ICHI(2008)

綾瀬はるか版「座頭市」

映画『ICHI』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無意味なサイトへの強引な誘導はありません。
今すぐ『ICHI』を見るなら動画リンクをチェック。

勝新太郎の代表作で、北野武も自ら監督・主演した時代劇「座頭市」。その主人公を女性に置き換え、綾瀬はるかの主演で斬新にアレンジして映画化。戦いはしたくないが、避けられないときは行動あるのみ。ある宿場町に流れ着いた盲目の三味線弾きの女・市は、一帯を荒らす野党集団・万鬼党に絡まれる。かなり追い込まれてしまい、途方に暮れているようだったが、そこに旅の侍・十馬が通りかかり、彼は市を助けようとする。ところが、なぜか刀を抜こうとしない。市はやむなく、自らの仕込み刀で野党たちを一刀のもとに切り伏せるが…。

原題:ICHI / 製作:日本(2008年) / 日本公開:2008年10月25日 / 120分 / 制作:セディックインターナショナル / 配給:ワーナー・ブラザース映画 / 製作費: / 興行収入:4.45億円

【公式】映画「ICHI」予告トレーラー [高画質]

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ICHI』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅惑の動画でメロメロ!
テレビなどお茶の間で話題の有名俳優が出演している作品ともなれば興味が湧くのは当然です。そんな注目を集める話題作をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。このサービスはネット配信なのでメリットもたくさん。とくに出演俳優で検索して動画を表示できるのは便利です。「あの女優の関連作を観たいな~」と思ったら、すぐさま調べてどんどん見ることも可能。毎日映画三昧な日々をおくれますし、スマホでの視聴で場所も選びません。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これはアカウント登録時点をスタートに一定期間、動画視聴などのサービスコンテンツを無料で使いまわせるもので、機能が著しくセーブされることもなく自由です。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ICHI」の再生はダメです。そもそも、現在ではブラックなサイトに触れることせずとも、正規のクリーンなサイトが続々と誕生中。デメリットは皆無で視聴機能も完璧に整っています。悪質な広告画像に妨害されることから卒業して危険な方法とは一切手を切りましょう。今日明日にでもあなたの身に危ないサイト利用のせいで危険が生じるかもしれませんので、ただちに使用停止しましょう。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル動画で提供されることはDVD以上に普及しつつあり、VODはそのメインマーケットでもあります。ただしという嫌な追加分を書かないといけませんが、注意点がないわけではありません。最適な配信サービスはどれ?という解析が多少は必要になってくるのです。「ICHI」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

見たい動画をメモしよう
映画は無限大に存在するのであれこれと見ているので何を見るべきか迷うことがあります。しかもその間に以前気になっていた映画を忘却してしまうこともあり、エンドレスで困り果ててしまいます。そこでVODの視聴メモにも使えるのがフルムビバースのウォッチリスト機能。各ページで作品をお気に入り登録できるのでチェックマーク感覚で使えます(この機能はブラウザに頼っているので他ブラウザで共有使用はできません)。「ICHI」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ICHI」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画はそれはもう大盛況でありとあらゆる動画だらけの遊園地みたいな世界です。しかし、その場所に不満を持っている人もいるでしょう。例えば、「これにしよう!」と思った動画をひとつ選択して視聴して見たらサムネイルとは全然違うテキストだらけの動画だったとか。釣りのような騙し系も氾濫しており、低品質サイトに誘導するものもあります。これは利用規約に違反するものですが、たいていは削除でコントロールできていないので放置状態。VODはそんな惨状はないです。「ICHI」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ICHI」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。「へ~ここは伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかる」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。

『ICHI』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ICHI』をさらに知る

★スタッフ
監督:曽利文彦(関連作品:『ピンポン』)
脚本:浅野妙子
撮影:橋本桂二
音楽:リサ・ジェラルド、マイケル・エドワーズ

★キャスト
綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、利重剛、佐田真由美、島綾佑、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えり、並樹史朗、虎牙光揮、河野うさぎ、沖原一生

★『ICHI』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ICHI』の感想

●映画無料夢心地 
綾瀬はるかもホントにいろんなことに挑戦しているな~。今作では儚げな市が印象的。美しい風貌を持ちながら虚無的で窶れた雰囲気を纏っていて、北野武と同じくカツシンの市とは異なる方向性で描いているのがすぐにわかる。単なる女性版というわけではないのですね。目を開けたクール・ビューティな座頭市ゆえに、間違っても過去の座頭市と比較すると「あれれ」となるが、インスパイアされたヒロイック映画なのだと思えば楽します。
●シネマトゥデイ  
ビートたけしさんの「座頭市」はタップダンスと時代劇というハイブリッドな試みと、殺陣が素晴らしくて好きなんだけど、綾瀬はるかさんの本作は売りがどこなのかわかりづらい。でもその答えはすでに出ている。売りは間違いなく綾瀬はるかだ。この女優ありきで勝負している。アイドル映画を見るつもりで臨むべきなのです。綾瀬はるかのファンのための映画というほど媚びたものはないが、決して万人受けなものでもない。変わったバランスである。
●BILIBILI  
勝新が演じていないリメイク版を座頭市リブートシリーズとするなら、綾瀬はるかが女座頭市を演じる本作はその第二作目に数えられる。市を演じるのは大人気女優の綾瀬はるか。当時は彼女の勢いが強かった。美しく清純なイメージが強いが、長身で体格も良い彼女が姿勢のよい立ち姿で幾度も大立回りのアクションを演じ、みすぼらしいボロボロの着物が示す侠徒としての無頼性を見事に見せつける。この積み重ねがあって今のキャリアがあるのだ。
●TOHOシネマズ 
勝新太郎の名作「座頭市」を女主人公で作り直した「リメイク」作品と思いきや、実はかなり根本的に違う、言うならば「リスペクト」作品。綾瀬はるかは運動神経いいのか、それとも演出の上手さか、とにかく絵になる。時代背景や人物設定により小汚い格好をしていますが、全く気にならないほど綺麗です! 綺麗なだけではなく、男の人に劣らないような、鮮やかな太刀捌きも兼ね備えています。日本も女性アクション映画を定番にすべきです。