アンチポルノ(2016)

これが私の全てを丸裸にした姿

映画『アンチポルノ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画と関係ないサイトに誘導はしていません。
今すぐ『アンチポルノ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:アンチポルノ / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2017年1月28日 / 78分 / 制作: / 配給:日活

映画『アンチポルノ』予告編

(C)2016 日活


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高品質
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『アンチポルノ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一気に普及しています!
日常からはかけ離れたエキセントリックな展開で観客を驚かせるような作品はそれだけで衝撃を受けてしまうものばかり。そんな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合では、少し人目を気にしてしまうようなタイトルでも安心。ウェブサイトにアクセスするだけでいいので問題ありません。さらにプライベートな空間で誰にも邪魔されずに鑑賞できるということもあり、非常に便利です。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。これはアカウント登録時点をスタートに一定期間、動画視聴などのサービスコンテンツを無料で使いまわせるもので、機能が著しくセーブされることもなく自由です。「無料期間なんて都合の良いものは一瞬で終わるのでしょう?」そんな疑いは廃棄してください。じゅうぶんな時間があるので、動画をどんどん見ていく余裕がたっぷりあって幸せです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「アンチポルノ」の再生はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

迷ったときは?
今では新作でも長期間待つことなく比較的早く配信されることも。だったらなおさら試し見したいものです。しかし、ここで難問がひとつ。それが、VODの種類の膨大さであり、加えて現状の配信動画もこうしている間にも変化するという、不安定な把握のしづらさです。「アンチポルノ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「アンチポルノ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「アンチポルノ」も規制なしでどうぞ。

海賊版サイトは無料ではありません
一部の無料で映画をずる賢く観ようとするユーザーに伝染しているのが海賊版サイトですが、そんな利用者は知らないところで損害を受けています。不正プログラムも蔓延しているので、個人情報リストがダークウェブ上で売買されていることが調査機関によってたびたび報告されています。「アンチポルノ」が何が何でも見たいという感情は重々理解できますが、それを無料で何も登録なしに…というのは少々虫が良すぎる話です。ちゃんとオフィシャルを保障する企業に委ねましょう。それはどんな会社のものが良いのかはこのページでも案内しています。

『アンチポルノ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アンチポルノ』をさらに知る

日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念して日本映画界の第一線で活躍する監督たちが新作ロマンポルノを手掛ける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」で、園子温監督がメガホンをとったアナーキーな1作。エグゼクティブプロデューサーは田中正、プロデューサーは小室直子と高橋政彦。小説家兼アーティストとしてブレイクした京子は、極彩色の部屋に籠もり、全く自由のない環境に生きるしかない。マネージャーの典子から知らされるスケジュールを分刻みでこなす、忙しいだけの毎日を送っていた。次第に虚構と現実の境が曖昧になっていく中、京子の意外な過去が暴かれていく。

★スタッフ
監督:園子温(関連作品:『新宿スワンII』)
脚本:園子温
撮影:伊藤麻樹

★キャスト
冨手麻妙、筒井真理子、不二子、小谷早弥花、吉牟田眞奈、麻美、下村愛、福田愛美

★インタビュー
・冨手麻妙「園監督と出会ったとき、最初に言われたのが“お前、脱げるのか”という質問だったのですが、その時、私は“はい脱げます”って気合を入れて返事をしたんです」
・冨手麻妙「園監督の現場は常に不安です。何作も現場でご一緒していますが、いまだに園監督から話しかけられると吐き気がするぐらい緊張します」

★雑学(トリビア)
・元AKB48の冨手麻妙は本作で長編映画の単独初主演を飾り、劇中ではヌードも初披露した。

★『アンチポルノ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??2.713.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『アンチポルノ』の感想

●無料ホームシアター
ロマンポルノ作品群の中でもひときわ尖っており、実に園子温監督らしさが爆発している作品でした。賛否両論とか園子温監督には求めちゃいけない気がするし、そんなあり得ない!なんて怒りの言葉もあまり意味がない。これは常識に対する反発。フルヌードは純粋に良い体だけどそれ以外の濡れ場は独特すぎるので、それ自体のインパクトも凄い。前衛的なアート作品とはこのことだが、これはその中でもかなりの強烈さなので、覚悟して鑑賞しよう。
●FILMAGA 
主演の冨手麻妙の体の張った演技に拍手。単に脱げばいいというものではない、ここまでできれば大したものです! あっぱれな心意気。ポルノは日常から逃れたい思春期の女の子の脱出手段の一つとして、甘美な罠になっていく。ポルノに偏見があるのであれば、それはこの作品がぶち壊してしまう。ポルノ女優は日常と非日常が反転してしまい、その瓶の中で大きくなってしまったことで逃げられない。アンチとして生きているのは他ならぬ彼女かもしれない。
●BILIBILI
ロマンポルノのルールを完全度外視したことで、さすが園子温監督、ただの枠には当てはまらないことを示して見せた。本当に女性の立場を理解してその問題点を持ち出した映画はこの映画だけだし、これを理解できないのはまさに自分の煩悩と差別意識にまみれている証拠になるだけだ。それでいてロマンポルノリブートプロジェクトの中でいちばんエロいというのはやはり見事でしかない。あらゆる方向でわかっている視点が詰まっている作品だった。