マッドマックス2(2作目)

シリーズ第2弾。この荒んだ世界で生き延びろ

映画『マッドマックス2』のフル動画を無料視聴する有益な方法をレコメンドしています! 無関係な別サイトへの誘導は無しです。
今すぐ『マッドマックス2』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Mad Max II(「マッド・マックス2」) / 製作:オーストラリア(1981年) / 日本公開:1981年12月19日 / 96分 / 制作:Kennedy Miller Productions / 配給:ワーナー・ブラザース / 前作:『マッドマックス』 / 次作:『マッドマックス サンダードーム』

Mad Max 2 – Theatrical Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『マッドマックス2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者にこそ推薦できます
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠。そんな話題になった映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。これはシリーズものにも強く、レンタル店でDVDを借りるのではイチイチ面倒な場合でも、ネット配信ならば一気に鑑賞できます。これはスマホでも視聴できるのでパソコンでは見れないという人でも安心です。古い映画でもラクラクで最新メディアで鑑賞できます。

「無料」より安いものなし!
体験者の評判こそ最高の宣伝材料であり、これに勝るものはないと思うのですが、その好評意見は「無料で試せてサイコー!」などウキウキしたものばかりです。これはアカウント登録時点をスタートに一定期間、動画視聴などのサービスコンテンツを無料で使いまわせるもので、機能が著しくセーブされることもなく自由です。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。「マッドマックス2」もアリ。

わかっていても怖い!
不正な動画ウェブサイトは言っても言い過ぎではないですが適法性・実用性の二点で非推奨。それで「マッドマックス2」の視聴はダメです。常設や市販のウイルス対策ソフトでなんとか危険は回避できるのではないの?と思っている皆さんは認識が甘いです。こういう不利益をもたらすサイトをこちらのソフトウェアなどの保護機能だけで完全にバスターするなどはできず、たいていは防御システムの穴をすり抜けて、じっくりとサイレントに有害な影響を与えてきます。それさえわかれば、ベストアンサーはハッキリしています。クリーンな公式があなたの傍に待っています。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。ところが、初心者キラーになっているのが、数十のサービスで展開しているVODのとっつきにくさ。これではどれがいいのかイマイチ不明確で助けがいります。「マッドマックス2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。フルムビバースが類似サイトと決定的に違う部分は、いろいろあるのですが、取り扱っているVODの多さはどこにも負けていません。新規のものも含めて十数種類のサービスが揃っています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。これは多くの映画鑑賞すればするほどにわかってくることです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「マッドマックス2」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
初めましての皆さん、入門教室のお時間です。今日のレッスン項目は登録の際にやるべきことの初歩。入力すべき内容があります。それは別に戸籍とかではなく、一般的なものだけ。だからすぐに終わります。その情報は変なことに利用されないのでご安心ください。よく怖いと思うのは流出事件ですが、あなたの情報がもっともリスクに晒されるのはパスワードの設定を雑にしてしまったときです。登録情報は変更できますし、削除もできます。支払い先は大事なので慎重にミスがないように。無料は初回限定となっています。もちろん嘘はよくありません。そんなことをしても何の得もないので、素直に対応するのが吉。あとは「マッドマックス2」を探すだけ。どうでしょうか。簡単だと思いませんか。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。「マッドマックス2」も無規制で。

俳優好きにも必須
映画の魅力を100%、200%とウルトラアップさせるのが俳優のパワーです。これぞ映画の大黒柱。地味な登場人物の意外な豹変で一気に観客の感情を鷲掴みにしたり、本物のような熱演で感動の渦に巻き込んだり、その薄氷を踏むような繊細な演技に震えたり、俳優にすっかりやられた人もいるでしょう。VODは俳優検索ができますし、その機能を使いだすとあの映画もこれの作品も見たいと止まらなくなり、それをサポートするためにフルムビバースもキャスト情報は完備しています。「メル・ギブソン」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『マッドマックス2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月21日時点での『マッドマックス2』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『マッドマックス2』をさらに知る

石油パニックに陥った退廃的な社会を背景に凶悪化したハイウェイの殺し屋たちに挑む一匹狼の警官マックスの活躍を描くアクションで「マッドマックス」の続篇。製作はバイロン・ケネディ。3年前まで追跡専門の警官をしていたマッド・マックスは妻子を殺されその復讐をとげてからは、生きる希望を見いだせずに何の望みもない日々を送っていた。しかし、この荒廃が進む地域では暴走族の勢力は以前より増し、希少なエネルギーであるガソリンを奪い合う熾烈な戦いがあちこちで勃発し、理不尽な暴力がいたるところで展開されていた。

★スタッフ
監督:ジョージ・ミラー
脚本:テリー・ヘイズ、ジョージ・ミラー、ブライアン・ハナント
撮影:ディーン・セムラー
音楽:ブライアン・メイ

★キャスト
メル・ギブソン、ブルース・スペンス、バーノン・ウェルズ、エミル・ミンティ、マイク・プレストン、ケル・ニルソン、バージニア・ヘイ、シド・ヘイレン

★『マッドマックス2』の評価

IMDbRTMETA
7.698%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『マッドマックス2』の感想

●シネマトゥデイ 
マッドマックス2を撮ったときは36歳だったジョージ・ミラー監督はすでに70を越えているはずだ。それなのにこの作品のエッセンスは受け継がれている。エポックメイキングだったこの映画をベースにしてさらにパワーアップした「怒りのデス・ロード」の凄さはこの「マッドマックス2」の凄さをリアルタイムで体感するのにじゅうぶんなクオリティだった。そしてあらためて思った。この2作目の功績は大きいと。偉大さに心が震えて止まらない。
●ユナイテッドシネマ 
戦争による文明の崩壊、石油枯渇。暴走族による資源の略奪が横行する世界。私たちがディストピアと聞いて想像するのは最近ではもっぱらITの発達による高度化された管理社会だが、どうしてもこのマッドマックスのような世紀末のイメージを捨てきれない。核によって何もかもなくなった環境というのは惹かれてしまうのだ。それは今もその危機が隣にあるからか。それともそんな未来を予測するだけの恐怖が間近に迫っているというお告げなのか。
●VUDU 
文明が崩壊し、何が正しいのかということがなくなり、ヒューマンガスとマックスの闘いが、もはや神々の闘いとなっている。そう、これは神話だ。文明が崩壊しても、やっていることは文明時代と同じ、「油」の取り合いというところが何とも考えさせられる。常に人は搾取するものとされるものに分かれるという理をここでも見せる。監督の常に神話的な英雄譚を語る手際は見事で、それは「ベイブ」でも「ハッピーフィート」でも同じなんだろうな。