マイマイ新子と千年の魔法

『この世界の片隅に』の片渕須直監督作アニメ

映画『マイマイ新子と千年の魔法』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なサイトへの強引な誘導はありません。
今すぐ『マイマイ新子と千年の魔法』を見るなら動画リンクをチェック。

芥川賞作家・高樹のぶ子が自らが幼少時代を描いた自伝的小説を映画化。監督は『魔女の宅急便』などで演出補を務め、『この世界の片隅に』で非常に高い評価を受けた片渕須直。製作は千葉龍平、野田助嗣、丸田順悟、岩田幸雄。昭和30年代、大自然に囲まれた山口県防府市にある旧家。おでこにマイマイがある小学3年生の新子は、祖父から聞かされた千年前の町の姿やそこに生きた人々のことを空想することが趣味だった。イマジネーションの世界はいくらでも無限に広がっていく。ある日、なかなか田舎に馴染めない東京からの転校生・貴伊子と出会った新子は、次第に貴伊子と遊ぶようになり、新しい発見を重ねて心を通わせていく。

原題:マイマイ新子と千年の魔法 / 製作:日本(2009年) / 日本公開:2009年11月21日 / 93分 / 制作: / 配給:松竹

「マイマイ新子と千年の魔法」90秒プロモーション映像

(C)高樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『マイマイ新子と千年の魔法』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ファンも納得の名作!
独創的な世界観と表現方法で観客を魅了する作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴できます。時間がない人も安心です。外出先の通勤通学の途中であればスマホで少しずつ見ることで、ちょっとした暇つぶしにもなります。家に帰ればパソコンやテレビでじっくり見るのも楽しいです。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。これは決められたタイムの間(初回登録時に限る)、サービスを無料利用でき、動画も視聴できます。つまり、簡易的な言い方をすれば無料ホームシアターのネット版です。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「マイマイ新子と千年の魔法」の再生はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。もう後は理解しているはずです。今すぐにオフィシャルな方向に移っておけば、何かに怯えるようなことも無しです。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル動画で提供されることはDVD以上に普及しつつあり、VODはそのメインマーケットでもあります。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「マイマイ新子と千年の魔法」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。スピード重視ならマストで役立ちます。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

パスワードは大事
パスワードは使い回ししてはいけません。そう何度も厳しく注意喚起してもなぜか過ちを犯してしまう人が後を絶ちません。これはサービス側のミスが問題だと考えているのか、自分自身の行動を改めない人は多く、これでは意味はなし。VODを完璧に心配なく使用するにはユーザー個人のセキュリティ・リテラシーが必要です。パスワードは推測できない複雑な英数字の羅列にすること(単語禁止)、流用はやめること…このルールは破れば最悪の破滅が待っています。安全な「マイマイ新子と千年の魔法」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
初めて見る映画の場合、その動画がフルかどうかを判断するのは難しいです。全容を知らないのですから。さりげなく編集カットされていても自覚できないこともあります。だからこそテレビ放映などで映画を観てもそれがフルだと勘違いしている人も発生します(スペシャル版なんて表記で誤魔化されたりも)。VODは完全な動画をお約束でき、本来の欠落のない映像を隅々まで堪能できるので、満腹になるでしょう。「マイマイ新子と千年の魔法」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「マイマイ新子と千年の魔法」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「マイマイ新子と千年の魔法」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『マイマイ新子と千年の魔法』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マイマイ新子と千年の魔法』をさらに知る

★スタッフ
監督:片渕須直
脚本:片渕須直
キャラクターデザイン:辻繁人
音楽:村井秀清

★キャスト
福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ、松元環季、野田圭一、竹本英史、世弥きくよ、中嶋和也、西原信裕

★『マイマイ新子と千年の魔法』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.83.563.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『マイマイ新子と千年の魔法』の感想

●映画無料夢心地 
最初からクスクス笑いっぱなしで、すぐ新子の世界に夢中に。自分の子供時代とは全然違う時代設定なのになぜか懐かしい気持ちになる。本当にこの世界に彼ら彼女らはいる、そう思わせる。デフォルメされていないのだ。一人一人が考え、生きている。属性というものにとらわれない。一人の人間としてそこにいるのだ。新子、貴伊子、タツヨシ、ひづる先生、一千年前の少女である若き清少納言。みんな等身大に生きていた。このリアルに感動する。
●FILMAGA  
タイトルから勝手に子供向けファンタジーだと勘違いしてたけど、昭和30年代の田舎社会を子供目線で実に丁寧に描いた日常系アニメで、想像力の大切さを教えてくれる傑作でした。大人が見てこその楽しさもあるので、ぜひ一見の価値ありです。どうして片渕須直監督は時代と時代をつなぐのがこんなにも上手いのか。時代考証の精密さも当然だが、ひとつの時代に生きてきた人や暮らしの道具などすべてまるごとリスペクトを捧げる姿勢が凄い。
●BILIBILI  
東京から山口の田舎町に父と二人で越してきた貴伊子ちゃん。母親の死がまだ受け入れられない喪失と孤独の淵にいる貴伊子ちゃんを、転校先で出会った新子がグイグイとこじ開ける。新子は新子の祖父により教授された史実をもとに日毎、空想力を発揮させ、それは貴伊子ちゃんにも伝染し、二人は空想と現実が未分化されぬ1000年前の次元と空間でトンテンカンと足を鳴らし風のように走り抜ける。空想さえあればタイムマシンはいらないのだ。
●CRUNCHYROLL  
ノスタルジーを呼び起こす素敵な作品でした。舞台の防府は1000年前の平安時代には周防国衙(すおうこくが)が置かれて、京から国司が来て駐在していた地方の中心地だった。当時の国司のお姫様になったつもりの空想にふける二人の少女の日常が描かれます。千年前の清少納言とのリンクは原作には無く、映画のオリジナル。最後に新子が転校しちゃうのは原作には無いけど、原作者の自伝には書いてあるそうです。