七人の侍(1954)

世界が認めた黒澤明の傑作

映画『七人の侍』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なサイトへの強引な誘導はありません。
今すぐ『七人の侍』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:七人の侍(Seven Samurai) / 製作:日本(1954年) / 日本公開:1954年4月26日 / 207分 / 制作: / 配給:東宝

Criterion Trailer 2: Seven Samurai

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】不快広告無し
VOD2【Hulu】マルチ対応
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『七人の侍』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一気に普及しています!
映画史の伝説に残る不朽の名作はまだ観ていない人にとっても何度も観た人にとっても強烈なインパクトを与える偉大な作品です。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。これはネット配信であり、新しい映画だけでなく、古い映画も取り扱っています。たとえ作品自体が昔のものでも、このサービスであれば最新の状態で視聴可能です。劣化や画質の低下という問題は起きません。自由な視聴メディアで楽しみましょう。

「無料」で感謝!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「七人の侍」の再生はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。今日明日にでもあなたの身に危ないサイト利用のせいで危険が生じるかもしれませんので、ただちに使用停止しましょう。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。ところが、ちょっと検索して調べればわかりますがVODは数十のサービスが展開中で細分化しています。これではどれがいいのか素人目には判断不可能です。「七人の侍」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースが類似サイトと決定的に違う部分は、取り扱っているVODの多さ。十数種類のサービスが揃っています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「七人の侍」の動画がスムーズに再生できない、停止してしまう…そんな事態に遭遇したらネット環境を改善できないか検討すべきです。とくに無線LANは良い時と悪い時で雲泥の差があります。障害物があるといとも簡単に電波が届かなくなります。他の電波を発する機器の干渉を受けている場合も。ルーターの位置変更や無線チャンネルなどの設定変更で上手くガラリと向上する可能性も。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「七人の侍」も最高級に。当然サンタクロースのプレゼントのように夢心地のうちに手に入るものではありません。それなりの設備投資が必要になります。詳しくは家電屋さんか、解説サイトを参照すべきですが、ひとつ言えるのは最初はお高くても達成感は格別ということ。

高評価作品は観る価値あり
あなたの映画を観るうえでの作品選びの基準は何でしょうか。動画配信サービス上でサムネイルをただ眺めているだけでは永遠に決まらないこともあります。なにしろ多すぎるという問題もあり、お手上げになったりしますから。そこで賞の受賞やレビュー評価を参考にしてみるのもいいでしょう。映画サイトなんてヤラセだよと疑うかもですが、しっかりしているところは根拠もあって納得させられます。こちらのページでは一括確認も可能です。「七人の侍」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『七人の侍』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『七人の侍』をさらに知る

戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いたアクション・時代劇。言わずと知れた黒澤明監督による日本映画を代表する傑作のひとつ。ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグら世界の映画作家に多大な影響を与えた日本映画史に残る名作にして黒澤映画の金字塔。民衆の暮らしは常に搾取と横暴によって脅かされていた。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。このままでは生きられないので、なりふり構っていられない。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。やがて、百姓たちは食べるのもままならない浪人たち7人を見つけ出し、まとまりがないように見える彼らとともに野武士に対抗すべく必死に立ち上がる…。

★スタッフ
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄
撮影:中井朝一
音楽:早坂文雄

★キャスト
三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二、小杉義男、左卜全、稲葉義男、土屋嘉男、高堂国典、熊谷二良、富山晴子、東野英治郎、上田吉二郎、谷晃、中島春雄、多々良純、堺左千夫、渡辺篤、小川虎之助、千石規子、山形勲、上山草人、高木新平、大友伸、高原駿雄、大久保正信、大村千吉、杉寛、林幹、牧壮吉、千葉一郎、堤康久、宇野晃司、島崎雪子、仲代達矢

★『七人の侍』の評価

IMDbRTMETA
8.7100%98
映画comY!FM
4.34.574.3
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『七人の侍』の感想

●映画無料夢心地 
200分越えの超大作。しかし、この映画に詰まっているのはただのドラマだけではない。映画史に革命を引き起こしたパイオニア精神が重鎮しているのだ。野武士の略奪・襲撃に困り果てた百姓たちが侍たちを集め、雨と泥にまみれながら必死になって戦う。この作品の下地にあるのは常に反骨精神である。どんなに弱者であっても、工夫しだいに圧倒的な強者にさえ打ち勝てるのだ。これは単なる自己犠牲ではない。次につなげるための発展と進化を描くのだ。
●FILMAGA 
今の映画の礎を築いた系の映画って、今見たらショボいんじゃないかと舐めてました。私がバカだったです。ハリウッドが腰抜かしたのも無理ないと思いました。哲学的な所をいちいち評価するまでもなく、まず映画として面白い。百姓を守る為に侍が仲間を集め、仲を深め、敵を倒す…この王道を確立し、しかも成功させた功績は尋常ではない。この作品が素晴らしいのはその背景や名声や影響力でなく、まず純粋に誰もが楽しめる最高に面白い映画だから。
●BILIBILI  
日本が誇る黒澤明の不朽の名作。54年公開とは思えない面白さ。単純明快ではあるが、見ず知らずの侍が村を守るため協力して奮闘するという設定が好き。60年以上たった今でも色褪せることない作品。「農民」という土着的なあり方を単に理想化するのではなくて、その汚さまで許容してしまう懐の大きさというか、作品性のタダモノじゃなさが恐ろしいくらいだ。ジャケットの豪胆な異端児である三船敏郎イメージがあるが、侍のリーダーである志村喬の渋みがたまらない。