブローリン、ブライアン・ホウ、フランク・ジョン・ヒューズ、スティーヴ・イースティン、ナンシー・レネハン、エリザベス・バンクス

★『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の評価

IMDbRTMETA
8.196%75
映画comY!FM
3.84.073.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の感想

●『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』FILMAGA 
スティーブン・スピルバーグが手がけているだけあって、とにかく見やすい。OPのアートワークとジョン・ウィリアムズのテーマ曲で一気に引き込まれるし、詐欺師役のレオナルド・ディカプリオとFBI捜査官役のトム・ハンクスの演技合戦も抜群。スリルとユーモアを交えてテンポのいい演出で軽快に鑑賞できて、良い気持ちになれます。泥棒と刑事のドタバタ追いかけっこエンドレス状態という意味では、実写版のルパンみたいなものですから。
●『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』TOHOシネマズ 
最初から最後までいつ捕まるんだろうとドキドキ。本当にこんなに逮捕されないものなのかな。主人公がただ頭の切れる罪人だけでなく、繊細な一面を持っていたのは意外で、それが家族問題というのはとてもスピルバーグらしいテーマ。主人公の発想力と機転の良さには舌を巻くけど、そのテクニックだけではない、人情に迫る話が見どころ。ラストの刑事との関係もよくて優しい雰囲気で終わる映画なので、犯罪映画だからと避ける必要はないです。
●『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ユナイテッドシネマ 
人は見た目に囚われすぎて人の本当の人格に気づくことができない。人間とは良心的に人の本質を見当外れに勘違いをしがちである。まさにこんなことを思わせる作品です。オチまで観ると、人生どうなるかわかったものではない、けれど素敵な出会いだっていつどんな背景で発生するかもまた、わからない。そんなメッセージも感じます。つまり、いくつもスピルバーグらしい教訓的な物語ともいえ、なんだかんだで良い話になっているのが特徴ですね。