リトル・ランボーズ / Son of Rambow

僕らの想像力が世界をちょっとだけ変える

映画『リトル・ランボーズ』のフル動画を無料視聴する方法を適切にレコメンドしています! 動画と関係ないサイトに誘導はしていません。
今すぐ『リトル・ランボーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Son of Rambow / イギリス・フランス(2007年) / 日本公開:2010年11月6日 / 94分 / 制作:Arte Cinéma / 配給:スタイルジャム

映画『リトル・ランボーズ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】和訳オプション
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『リトル・ランボーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
社会で生きる人間の純粋な心の機微を繊細に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、身近になってきたものですが、レンタル店でDVDを借りてから配信されていたことに気づくとガッカリしてしまうので、ウェブサイトにアクセスして確認するのがまず先決です。

「無料」を嫌う人はいない!
ようこそ、いらっしゃいませ。最初にあなたにお届けするのは初回無料のトライアルな肩慣らしリラックスです。これは登録開始日を起点に一定期間を設定されてサービス機能を無料利用できるもので、動画でも見放題なら自由に見れますし、ポイント購入で視聴するものならそれもOK。「無料期間真っ最中の間に退会はできたりする?」「私はずっと使う自信がないから途中で辞めたいけど可能?」との問いには「YES」と答えられます。本音はずっと使ってほしいところですが、事情は個人の都合もあるので無理は言えません。継続の判断はご自由に。「リトル・ランボーズ」もあるかも。

忘れたくない恐怖!
なお、巷に溢れるアウトな領域であるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「リトル・ランボーズ」の鑑賞はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、見苦しいほどに映像不明瞭でカクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、不正確な映像がぼやけているだけでなく映りすらもしない、本編がフルでは全く見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、初心者キラーになっているのが、数十のサービスで展開しているVODのとっつきにくさ。これではどれがいいのかイマイチ不明確で助けがいります。「リトル・ランボーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。「リトル・ランボーズ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分のマイペースを崩さなくていいので視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
初のVODの世界へようこそ…と言いたいところですが、まずは登録をしてください。遊園地に入る前のチケットの購入みたいなものです。もちろんお試しならば無料なのでお金はひとまずいりません。でも支払い先はどういう立場であっても事前に入力しないといけません。つまり支払い能力のない人は当然ではありますが門前払いされます(イタズラ防止)。そしてメールアドレスなどを登録してアカウントを作らないとダメです。それ自体は1分もかからずに終わるのでノーストレスですが、動画を見るための準備体操みたいなものです。あとは「リトル・ランボーズ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
昔からの動画コンテンツを無料で楽しむ方法といえば、YouTubeなどの動画共有サイトです。今でも主流ではありますが、そのタイプの大型サイトは致命的な弱点も気になるものでした。それは低品質な動画が無数に存在し、決められているポリシーに基づいて運営側のマネジメントで管理されているとはいえ、違法性のあるものも放置されています。取り締まりが追い付いていないので、完全な改善の見込みは不透明。そんな雑多なサイトと根本的に管理体制が異なるVODは、オール・ハイクオリティなので不安定さは全くない、「リトル・ランボーズ」に最適の優良動画のみのマッチするサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を「リトル・ランボーズ」視聴前に気にする人もいるでしょう。解約は何よりも大事な注目ポイントです。サービスが続く限りずっと利用してほしいというのは運営者側の本心ですが、どうしても利用できない状況になったり、他の魅力的なサービスに心変わりしたり、やむを得ない値上げにともない利用サービスを厳選したり、諸々の事情が発生することは避けられません。永遠の利用は普通であれば考えにくいものです。その場合の退会はスムーズに進められると理想ですが、VODは解約がすぐに終わるのも大きなメリットとして嬉しいところです。あらかじめアナウンスされた専用ページで数クリックで完了。思いついたその日に完了できます。

『リトル・ランボーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『リトル・ランボーズ』をさらに知る

サンダンス映画祭でプレミア上映された、少年たちのドラマ。製作はニック・ゴールドスミス。1982年のイギリスが舞台。11歳のウィルは、教会の厳しい規律のもと、音楽や映画などの娯楽を一切禁止されて育つ。エンターテインメントを知らないのも普通だと思っていた。ある日、学校一の問題児カーターと出会い、彼の家で生まれて初めて映画「ランボー」を見る。大きな衝撃を受けたウィルは、カーターと友情を育みながら、映画作りを始める。

★スタッフ
監督:ガース・ジェニングス
脚本:ガース・ジェニングス
撮影:ジェス・ホール
音楽:ジョビィ・タルボット

★キャスト
ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュク、ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジェオン

★『リトル・ランボーズ』の評価

IMDbRTMETA
7.074%??
映画comY!FM
3.6???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『リトル・ランボーズ』の感想

●映画無料夢心地
スタンドバイミー的なあの子供の頃には戻れないノスタルジーを感じさせる映画です。人によって心に刺さるでしょう。私はどストライクです。なんて心が温まる映画なんだろう。いつのまにか忘れた心を思い出させてくれるそんな映画でした。娯楽が禁止されてる厳しい家庭で育った、絵を描くことが大好きなウィルと、学校で問題ばかり起こすけど唯一の兄を慕うカーターの心温まる少年の青春映画。ラストのシーンが本当に最高でした。
●シネマトゥデイ 
映画の自主製作を通じて、大人が作った柵を抜け出す少年の姿、これがなんとも爽快。子供たちだけの世界だからこそ映画作りに夢中になったり、友情を育んだりという姿はなんだかいい。楽しいことを見つけた子供の無邪気なワクワク映画がのびのびしている。子どもの想像力が無限大に広がるのは、現実を知らないという未熟さゆえだが、そこに価値があるんだなと感じる。私もいつからその広大な可能性を信じなくなったのだろうか。
●TOHOシネマズ
『SING/シング』の監督作。まんま『ランボー』ネタを軸に、『地獄の黙示録』や『若き勇者たち』等の1980年代前半のアクション作品にオマージュを思いっきり捧げたりしておまけにデュラン・デュランやデペッシュ・モードにザ・キュアらの挿入歌で、これはもうハマる人はドンピシャだろう。漫画チックな映像を挟み、『スタンド・バイ・ミー』にも近い友情を織り込みながら、兄弟愛や映画愛を贅沢にブレンドされたらニンマリするしかないのです。
●ユナイテッドシネマ 
可愛すぎて、心撃ち抜かれました。キリスト教徒で授業でテレビを観ることも禁じられてる家庭に育つウィルくんが、いたずらっ子で問題児なカーターくんと映画ランボーに出会い、無邪気に夢中になって一緒に映画を作るお話。映画が上映されるところでリーが照れて顔を隠しながら、でも笑いが起きているか劇場を見回しているあたりがたまならくいい。舞台となる英国の田園風景も美しく、印象に残る。これはもっと多くの人に見てほしいですね。