バンコクナイツ(2016)

バンコクの歓楽街、ここが私の生きる場所なの?

映画『バンコクナイツ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 混乱させる無数のリンクはありません。
今すぐ『バンコクナイツ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:バンコクナイツ / 製作:日本・フランス・タイ・ラオス(2016年) / 日本公開:2017年2月25日 / 182分 / 制作: / 配給:空族

『バンコクナイツ』特報第3弾

(C)Bangkok Nites Partners 2016


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】マルチ対応
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『バンコクナイツ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使えばわかる面白さの宝庫!
社会の雑踏で生きている人々の懸命な人生を克明に描いた作品は苦悩や葛藤が詰まっているものは見ごたえがあります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用して上手く視聴しましょう。確実に見れるかどうかは別にして、似たようなテーマを題材にした作品を探して見ておけば、作品の理解も一層深まります。ウェブサイトにアクセスするだけでOKなので、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴できます。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。「具体的にどんなものなのかわからないから手を出しにくい…」そんな不安も大丈夫。簡単に言えば期間限定で無料試用できるものであり、悩まず利用できます。「無料期間真っ最中の間に退会はできたりする?」との問いには「YES」と答えられます。本音はずっと使ってほしいところですが、事情は個人の都合もあるので無理は言えません。継続の判断はご自由に。「バンコクナイツ」もあるかも。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「バンコクナイツ」の再生はダメです。「気をつければ大丈夫では?」そういう油断は足元をすくわれます。個人情報が悪用されたり、大事なスマホがのっとられたり、目も当てられない惨状になれば手遅れです。たかが違法動画サイトでもそのリスクは想像以上に甚大です。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル動画で提供されることはDVD以上に普及しつつあり、VODはそのメインマーケットでもあります。しかし、ここで難問がひとつ。それが、VODの種類の膨大さであり、加えて現状の配信動画もこうしている間にも変化するという、不安定な把握のしづらさです。「バンコクナイツ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「バンコクナイツ」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットが産声をあげて動画というコンテンツで私たちの日常を支配し始めた時期。その頃から業界の先陣で頑張ってきたのは動画共有サイトです。しかし、その膨大な動画の山もすっかり課題ばかりが手づかずで放置されるようになっていきました。ユーチューバーで埋め尽くされた状態は嫌だという人もいるはず。また、再生して見れば取るに足らないテキストだけのガッカリ動画というのも頻繁に存在します。そこでVODは新しい時代の上位版動画サイトです。既存の欠点を克服した、「バンコクナイツ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
あなたの映画を観るうえでの作品選びの基準は何でしょうか。動画配信サービス上でサムネイルをただ眺めているだけでは永遠に決まらないこともあります。なにしろ多すぎるという問題もあり、お手上げになったりしますから。そこで賞の受賞やレビュー評価を参考にしてみるのもいいでしょう。映画サイトなんてヤラセだよと疑うかもですが、しっかりしているところは根拠もあって納得させられます。こちらのページでは一括確認も可能です。「バンコクナイツ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『バンコクナイツ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バンコクナイツ』をさらに知る

映像制作集団「空族」の富田克也が監督・脚本を手がけ、バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦と日本人の男たちが織り成す、失われた楽園を取り戻すための旅を描いたロードムービー。Co.プロデューサーは大野敦子、筒井龍平、フィリップ・アブリル、アピチャ・サランチョン、ドゥアンメニー・ソリパナン、マチエ・ドゥー。バンコクにある日本人専門の歓楽街タニヤ通り。タイの東北地方イサーンから出稼ぎに来て5年になるラックは、現在は人気店「人魚」のトップにのぼりつめ、業界の頂点にいるように見える。しかし、ヒモの日本人男性ピンを連れ回し贅沢な生活を送る一方で、裏では故郷の家族に仕送りをしていた。それが普通の繰り返しであり、そこに疑いもない。ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワと5年ぶりに再会する。その出会いが新しい人生の道のように背中を押していく。ラックとオザワはそれぞれの思いを胸に秘めながらバンコクを離れ、ラオスとの国境にあるラックの故郷へ向かうが…。

★スタッフ
監督:富田克也(関連作品:『サウダーヂ』)
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:向山正洋、古屋卓麿

★キャスト
スベンジャ・ポンコン、スナン・プーウィセット、チュティパー・ポンピアン、タンヤラット・コンプー、サリンヤー・ヨンサワット、伊藤仁、川瀬陽太

★『バンコクナイツ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バンコクナイツ』の感想

●無料ホームシアター
劇中のあらゆるシーンに胸が打たれる。まさに圧巻、こんな映画は見たことがない! 評価の高い「サウダーヂ」に始まり、いろいろと注目度の高い監督及び製作集団だがかなり露出の少ない作品なのでアクセスする手段が乏しい。本音を言えばもっといろんな媒体で観られるようになってほしい。そうすれば様々な人に宣伝してオススメできるのに。本当に魅力的な作品なのでぜひ観られるチャンスがあったら忘れずにチェックすべきだし必見なのは断言する。
●BILIBILI  
近年の数あるインディーズ邦画作品の中でも、頭ひとつどころか圧倒的にとびぬけている優れた映画ではないか。見て損はない。家族のために都会で身を売りながらも、めげず明るいタイ女性への讃歌。こういう社会の下で生きる人に光を当てる天才だと思う。特に日本は海外の労働者に厳しい。タイやラオスの文化や貧しさや社会問題をひっくるめて彼女と向き合っていく姿に心惹かれずにはいられない。これが確かに存在する人生の光景なのだ。
●DAILYMOTION  
動画配信サービスで観られるようにならないかな。せめてレンタルは無理でもね…。バンコクのギラついた都会の風景との対比。この独自の視点が本当に綺麗で鋭利でぎらついている。人間の嫌な部分をドキュメンタリーチックに映しながらも、幻想的でどこか現実離れした異国の世界を映像に上手く収めている。欲深い異国人が交差し浮遊する世界で、イン、オザワが選んだ道は幸せな人生に通じていると信じたいというのが率直な思いとして心に残る。