スポットライト 世紀のスクープ

真実を追求する、それが使命

映画『スポットライト 世紀のスクープ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトへの誘導はしていません。
今すぐ『スポットライト 世紀のスクープ』を見るなら動画リンクをチェック。

新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、トム・マッカーシー監督が映画化した実録ドラマ。製作総指揮にはジェフ・スコール、ジョナサン・キング、ピエール・オミダイア、マイケル・ベダーマンなどが名を連ねる。2002年、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」が、「SPOTLIGHT」と名の付いた新聞一面に、神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を看過していたというスキャンダルを白日の下に晒す記事を掲載した。それは普通の犯罪を暴くのとはわけが違った。相手は大きな力を持つ存在。信仰を疑うことはできるのか。社会で大きな権力を握る人物たちを失脚へと追い込むことになる、記者生命をかけた戦いに挑む人々の姿を、緊迫感あふれるドラマで描く。

原題:Spotlight / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年4月15日 / 128分 / 制作:アノニマス・コンテント / 配給:ロングライド

Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『スポットライト 世紀のスクープ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作には見る意味がある!
社会問題を掘り下げてそれに従事した人々の葛藤や苦悩を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。字幕や吹き替えを選びたい人も安心。このサービスはユーザーの好みに合わせて視聴スタイルを変更できるのが便利さになっています。スマホでも、パソコンでも、タブレットでも、テレビでも、自由に視聴手段を選択できます。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。言葉だけでは理解しづらいのですが、具体的には登録日から2週間などタイムリミットありきでサービスを無料で試せます(詳細な期間は各社のサービスで違うので注意)。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは絶対にNOです。それで「スポットライト 世紀のスクープ」の鑑賞はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。懺悔しても後の祭りになってしまえばどうしようもありません。利用記録はあるので逃げられないだけです。正しくいきましょう。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「スポットライト 世紀のスクープ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「スポットライト 世紀のスクープ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「スポットライト 世紀のスクープ」は? ネットに不慣れな人ほど難しく考えますが、実際はシンプル明快。商品のお試しセットが届けられるようなものです。具体的には一定期間は無料です。ではどれが見られるのか。それがサービスごとに異なります。ここは重要です。確認をしないといけません。見放題であれば全部見れますが、そうでないタイプのサービスならば登録時に入手できるポイントの範囲内で視聴作品を決めないとダメです。「これなら2作品見れるな…」と自分のお目当てを狙い撃ちです。

俳優好きにも必須
さあ、映画には役者陣の名演や怪演がところせましと詰まっています。あなたの目を楽しませてくれることは間違いありません。出演俳優をチェックするのはこれだからやめられません。VODは検索することが可能なので特定のこの人が好きという趣味にも対応できます。あの人のいろいろな姿を入念に拝めることができるでしょう。「マーク・ラファロ」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「スポットライト 世紀のスクープ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『スポットライト 世紀のスクープ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スポットライト 世紀のスクープ』をさらに知る

★スタッフ
監督:トム・マッカーシー(関連作品:『靴職人と魔法のミシン』)
脚本:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:ハワード・ショア

★キャスト
マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーブ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、スタンリー・トゥッチ、ブライアン・ダーシー・ジェームズ

★雑学(トリビア)
・カトリック教会の性的虐待事件は、アメリカだけでなく、アイルランド、メキシコ、オーストリア、イギリス、オーストラリア、オランダ、スイス、ドイツ、ノルウェーといった国々でも問題となった。

★『スポットライト 世紀のスクープ』の評価

IMDbRTMETA
8.197%93
映画comY!FM
3.73.913.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『スポットライト 世紀のスクープ』の受賞
第88回アカデミー賞で作品賞、脚本賞を受賞。第22回全米俳優組合(SAG)賞でキャスト賞を受賞。

★『スポットライト 世紀のスクープ』の感想

●無料ホームシアター 
俳優陣の丁寧かつ繊細な演技に魅了されました。さすがアカデミー賞を獲るだけはありますね。神父による児童性的虐待の重みとか意味を知るのは難しいが、性的な被害が過小評価され、タブー視され、隠匿されていくというのは日本にもあることなので、これを他人事にすることはできない。教会の汚い部分、神父の性的幼児性がもたらす悪に対する批判的な描写と同時に、ジャーナリズムの側面も描くことで、突破口を開こうとする勇気を描く。真摯だった。
●シネマトゥデイ  
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続いて、マイケル・キートンの熱演が見れてうれしかったです。他の役者もいい。記者それぞれの個性や取材方法の違い、それぞれの駆け引きなども興味深く、一筋縄ではいかないあまりにも巨大な相手に対して、絶妙なチームワークで地道に真実に迫る様子に、かなりグイグイ引き込まれた。立場が強いと何をやっても許されるという権力にいかに立ち向かうか。それは本当に大変なことである。
●VUDU
本来のマスコミの意義を思い出させてくれる。利益でもなく、名誉でもなく、あくまで弱き存在の味方になるべく、立ち向かう。敵は強大で容赦なく権力で追い込んでくる。言論の自由というのはこういう恐ろしい相手に立ち向かうにはあまりにも弱弱しい。エンドロールの曲も後味悪い音楽に感じるあたり、結局のところ、この問題は今も続いているのだ。教会の力は依然として圧倒的で社会を牛耳っている。それを監視する目はあまりにもまだ少ない。