マイノリティ・リポート(2002)

目玉を追いかけます!

映画『マイノリティ・リポート』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なサイトへの強引な誘導はありません。
今すぐ『マイノリティ・リポート』を見るなら動画リンクをチェック。

フィリップ・K・ディックの短編小説「マイノリティ・リポート」をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSFサスペンス。製作はボニー・カーティス、ジェラルド・R・モーレン、ヤン・デ・ボン、ウォルター・F・パークス。2054年のワシントン。プリコグと呼ばれる予知能力者が未来の殺人を予知、犯罪予防局が未然に逮捕することで犯罪が90%減少していた。これは完全なコントロール下にあり、素早く犯罪に対処ができる。犯罪予防局のアンダートンは当然のように最もそのシステムを信じていたが、自分が見知らぬ男を殺すことを予知され、一転して追われる身に。彼はプリコグの一人を連れて逃亡するが…。

原題:Minority Report(「マイノリティリポート」) / 製作:アメリカ(2002年) / 日本公開:2002年12月7日 / 145分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億200万ドル / 興行収入:3億5800万ドル

マイノリティ・リポート – Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『マイノリティ・リポート』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使っている人も太鼓判!
現実ではありえない独創的な世界観で観客を魅了するような映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信と聞くと画質を気にする人も多いですが、最近のものはハイクオリティな映像になっており、DVDと遜色ないレベルのものを楽しめます。テレビで見れば、大画面で迫力の動画を楽しめ、スケールもじゅうぶんです。もちろん、スマホでも鑑賞できます。

「無料」より安いものなし!
体験者の評判こそ最高の宣伝材料ですが、その好評意見は「無料で試せてサイコー!」などウキウキしたものばかりです。これはアカウント作成時点を起点に一定の期間、映画鑑賞などのサービスコンテンツをタダで試用できるもので、これといって制約もないので不自由しません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「マイノリティ・リポート」の視聴はダメです。常設や市販のウイルス対策ソフトでなんとか危険は回避できるのではないの?と思っている皆さんは認識が甘いです。こういう不利益をもたらすサイトを完全にバスターするなどはできず、たいていは防御システムの穴をすり抜けて、有害な影響を与えてきます。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
たいていはディスク販売よりも1か月程度早く始まるデジタル媒体での各配信の開幕。こうなればVODにも期待大です。しかし、そう単純にはいかせないのが、VODを展開する企業の多さであり、加えて配信作品の状態も毎日変化するという、一筋縄ではいかない複雑さです。「マイノリティ・リポート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。スピード重視ならマストで役立ちます。リーチサイトは特定の誘導だけを目的としたものであり、中には悪質な場合もありますが、フルムビバースは異なります。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「マイノリティ・リポート」の面白さの発見につながるかもしれません。

邪魔な広告は無し!
スマホはとくに顕著ですがしつこい広告に悩まされる人も多いでしょう。わざとタップを誘ったりするアクシデント狙いの広告バナーはうざいだけ。フルムビバースはそのような追尾したり、うっかり誤爆をさせるアドは一切導入はしていません。ユーザー第一で嫌な思いをさせたくないのでテキストなどを読ませやすくしています。「マイノリティ・リポート」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

パスワードは大事
パスワードは使い回ししてはいけません。そう何度も厳しく注意喚起してもなぜか過ちを犯してしまう人が後を絶ちません。これはサービス側のミスが問題だと考えているのか、自分自身の行動を改めない人は多く、これでは意味はなし。VODを完璧に心配なく使用するにはユーザー個人のセキュリティ・リテラシーが必要です。パスワードは推測できない複雑な英数字の羅列にすること(単語禁止)、流用はやめること…このルールは破れば最悪の破滅が待っています。安全な「マイノリティ・リポート」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「マイノリティ・リポート」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『マイノリティ・リポート』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マイノリティ・リポート』をさらに知る

★スタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スコット・フランク、ジョン・コーエン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
トム・クルーズ、コリン・ファレル、サマンサ・モートン、マックス・フォン・シドー、ロイス・スミス、ピーター・ストーメア、ティム・ブレイク・ネルソン、スティーヴ・ハリス、キャスリン・モリス、マイク・バインダー、ダニエル・ロンドン、ドミニク・スコット・ケイ、ニール・マクドノー、ジェシカ・キャプショー、パトリック・キルパトリック、ジェシカ・ハーパー、アシュレイ・クロウ、アリー・グロス

★『マイノリティ・リポート』の評価

IMDbRTMETA
7.791%??
映画comY!FM
??3.633.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『マイノリティ・リポート』の感想

●FILMAGA 
エンターテインメント性と社会風刺を両立させたスピルバーグにしかできない芸当がたっぷり詰まった超大作であり、これは確かに凄い映画でした。全ての犯罪が予測できたとしたら、それは平和なのか。そのシステムは信用できるのか。今のところそんな技術はありませんが、きっとこれはあらゆる技術に当てはまる問題です。そういう意味での先見性は素晴らしいし、どんなに優秀にみえるテクノロジーでも依存するの危険だという警鐘でしょう。
●TOHOシネマズ  
なかなか複雑なストーリーが展開され、最初は頭が混乱するかもだが見入ってしまうほど楽しめた。結末が見えてこないのがハラハラして良い。「未来は自分の意志で選び取れる」というのが一つのテーマなのだろうが、それを端的に表現した世界観とシナリオはお見事。AIが飛躍的に進歩する今、このようなフィクション話も全くの荒唐無稽と言えなくなってきているのが少し空恐ろしくもあり、いよいよ映画が現実になるときが近づいてきた気がする。
●ユナイテッドシネマ 
スピルバーグといえば悪趣味描写ですが、今作も健在。トム・クルーズが網膜を変えるシーンでは眼球がモロ出てきて何かとグロいし、その後の何も見えない状態でのアレを食べるシーンなんて完全にイジメの領域。施設侵入シークエンスでの目玉追いかけっこにいたってはなぜあの場面を入れたのか謎。子どもの無垢な心で非道なことをするこの巨匠、怖い…。ディストピア的に未来技術を見せるなど、監督の気質と作品の方向性が一致したからこその名作。