パシフィック・ウォー

太平洋戦争末期に極秘の任務についた巡洋艦艦長がいた

映画『パシフィック・ウォー』のフル動画を無料視聴する方法を的確にレコメンドしています! アンテナサイトへの誘導はしていません。
今すぐ『パシフィック・ウォー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:USS Indianapolis: Men of Courage / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年1月7日 / 129分 / 制作:Hannibal Pictures / 配給:クロックワークス

ニコラス・ケイジ主演最新作! 『パシフィック・ウォー 』 予告篇

(C)2016 USS INDIANAPOLIS PRODUCTION INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】不快広告無し
VOD2【Hulu】日本語訳
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『パシフィック・ウォー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及しています!
歴史の負の側面を持つ戦争を描いた作品は重たいテーマも多いですが見ごたえがあります。そんなスケールの大きい戦争映画をお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。このサービスは2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、見たい作品が少数なら便利です。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額でいいので、多くの動画を視聴しまくりたいという欲張りな人向けです。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。これは登録開始日を起点に一定の期間を設定されてサービス機能を無料利用できるもので、動画も当然視聴可。期間内は費用が発生しないのでまるで無料動画のようです。「本当に無料で動画が見られるの?」「動画って有料になるのが普通ではないの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」「提供はしっかりしています」と答えています。配信作品ラインナップもバラエティ重視で豪勢ですから心はすっかり満足できるでしょう。「パシフィック・ウォー」もアリ。

その再生ボタンは危ない!
なお、巷に溢れる凍結すべきイリーガルな動画サイトは絶対にNOです。それで「パシフィック・ウォー」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低クオリティサイトなんてものはいくら高画質を装っていても中身の動画も酷いもので、映画の本来の良さなんて1センチも1ミリも理解できずに、何をしたいのかもわからずに終わってしまいます。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。ところが、初心者キラーになっているのが、数十のサービスで展開しているVODのとっつきにくさ。これではどれがいいのかイマイチ不明確で助けがいります。「パシフィック・ウォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。世間に蔓延しているリーチサイトは特定の誘導だけを狙ったもので、自明ではあるのですが規制しきれていないだけで有害な場合も多いですが、フルムビバースはその適法性を含めても違います。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「パシフィック・ウォー」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
「電話番号とか入力はしたくないな~」その気持ちもわかりますが登録時の入力する情報は主に本人確認とセキュリティ認証、そして支払い情報の確保のみに使われ、自分のあずかり知らぬところでの流用はないので極度に心配しなくてもOKです。「クレジットカードとか、無料お試しの利用でも必要なの?」と思っているかもですが、それは必ず求められ、悪ふざけでの登録を防止する意味もあります。規定の条件さえ適用できるならば、普通に無料になっていくので、問題はありません。あとは「パシフィック・ウォー」を探すだけ。簡単なステップも少し歩くだけ。

無料動画サイトとの違い
インターネット利用者ならば何もネット依存症でなくとも動画共有サイトを使ったことのある人はほぼ100%じゃないでしょうか。映画ひとつとっても予告動画から感想動画まであらゆるビデオ媒体のコンテンツが溢れかえっています。しかし、大手の動画サイトでも欠点はあり、低品質と高品質が入り乱れるごちゃまぜの状態なので期待どおりとはいきません。場合によっては詐欺的なハズレかも。でもVODはそんな二の舞を踏むこともないです。必ず満点の最高水準をお約束できる、「パシフィック・ウォー」に最適のマッチング特性大の優良動画のみのサービスなのです。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「ニコラス・ケイジ」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『パシフィック・ウォー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月24日時点での『パシフィック・ウォー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『パシフィック・ウォー』をさらに知る

太平洋戦争末期に戦争終結の極秘任務を命じられた実在の巡洋艦艦長を描く戦争アクション。製作総指揮にはパトリシア・エバリー、ティモシー・パトリック・カバナー、キャム・キャノン、ウィリアム・ウィルソン3世などが名を連ねる。1945年、アメリカ軍は太平洋戦争を終結させるため、マクベイ艦長率いる巡洋艦インディアナポリス号に極秘任務を与える。それは原子爆弾の輸送だった。それは戦争の命運を決めるとても大事な存在であり、ミスは許されない。日本軍との激しい戦いを潜り抜け、なんとか目的地であるテニアン島に到着した一行は、任務を終えた安堵感の中、次の目的地へと出発。しかし、その悲劇は起こった。日本軍の潜水艦が発射した魚雷が直撃し、インディアナポリス号は沈没してしまう。母艦を失ったことで完全に居場所は消えた。残っているのは海と残骸。太平洋を漂流するはめになり、飢えなどの過酷な環境により、兵士たちが次々と命を落としていくなか、1人でも多くの兵士を家族の元へ返そうとするマクベイだったが…。

★スタッフ
監督:マリオ・バン・ピーブルズ(関連作品:『レッド・スカイ』)
脚本:キャム・キャノン、リシャール・リオンダ・デル・カストロ
撮影:アンジェイ・セクラ
音楽:ロラン・エケン

★キャスト
ニコラス・ケイジ、ジェームズ・レマー、トム・サイズモア、トーマス・ジェーン、マット・ランター、ブライアン・プレスリー、竹内豊、アダム・スコット・ミラー、コディ・ウォーカー、キャラード・ハリス、マンデラ・バン・ピープルズ、クレイグ・テイト、エミリー・テナント、ベロニカ・ロサティ、ホセ・フリアン、パトリス・コル、マックス・ライアン

★『パシフィック・ウォー』の評価

IMDbRTMETA
5.217%30
映画comY!FM
2.8???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『パシフィック・ウォー』の感想

●FILMAGA  
広島に落とされた原爆を海上輸送したUSSインディアナポリスが、その後日本の潜水艦に撃沈された実話を描くという、日本人にとってもなかなか興味深い話。戦争には英雄などいないなんて知った気な発言はしないが、この作品自体は真面目に作られた嫌味のない一編であり、わざとらしさもないので好感が持てる方だと思う。しかし、いかんせん映像が…。誰か予算をあげてください。というか、ニコラス・ケイジじゃ金を出さないのですか…。
●DAILYMOTION  
実はこれ、サメ映画でした。しかも結構雑です。そこだけ切り取るとB級映画のクオリティですから。極秘任務による原爆運搬、日本の潜水艦との戦い、洋上のサバイバル、現場で尽力した者に対する責任転嫁とびっくりな驚くべき史実のてんこ盛りでお送りする海洋戦争もの。そこそこ見応え十分なはずだが、荒れる海面のように浮き沈みが激しいのが欠点で、重鎮するニコラス・ケイジの勇ましい活躍も虚しく、映画自体は本国では轟沈したようです。