歩いても 歩いても

是枝裕和監督が描く家族のドラマ

映画『歩いても 歩いても』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトへの誘導はしていません。
今すぐ『歩いても 歩いても』を見るなら動画リンクをチェック。

是枝裕和監督が、年老いた両親の元に久々に集った家族の情景を静かなタッチで切り取り、人生の喜びと悲しみを浮かび上がらせたホームドラマ。製作は川城和実、重延浩、久松猛朗、李鳳宇。ある夏の日、元開業医の横山恭平とその妻とし子が2人きりで暮らす家に、次男の良多と長女のちなみがそれぞれの家族を連れてやって来る。家族が揃うというのはどこにでもあるような光景。何気ない団欒のときを過ごす横山一家だったが、この日は15年前に亡くなった長男・順平の命日だった…。

原題:歩いても 歩いても / 製作:日本(2008年) / 日本公開:2008年6月28日 / 104分 / 制作:エンジンネットワーク / 配給:シネカノン

『歩いても 歩いても』予告編

(C)2008「歩いても 歩いても」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『歩いても 歩いても』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震わす動画に出会える!
社会の中でいろいろな問題を抱えながらも懸命に生きる人々の心の喜怒哀楽を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、メリットもたくさん。例えば、同じ監督の映画を連続して視聴することも可能です。レンタル店でDVDを借りるのでは面倒な作業でも気になりません。映画ファンならずとも便利なものです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「歩いても 歩いても」の再生はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

使うべきはどれ?
「見たい気持ちをかられる作品があるので、VODを始める頃合いかな」そんな思いを抱いたキミは良い判断。しかし、そう単純にはいかせないのが、VODを展開する企業の多さであり、加えて配信作品の状態も毎日変化するという、一筋縄ではいかない複雑さです。「歩いても 歩いても」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「歩いても 歩いても」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話がかかってくることはありません。頻繁にメールが届くこともないので、鬱陶しさもないです。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「歩いても 歩いても」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「是枝裕和」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画はそれはもう大盛況でありとあらゆる動画だらけの遊園地みたいな世界です。しかし、その場所に不満を持っている人もいるでしょう。例えば、「これにしよう!」と思った動画をひとつ選択して視聴して見たらサムネイルとは全然違うテキストだらけの動画だったとか。釣りのような騙し系も氾濫しており、低品質サイトに誘導するものもあります。これは利用規約に違反するものですが、たいていは削除でコントロールできていないので放置状態。VODはそんな惨状はないです。「歩いても 歩いても」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『歩いても 歩いても』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『歩いても 歩いても』をさらに知る

★スタッフ
監督:是枝裕和(関連作品:『花よりもなほ』)
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:ゴンチチ

★キャスト(キャラクター)
阿部寛(横山良多)、夏川結衣(横山ゆかり)、YOU(片岡ちなみ)、高橋和也(片岡信夫)、田中祥平(横山あつし)、樹木希林(横山とし子)、原田芳雄(横山恭平)、野本ほたる(片岡さつき)、林凌雅(片岡睦)、寺島進(小松健太郎)、加藤治子(西沢ふさ)

★『歩いても 歩いても』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『歩いても 歩いても』の受賞
第51回ブルーリボン賞で監督賞と助演女優賞を受賞。

★『歩いても 歩いても』の感想

●映画無料夢心地
どこにでもいる普通の家族の一幕を丁寧に描いた映画でした。同じ家族の映画でもやっぱり日本の映画は唯一無二の日本感があって、そして是枝裕和監督はそういうものを描くセンスが本当に素晴らしいです。一見和やかだが、顔を合わせないところでちょっとギスギスしている。そんなこと言うなよとか、登場人物皆にそれぞれ思ってしまうような部分、それもどこか納得できてしまうところがあったり。家族ってこうだよねとふと自然に腑に落ちるのです。
●シネマトゥデイ  
是枝さんの作品で一番好き。別に大きな事件が起きるわけでも、ドラマチックな展開があるわけでもないのに、ぐっと息をのんで最後まで観てしまう。ここまで丁寧に描写されているのはこの監督の凄さだろうし、俳優陣の脚本に対する深い読解力と演技力も合わさって、完全に本物の家族を表現している。それでも家族にはドラマがある。説明的ではなく、だんだんとディテールが浮き立っていく物語性にこの家族も少しずつ変化していることがわかる。
●BILIBILI  
こんなに優しく、穏やかに「死」を描く作品があるだろうか。本当に自然に涙がこぼれてしまうのだった。素晴らしい脚本と見事な役者の演技。夏の日に実家に集まった家族のそれぞれの複雑な心境が、誰でも口にしたことがあるような自然な会話を使って驚くべき濃密さで描かれる。役者も素晴らしい。とくに樹木希林には脱帽。息子を他人のために失った母親という非常に難しい内面を抱えた人物を見事に演じている。怖いくらいに演技が上手い。
●フルムビファミリー  
人の演技を撮るというよりも、人を見守るような視点からのカメラワークが多いのは、まさに観客もまたこの家族の一員になった気分になる効果のためだろうか。性別、年齢、経歴…見る人によって感情移入する登場人物が変わっていくと思う。久しぶりに実家に帰るちょっとした気まずさや、久しぶり会う親戚との会話など「そういうのってあるよなあ」と思わせるちょっとした描写が冒頭から続くので、他人事とは思えない、変な想いが渦巻くのであった。