パッション(2004)

メル・ギブソンが描くイエス・キリストの最後の12時間

映画『パッション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無関係な別サイトへの誘導は無しです。
今すぐ『パッション』を見るなら動画リンクをチェック。

人間イエス・キリストの死までの最後の12時間を写実的に描く問題作。メル・ギブソンが構想12年、製作費2500万ドルには私財を投じ、イタリアのチネチッタ・スタジオで撮影して完成。製作はメル・ギブソン、ブルース・デイビー、スティーブン・マケビティ。公開の可否を巡って長期に渡りキリスト教団体等との論争が繰り広げられたが、公開した途端に驚異の大ヒットを記録し、その関心の高さを証明した。観客には死者や警察に自首する犯罪者なども出現したことで、大きな話題にもなった。セリフはすべてラテン語とアラム語で語られ、全米でも英語字幕付きで公開。

原題:The Passion of The Christ / 製作:アメリカ・イタリア(2004年) / 日本公開:2004年5月1日 / 127分 / 制作: / 配給:日本ヘラルド映画 / 製作費:3000万ドル / 興行収入:

The Passion of the Christ (2004) Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『パッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及スピードはピカイチ!
多くの人から愛されている人物の激動の生き様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスが役に立つかもしれません。ネット配信なので、確認は楽です。よくあるのはレンタル店でDVDを借りてしまってから、配信の事実に気づいてしまうパターン。そういう状況になるとかなり失望してしまいます。そうならないためにも事前にこちらのサービスで確認するのがベターです。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは登録開始日を起点に一定の期間を設定されてサービス機能を無料利用できるもので、動画も当然視聴可。期間内は費用が発生しないのでまるで無料動画のようです。「解約制限みたいなのはないのだろうか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「パッション」の鑑賞はダメです。問題点は常に至るところに潜んでいます。例えば蔓延している問題としてニュースにも取り上げられるリーチサイトの中には危険サイトのリンクへと巧みに誘導してくるものもあります。それらは実害だらけなので直ちに利用停止すべきです。低クオリティサイトなんてものは動画も酷いもので、映画の本来の良さなんて1ミリも理解できずに、終わってしまいます。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「パッション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

広告ブロックに気をつけて
動画は正常状態ならば何も問題なく再生できると思いますが、いくつかのトラブルのせいで上手くいかないことがあります。まずは重すぎるという問題。タスクマネージャーをチェックするとわかるのですが、あちこちに重たいプログラムが同時並行で作動していると、動画再生が妨害されてしまいます。その原因はブラウザに不必要な拡張機能があると起きたりします。調子に乗って導入しすぎることは多いです。今は使っていないものはありませんか? 本当にそれは必須か確認してみましょう。「パッション」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットの発達の黎明期の頃から動画鑑賞を牽引してきたのは動画共有サイトで、世界ではYouTube、日本ではニコニコ動画が席巻してきました。しかし、今や問題点だらけです。とくに子どもには本来は勧めづらいところもあります。不適切なコンテンツもあり、視聴制限も機能していません。大人でも厄介なのは低品質な無価値動画の多さ。イライラして動画探しが嫌になった人もいるのではないでしょうか。完全な公式動画の管理がしっかり徹底されているVODならば杞憂ですので、「パッション」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「パッション」の動画を楽しみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「パッション」を観て「あぁー良かった」と自己完結するだけではもったいない。家族や友人など本当にすぐそばにいるだけの人に気持ちを語るのもいいですが、インターネットという最高の武器を使えば、簡単にあなたの熱量で全国に言葉を届けることができます。コミュニケーション促進によって映画好き仲間が無料で生まれるチャンスです。恐れず素直に語り合いましょう。

『パッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『パッション』をさらに知る

★スタッフ
監督:メル・ギブソン
脚本:メル・ギブソン、ベネディクト・フィッツジェラルド
撮影:キャレブ・デシャネル
音楽:ジョン・デブニー

★キャスト
ジム・カビーゼル、マヤ・モルゲンステルン、モニカ・ベルッチ、ロザリンダ・チェレンターノ、クラウディア・ジェリーニ、ルカ・リオネッロ、フランチェスコ・デ・ヴィート、フリスト・ジフコフ、マッティア・スブラジア、フリスト・ショポフ、セルジオ・ルビーニ、トニ・ベルトレッリ

★『パッション』の評価

IMDbRTMETA
7.249%??
映画comY!FM
?????3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『パッション』の感想

●シネマトゥデイ 
キリストへの激しい拷問を見続ける二時間。観た人でショック死した人がいるとかいないとか噂もありますが、確かにこんな映像を見せられるのは死に至るかは別にして精神攻撃以外のなにものでもない。メル・ギブソンの敬虔な信仰心は有名だが、ここまで露骨にガツンとやられると観客も冷静ではいられない。自分がキリスト教かどうか関係なく、とんでもないものを見せつけられている感覚に陥る。衝撃を受けたければこの作品を目に焼き付けるべし。
●ユナイテッドシネマ  
描かれるのはユダが裏切ってからキリストが磔にされるまで。つまりキリストにおける最も過酷な瞬間だけを切り取っている。聖書は壮大な大作であるからこそドラマチックな余韻もあるのだが、ピークとなる過激なシーンのみを抽出されると、恐ろしいほどのホラーになっていくのか。人間のキリストが痛ましい拷問を延々と受ける。鞭は肉を裂き、杭は手足を貫く。それでも尚彼らを「許せ」というキリストは狂気の世界にある別の狂気なのかもしれない。
●イオンシネマ 
拷問シーンがメインの作品というのも凄いが、リアルというよりサディスティックですらある拷問手法の描写も気合が入っている。だだの鞭だけでなくトゲの付いた鎖みたいアレは本当にこの時代に使われていたものなのだろうか。ともかく磔にされる前に死ななかったのが不思議なくらいの残虐性だ。臨場感なんて次元ではない。この映画が2004年公開で良かった。今の最新映像技術で撮られていたら身を削る場面が細部まで見せられて大変なことになる。