ほしのこえ(2002)

新海誠監督が描く、時の流れに引き裂かれた二人の想い

映画『ほしのこえ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画と関係ないサイトに誘導はしていません。
今すぐ『ほしのこえ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ほしのこえ / 製作:日本(2002年) / 日本公開:2002年2月2日 / 25分 / 制作: / 配給:MANGAZOO.COM

「ほしのこえ」予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】初心者有利
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ほしのこえ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
独創的な世界観で観客の意識を奪うファンタスティックな作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな個性の光るアニメーションをお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、関連作品を探すのも楽で、同じ監督の手がけた作品をどんどん見ていくのも簡単です。スマホでも、パソコンでも、タブレットでも、テレビでも、ユーザーの好みに合った自由な視聴スタイルで見られるので、いつでも楽しめます。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これはアカウント登録時点をスタートに一定期間、動画視聴などのサービスコンテンツを無料で使いまわせるもので、機能が著しくセーブされることもなく自由です。「解約がすぐできない仕様なら怖くて手を出せない」そんな恐れは忘れましょう。登録よりも解約の方がラクチンで、思いついた時にその場でウェブサイトやアプリですぐに退会にシフトできます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ほしのこえ」の再生はダメです。そもそも、そうした悪質なサイトにわざわざ「無料」というワードに釣られて手を出すこともありません。なぜならそれよりもはるかに優れた正規のサービスが存在するからです。デメリットしかないサイトを利用する価値は微塵もないです。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、ここで難問がひとつ。それが、VODの種類の膨大さであり、加えて現状の配信動画もこうしている間にも変化するという、不安定な把握のしづらさです。「ほしのこえ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。意外な話ですが情報が更新されるサイトというのはマイナー系では珍しいです。コツコツと毎年毎日頑張っています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ほしのこえ」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットの発達の黎明期の頃から動画鑑賞を牽引してきたのは動画共有サイトで、世界ではYouTube、日本ではニコニコ動画が席巻してきました。しかし、今や問題点だらけです。とくに子どもには本来は勧めづらいところもあります。不適切なコンテンツもあり、視聴制限も機能していません。大人でも厄介なのは低品質な無価値動画の多さ。イライラして動画探しが嫌になった人もいるのではないでしょうか。完全な公式動画の管理がしっかり徹底されているVODならば杞憂ですので、「ほしのこえ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

海賊版サイトは無料ではありません
一部の無料で映画をずる賢く観ようとするユーザーに伝染しているのが海賊版サイトですが、そんな利用者は知らないところで損害を受けています。不正プログラムも蔓延しているので、個人情報リストがダークウェブ上で売買されていることが調査機関によってたびたび報告されています。「ほしのこえ」が何が何でも見たいという感情は重々理解できますが、それを無料で何も登録なしに…というのは少々虫が良すぎる話です。ちゃんとオフィシャルを保障する企業に委ねましょう。それはどんな会社のものが良いのかはこのページでも案内しています。

『ほしのこえ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ほしのこえ』をさらに知る

「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ」。『君の名は。』を生んだアニメーション監督の新海誠が、初期に個人制作して監督・脚本・演出・作画・美術・編集のほとんどをひとりで手がけたSF短編アニメ。2039年、NASAの調査隊が火星のタルシス台地で異星文明の遺跡を発見し、突然現れた地球外知的生命体タルシアンに全滅させられた。この出来事に衝撃を受けた人類は、遺跡から回収したタルシアンのテクノロジーで、タルシアンの脅威に対抗しようとしていた。そんな脅威から遠く離れた世界である地球は、まだ平穏さが残っていた。中学3年の夏、国連宇宙軍の選抜に選ばれた長峰美加子は、思いを寄せていた同級生の寺尾昇に別れを告げる。美加子は地球を後にし、昇は普通の高校へ進学。その距離は気持ちを届けるには物理的にはあまりにも遠い。地球と宇宙に引き裂かれた2人はメールで連絡を取り続けるが、それしかできないことにもどかしさを感じる。美加子が地球から離れるに従い、メールの往復にかかる時間は何年も開いていき、コミュニケーションは難しくなる。それでも二人は連絡を止めない。そして、ついに…。

★スタッフ
監督:新海誠(関連作品:『雲のむこう、約束の場所』)
脚本:新海誠
音楽:天門

★キャスト
武藤寿美、鈴木千尋

★『ほしのこえ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??3.763.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ほしのこえ』の受賞
第6回文化庁メディア芸術祭で特別賞を受賞。

★『ほしのこえ』の感想

●FILMAGA  
新海誠監督作の中ではもっとも「君の名は。」に近い要素を持っている。つまり、時空を超えてつながっているようにみえてすれ違っていく二人の若い男女という観点である。ジャケットなどでは思いっきりロボットもののようなジャンルに思えるが、実際の中身はこのすれ違いという極めてエモーショナルなドラマにおける感情の機微をメインにしており、監督の得意分野がすでに確立している証拠をいえるだろう。個性が光る不思議なバランスの作品だ。
●ユナイテッドシネマ 
宇宙と地球では距離が離れすぎているので時間の流れがどんどんズレていくという話を見て、完全に「インターステラー」を思い出したのはここだけの話。一通のメールが届くのは、なんと8年後。そのメールにある後半の伝えたかったこともノイズで消えてしまっている。作品の製作年代的にメールが若者の間で浸透していた時代だから、こういうメールをキーワードに届かない想いを描くというのは非常に新しかったと思います。今はSNSになりましたが。
●CRUNCHYROLL 
作画や設定などまだ新海作品の中では駆け出し感あるけど、好きな作品。メッセージ性が強く、背景もこの頃から独特の綺麗さも持っていて、相変わらず言葉のチョイスも素敵。これを1人で作ったのかと思うと感心するし、この実力が成長してあそこまでの大成功をつなげたのはさすが。時代性を感じられるガラケーに対する考え方からは、当時の若者の思想が垣間見え、この新海誠は時代を切り取るのがとにかく旨いなと当時から思っていました。