県庁の星(2006)

改革するのは心です

映画『県庁の星』のフル動画を無料視聴する有利な方法をレコメンドしています! 無関係な別サイトへの誘導は無しです。
今すぐ『県庁の星』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:県庁の星 / 日本(2006年) / 日本公開:2006年2月25日 / 131分 / 制作: / 配給:東宝

県庁の星
動画
▼『県庁の星』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高水準

VOD2 Huluで動画を見る スマホ可

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『県庁の星』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザー満足度は高め!
社会の中で懸命に生きる人々にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな人間模様をリアルに描いた映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。出演俳優で検索して関連作を調べるなど、便利な使い方もたくさん。他にもスマホで見たいというユーザーの需要に答えることができ、お手持ちのAndroidやiPhoneで好きなタイミングで鑑賞することもできます。もちろんテレビでの視聴にも対応しているものもあるので安心です。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。無料動画といっても一般的なYouTubeのような単に再生するだけの粗雑に動画が寄せ集まったというタダ見ウェブサービスとは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「解約できないというトラブルが怖い…」「それは退会することができないという罠ではないのだろうか」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。「県庁の星」もアリ。

動画には悪いものも!
違法な動画サイト等にはわかってはいてもじゅうぶんに慎重を重ねて気を付けてください。それで「県庁の星」の再生はダメです。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、ユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、ひたすらにしつこく広告を流すものまで、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。もう後は理解しているはずです。今すぐに自分のクリーンな経験も手に入れるためにオフィシャルな方向に移っておけば、それで悪いことをしているという何かに怯えるようなことも無しです。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。「登録したのになんだか見たい映画の姿がこれっぽっちもないのだけど!」そんな怒り心頭で壁を殴る前に事前確認をしておけば良かったのであり、それだけは覚えておきましょう。「県庁の星」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。手当たり次第に動画を探しまわるのはいい加減に疲れていくだけで骨折り損のくたびれ儲け。時間を意味もなく無駄にするのは誰でも不愉快ですし嫌な気分になるものです。このページさえあれば最終チェックだけにすぐに完了です。配信内容の掲載情報が一切変化せずに古いままということはありません。毎日手作業でじっくり更新中。フルムビバースは努力を怠りません。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた安心安全の健全性を担保した無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。これは理想的と言えるでしょう。興味のままに足を踏み入れてください。

邪魔な広告は無し!
こんな経験はあると思います。動画再生中に表示された広告が閉じられない、閉じようとすると邪魔な別ページに飛んでしまう。こうした動画体感を妨害するだけのサイトは中にはフィッシングサイトなど有害性の高いコンテンツと連動している場合もあるのでただちに使用を停止しましょう。フルムビバースは公式のみの厳選であり、「県庁の星」視聴を妨げません。利便性第一の当サイトでは悪質広告を業界ルールに基づいて査定して排除しています。「Better Ads Standards」と呼ばれる規制であり、どの広告を有害な問題性とみなすのか知りたい場合は個別に検索してみてください。

広告ブロックに気をつけて
動画が見れなくなるトラブルは山ほどあります。通信が重くて動画のような膨大なサイズのデータをやりとりできないと、それだけでブラウザが悲鳴をあげてしまうので動画再生はあっけなく停止してしまいます。またブラウザ上で必要なプログラムをブロックしてしまうとどうにも再生できなくなるという深刻なケースもあります。セキュリティソフトや広告ブロックプラグインの確認は場合によってはする価値はあるでしょう。それが余計な挙動を起こすこともありますし、ブラウザ企業はあまり第3者のサービスを快く受け入れてくれるとは限りません。何かおかしいな?と思ったときはまずは冷静に自分の使用端末をじっくり精査してみましょう。「県庁の星」も見れないかも?オカシイと感じたらまずは慌てることはせずにブラウザのこれら機能を冷静に無効化してみましょう。

俳優好きにも必須
映画の魅力を100%、200%とウルトラアップさせるのがプロフェショナルとしての俳優のパワーです。地味な登場人物の意外な豹変で一気に観客の感情を鷲掴みにしたり、本物のような熱演で感動の渦に巻き込んだり、圧倒されるアクトパフォーマンスを持っている俳優にすっかりやられた人もいるでしょう。VODは自由気ままに俳優検索ができますし、フルムビバースもキャスト情報は完備しています。「織田裕二」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

海賊版サイトは無料ではありません
「無料です」というセールスワードは公式以外のものは信用すべきではないのでしょう。もちろんすべてが悪いわけではないのですが、不正な者が使うそのような宣伝は信用はできないのです。海賊版サイトも同じような言葉で誘い込んできますが、それは同類と考えては絶対にはいけません。客引きの上手いキャッチーに捕まったのと同じでスパムにハマってしまいます。いきなりわけのわからないページが目の前に表示されたときにただのスキルで乗り越えられるとは限らないんです。「FREE」というオイシイ響きの単語には注意です。「県庁の星」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『県庁の星』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月26日時点での『県庁の星』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『県庁の星』をさらに知る

同名ベストセラー小説を映画化する痛快コメディ。「白い巨塔」など数々のヒットTVドラマを手掛けてきた西谷弘の劇場映画デビュー作で、キャリア官僚とパート店員が衝突を繰り返しながらも協力して三流スーパーの改革に乗り出す人間ドラマ。『県庁の星』のプロデューサーは春名慶、市川南、臼井裕詞、岩田祐二。上昇志向の県庁のキャリア公務員・野村は、民間企業との人事交流研修のメンバーとなり、三流スーパーに派遣されることになり、全く異なる業界に右往左往していくことになる。彼は年下のパート店員・二宮に指導されるが、頑ななマニュアル主義の野村と現場主義の二宮は対立していく。

★『県庁の星』のスタッフ


監督:西谷弘
脚本:佐藤信介
撮影:山本英夫
音楽:松谷卓

★『県庁の星』のキャスト


織田裕二、柴咲コウ、佐々木蔵之介、和田聰宏、酒井和歌子、石坂浩二

★『県庁の星』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『県庁の星』の感想

●『県庁の星』映画無料夢心地
織田裕二といえば「踊る」の呑気なイメージがありますが、今回はエリートです。ちょっと現実離れした役柄だが、「踊る」との共通点は恋愛に不器用ってところか。後半になるにつれて素直になる織田は可愛いが最後の柴咲へのデートのお誘いのセリフは「慣れてないんだなぁ」という感じがひしひし伝わり、これも微笑ましくて面白い。なんで彼はいつもこんなロマンスを繰り広げるのだろうか。本人がそうだというわけではないと思うけど。
●『県庁の星』FILMAGA 
織田裕二は県庁の産業政策課の職員。あるビッグプロジェクトを進めていたのだが、民間の視点を取り入れるために地元のスーパーに派遣される。そこで学び、成長していくストーリー。役人への不信感が募る、いかにも政治憎しなテンプレ物語だが、そこは人を選ぶので受け入れるしかないか。個人的には変に悪者を作ると物語に深みがなく、短絡的な解決と感情的なドラマに偏るのでやめてほしいが、他の人はそれでいいのかもしれない。
●『県庁の星』BILIBILI 
キャリア命のエリート県庁職員が200億円の超規模プロジェクトを企画する。そのためのステップとして盛り込まれた民間との人事交流が、公務員としての彼の人生を大きく変える。多くの人との繋がりによって、一人の人間として真の成長を獲得。ベタ、典型、ありきたり。だがそれ故に、熱い王道展開。先の展開が予想できるのに、予定調和的なサクセスから爽快感を得てしまうのは何故だろう。織田裕二の演技に魅せられてしまったからなのか。
●『県庁の星』TOHOシネマズ 
利益を求むことはない公務員が、利益を生み出さないと行けないスーパーに派遣されて試行錯誤するという設定が好きだった。もちろん、かなりツッコミどころは多いけど。主人公の役人ぶりは極端な例なのでしょうけど、最近では役人も結構考え方が変わっているように思います。現実では民間の参入も多いですからね。むしろ役所の方が苦しい会計に苦戦している気がしますが。民間とお役所の違いが皮肉交じりに表現されてユニークでした。