手紙(2006)

青年は大罪に狂わされた

映画『手紙』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無関係な別サイトへの誘導は無しです。
今すぐ『手紙』を見るなら動画リンクをチェック。

直木賞作家・東野圭吾によるロングセラー小説を映画化。殺人という大罪を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を追う。その殺しは人生を狂わすだけでなく、どこまでも周りに犠牲をもたらしていく。工場で働く20歳の青年・直貴には、刑務所に服役中の兄がいる。弟の学費を手に入れるため強盗に入った家で、誤って人を殺してしまったのだ。それは衝動的にせよ、命を殺めたことには変わりない。そんな兄のせいで人生が狂わされ、夢さえも諦めてしまうほどに追い込まれた直貴。そして愛する女性との幸せまでもが脅かされた時、直貴はある決断を下す…。

原題:手紙 / 製作:日本(2006年) / 日本公開:2006年11月3日 / 121分 / 制作: / 配給:ギャガ / 製作費: / 興行収入:12億円


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『手紙』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及拡散中!
人間の心の喜怒哀楽を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんな繊細な作品を見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも容易に動画を見れます。メリットもたくさんあって、スマホ、パソコン、タブレット、テレビなど、自由に視聴スタイルが選べるので、ユーザーの需要に答えられるというポイントで支持されています。初心者でも簡単に始められます。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「手紙」の再生はダメです。問題点は常に至るところに潜んでいます。例えば蔓延している問題としてニュースにも取り上げられるリーチサイトの中には危険サイトのリンクへと巧みに誘導してくるものもあります。それらは実害だらけなので直ちに利用停止すべきです。もう後は理解しているはずです。今すぐにオフィシャルな方向に移っておけば、何かに怯えるようなことも無しです。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、初心者キラーになっているのが、数十のサービスで展開しているVODのとっつきにくさ。これではどれがいいのかイマイチ不明確で助けがいります。「手紙」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は思っているよりも簡易的に終止符を打てます。このページのアイコン表示を見れば、どのサービスで配信中かが一目瞭然ですぐに動画視聴に移れます。スピード重視ならマストで役立ちます。フルムビバースが類似サイトと決定的に違う部分は、取り扱っているVODの多さ。十数種類のサービスが揃っています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

古い作品ならもしかして…
公式ではないかたちでネット上に映画本編の動画がアップされていればそれは違法性が極めて高いですが、そうではない特殊事例があります。それがパブリックドメインというものです。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは権利者による著作権がコンテンツに生じていない作品のことです。法律で決まっている期限が切れてしまった場合、何らかの事情で権利が生じなかった場合、その映画はネットにアップロードしても後ろめたい問題ありません(字幕などは翻訳として別に権利があるので注意です)。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一時期頻繁にニュースでも取り上げられて議論が行われたブロッキングも実は完璧な有効策ではないです。簡単に規制をすり抜けることができ、結局はいたちごっこ。フィルタリングも同様に過信はできません。一番良いのは優れたサービスを確立させ、不正なサイトを利用する動機を根こそぎ奪い取ること。正規の動画を身近にすることが健全な業界発展に前向きに寄与するので「手紙」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「手紙」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

『手紙』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『手紙』をさらに知る

★スタッフ
監督:生野慈朗
脚本:安倍照雄、清水友佳子
撮影:藤石修
音楽:佐藤直紀

★キャスト(キャラクター)
山田孝之(武島直貴)、玉山鉄二(武島剛志)、沢尻エリカ(白石由実子)、吹石一恵(中条朝美)、尾上寛之(寺尾祐輔)、山下徹大(嘉島孝文)

★『手紙』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『手紙』の感想

●シネマトゥデイ
この映画は加害者家族の目線で描かれている作品である、事件が起きると世間の目は必ず被害者に向けられて加害者の心情や人権というのはあってないようなもの、この映画を観ると物の見方が一方向だけじゃなく視点を変えて考え方も変えてみようと思える。ラストのお兄さんの涙を見たら泣かずにはいられない。どうしようもないけど兄貴ですからっというセリフも手紙では絶縁すると書いているがお兄さんのことを捨てたくて捨てたわけじゃないという気持ちが痛いほど伝わってくる。
●映画無料夢心地 
主人公が犯罪加害者家族ということでも「仕方がなかったんだよ~」と受け止めてしまわないようにドラマの犯罪に携わる人物たちそれぞれの心境に立ってまるで陪審員のような冷静な気持で観ることを進める。犯罪を犯した人間の身内がどのような環境に置かれるのか、あまり考えたことも無かったが、あまりの過酷さに見ていて苦しかった。皆さんが仰有るように慰問のシーンは胸をうたれたが、それ以上に子供の砂場で友達をつくろうとする一連のシーンがどうしようもなく堪らなかった。
●BILIBILI
東野作品で唯一、「泣けるけれどもきちんと救いがある」作品です。「差別は当然なんだよ」会長のセリフがいい。シンプルには理解しづらいものもあるし、それはかなり受け止めるのには難しいのですが、でも拒絶はできないような。そんなドラマ。殺人犯の家族というレッテルをずっと背負い続けなけれいけない苦悩が観てて辛く突き刺さり続けるので、視聴にはそうとうな苦悩がこちらも付きまとうのです。でも観る価値はあるし、視聴して良かったと思える展開も待っています。
●MOVIX
加害者遺族が世間から受ける迫害や差別は今もあるし、それを描くこと自体はタブーになっている部分も多い。ただでさえ今はSNS時代だから、余計に「批判」は過激になって、大衆全員で叩き殺すことも可能になってしまっている。それはこの映画公開時期とは全然違う社会の変化だ。でもそれを見越していたかのように本作はその陰湿なプレッシャーを描き切っている。人の命を奪うとはそういうことで、血を分けている以上逃れられない。しかし、どこまでの圧力が許されるというのか。