メッセージ / Arrival

アカデミー賞も驚かせた驚異のSFドラマ

映画『メッセージ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトへの誘導はしていません。
今すぐ『メッセージ』を見るなら動画リンクをチェック。

カナダの鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが、異星人とのコンタクトを描いた米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSFドラマ。製作総指揮にはスタン・ブロドコウスキー、エリック・ハイセラー、ダン・コーエン、カレン・ランダーなどが名を連ねる。ある日、突如として地球上に降り立った異様な巨大球体型の宇宙船。その出現は人類が経験したことのないものだった。世界中が混乱する中、言語学者のルイーズは、謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなり、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていくのだが…。

原題:Arrival / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年5月19日 / 116分 / 制作:Lava Bear Films、21 Laps Entertainment / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 製作費:4700万ドル / 興行収入:1億4500万ドル

映画『メッセージ』予告編
Go Behind the Scenes of Arrival (2016)

© 2017 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『メッセージ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者にこそ推薦できます
批評家からも高い評価を受けて話題となった作品はまだ観ていない人にとっても、もう見たという人にとってもユニークな体験を与えてくれます。そんな話題作をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信のメリットもたくさん。スケールの大きい映画では画質が気になりますが、このサービスはスマホだけでなく、テレビに対応しているので、DVDと遜色ないハイクオリティな映像を最高な環境で楽しめるのも嬉しいです。

「無料」はやっぱり魅力的!
バンジージャンプを飛ぶほどの勇気は要りません。無料でお試しできるので初サービス経験でも気楽でしょう。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「メッセージ」の鑑賞はダメです。そもそも、現在ではブラックなサイトに触れることせずとも、正規のクリーンなサイトが続々と誕生中。デメリットは皆無で視聴機能も完璧に整っています。悪質な広告画像に妨害されることから卒業して危険な方法とは一切手を切りましょう。懺悔しても後の祭りになってしまえばどうしようもありません。利用記録はあるので逃げられないだけです。正しくいきましょう。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「メッセージ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。映画館最優先主義な人もVODは捨てがたい存在です。鑑賞料金の割引があるなど併用できるサービスを選択材料にしておけばニッコリできます。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「メッセージ」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「メッセージ」の動画がスムーズに再生できない、頻繁なストップで読み込みが終わらない、そうしたケースは多発するならば、考える必要があります。通信環境の最大の悪影響は無線電波の範囲。ルーターはどこにあるでしょうか。もしそれが遠いのなら近づけてみましょう。有線にするのもアリです。回線速度を計測するアプリを使ってみると具体的な数値でわかるので状況をグッと理解しやすくなります。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「メッセージ」の動画を楽しみましょう。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「メッセージ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『メッセージ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『メッセージ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(関連作品:『ボーダーライン』)
脚本:エリック・ハイセラー(関連作品:『ライト/オフ』)
撮影:ブラッドフォード・ヤング
音楽:ヨハン・ヨハンソン

★キャスト(キャラクター)
エイミー・アダムス(ルイーズ・バンクス)、ジェレミー・レナー(イアン・ドネリー)、フォレスト・ウィテカー(ウェバー大佐)、マイケル・スタールバーグ(ハルパーン捜査官)、マーク・オブライエン、ツィ・マー

★『メッセージ』の評価

IMDbRTMETA
7.994%81
映画comY!FM
3.63.593.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『メッセージ』の感想
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●無料ホームシアター 
それは驚きに満ちたSFでした。一般的なエンターテインメントとは明らかに異なる異質な存在です。突如到来した未知の物体。人類は混乱し対応に迫られる。ここだけ切り取れば、壮大なスケールの映画に思えます。しかし、物語は意外にも人間的な個人の話に集約していきます。人にとってコミュニケーションとは何か。そしてなぜそれが上手くいかないのか。さらにはどうやったら未来につなげていけるのか。その答えの先にあるものこそがメッセージです。
●イオンシネマ 
ここまで難解なSFであればマニアしか喜ばないのが普通ですが、さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。アカデミー賞会員さえも唸らせる圧倒的な体験を提供してきました。もはや恐ろしいくらいのストーリーテリングの才能。この映画を評価できないのは単にSFリテラシーが低いのか、はたまた無頓着なのか。とにかく映像的な体感からして桁違いであり、まさしく新時代のSFであることは断言できます。画面に引き込まれるような錯覚は初めてでした。