ジュラシック・パーク(1作目)|無料動画をフル視聴で試せます【字幕&吹替】

シリーズ第1弾。全ての惨劇はここから始まった

映画『ジュラシック・パーク』のフル動画を無料視聴する方法を続編も込みでレコメンドしています! 混乱させる無数のリンクはありません。
今すぐ『ジュラシック・パーク』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jurassic Park(ジュラシックパーク1) / アメリカ(1993年) / 日本公開:1993年7月17日 / 127分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:ユニバーサル/UIP / 製作費:6300万ドル / 興行収入:10億ドル / 次作:『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク

動画
▼『ジュラシック・パーク』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る フル視聴確定

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ジュラシック・パーク』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者なら耳より情報です
屈指のSFアドベンチャーの名作であり、続編も次々と作られ続けているこの映画。当然ながら視聴したいと思う需要もビックサイズなのですが、安心できることに、動画配信サービスでの扱いも非常に充実しています。つまり、初回無料によって、期間限定ではありますが、無料で鑑賞も可能ということです。解約については非常に簡単に数回の操作で完了するので問題ありません。一度登録したら出られないわけではないです。もちろんそのまま利用するのも良いと思います。最も肝心なのはどの動画配信サービスで鑑賞できるかという問題ですが、幸いなことにかなりバラエティ豊かなサービスで視聴が可能です。それについてはこのページで紹介しているサービスの中から、あなたに合ったものを選ぶと良いでしょう。実際に配信状況は流動的ですので、サイト内での確認もお忘れなく。作品タイトル名で検索すれば問題ないです。快適な映画ライフが待っています。ダイナミックな映像に集中するのであれば、字幕よりも吹き替えのほうがオススメかもしれません。そのあたりに関してはかなり好みに影響もされます。VODでは自由に選択できるのでお好みの鑑賞スタイルでお楽しみください。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「おカネは利用の鉄則になること」それは条件になるものですが、しかし無料トライアル中には別に出費はありませんので安心。無限に資金があるなら別ですが、ディスクを全揃えできる人はよほどそれだけにおカネを注ぎ込めるのでしょう。そうでない場合の人にこそVOD。節約で少しでも無料動画を最初はずっと楽しみましょう。「解約がすぐできない仕様なら怖くて手を出せない」「どうせ登録だけさせておいて退会を忘れさせる戦法なのではないか?」そんな恐れは忘れましょう。登録よりも解約の方がラクチンで、思いついた時にその場でウェブサイトやアプリですぐに退会にシフトできます。スティーブン・スピルバーグ監督の「ジュラシック・パーク」もアリ。

シリーズを見たいからといって…
不正な動画ウェブサイトはかなりのリスク要素が山盛りになっているので、適法性・実用性の二点で非推奨。それでサム・ニール出演の「ジュラシック・パーク」の視聴はダメです。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、普通に使っているだけのユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、ひたすらにしつこく無関係で不愉快な広告を流すものまで、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

いちはやくウォッチ!
安心してください。こちらの紹介する動画サービスサイトは「エルマーク」という正規契約コンテンツ配信のものだけです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。ローラ・ダーン出演の「ジュラシック・パーク」フル動画を視聴できるVOD(使えないようなものは論外として)はどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。このページの更新頻度は配信状態が大きく変化するタイミングを想定して動いていますが、作品ごとに全然変化しないものもありますし、変わってきます。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画は邦画とは違う雰囲気を楽しめるのが醍醐味ですが、「字幕」にするか「吹き替え」にするかというのは考えないといけません。動画配信サービスはそのまま再生するとデフォルトの翻訳スタイルになりますが、しっかり選択できます。再生画面内の下部にある設定をチェック。場合によっては片方しかないときもありますし、常に選択肢が豊富というわけではないですが、個々のサービスによっては充実した外国語翻訳があなたを待っていることもあるのです。「ジュラシック・パーク」の面白さの斬新な発見につながってワクワクするかもしれません。

登録情報は最小限
初のVODの世界へようこそ…と言いたいところですが、まずは登録をしてください。遊園地に入る前のチケットの購入みたいなものです。これがないとどうにもできません。もちろんお試しならば無料なのでお金はひとまずいりません。でも支払い先は事前に入力しないといけません。つまり支払い能力のない人は門前払いされます(イタズラ防止)。そしてメールアドレスなどを登録してアカウントを作らないとダメです。それ自体は1分もかからずに終わるのでノーストレスですが、動画を見るための準備体操みたいなものです。あとはジェフ・ゴールドブラム出演の「ジュラシック・パーク」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されている子どもへの安全サイトへの利用を推進させるフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「ジュラシック・パーク」合法視聴方法を拡散しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているコミュニケーションを増進させてさらにつながりを増やすSNS。映画を見た後にもその感想などを匿名スタイルでも語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。リチャード・アッテンボロー出演の恐竜パニックの王道大作「ジュラシック・パーク」の動画を観終わって「うんうん満足だな!」と自分のシャッターを閉じてしまう前に「ちょっと人に宣伝してみるか」と別の一歩を踏んでみませんか。これが何でもなく気軽にできます。それは余計なおせっかいになることを危惧しているなら心配ご無用です。映画というのはそうやって人気の地盤を拡大するものです。SNSでの拡散力はこれまでもいくつもの話題作を生み出す爆発的なスマッシュヒットの燃料となってきたのです。

『ジュラシック・パーク』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年5月5日時点での『ジュラシック・パーク』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ジュラシック・パーク』をさらに知る

最新のバイオ・テクノロジーによって現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしているテーマ・パークが完全制御の不備によりおちいるパニックを描いた名作。『ジュラシック・パーク』の製作はキャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン。アリゾナの砂漠地帯で恐竜の化石の発掘調査を続ける生物学者のアラン・グラント博士と古代植物学者のエリー・サトラー博士は、突然やって来たハモンド財団の創立者ジョン・ハモンド氏に話を持ちかけられる。それはとんでもない大冒険と恐怖の始まりだったのだが、この時は知る由もなかった。3年間の資金援助を条件にコスタリカ沖の孤島へ視察に来るよう要請され、状況は正確に掴めぬまま向かう。視察には、数学者のイアン・マルカム博士、ハモンド氏の顧問弁護士ドナルド・ジェナーロ、それにハモンド氏の2人の孫、レックスとティムも招かれていた。広大な自然が広がる島に到着した彼らの目の前に現れたのは群れをなす本物の恐竜たちだった。

★『ジュラシック・パーク』のスタッフ


監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:マイケル・クライトン、デビッド・コープ
撮影:ディーン・カンディ
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★『ジュラシック・パーク』のキャスト


サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、リチャード・アッテンボロー、アリアナ・リチャーズ、ジョセフ・マッゼロ、マーティン・フェレロ、ボブ・ペック、ウェイン・ナイト、サミュエル・L・ジャクソン、B・D・ウォン、ジェラルド・R・モーレン、ミゲル・サンドヴァル、キャメロン・ソア

★『ジュラシック・パーク』の評価

IMDbRTMETA
8.192%68
映画comY!FM
3.94.193.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ジュラシック・パーク』の感想

●『ジュラシック・パーク』シネマトゥデイ 
これほど単純明快なエンターテインメントはあるだろうか。真に面白い作品は簡単な言葉で説明ができる。この映画はまさにそれだ。太古の大昔に生きていた恐竜が蘇って人間を襲う。それだけ。普通に考えて恐竜のテーマパークなんて実現できそうにない、それこそ空想の産物。しかし、この映画はコンピューターグラフィックスという最強の武器を手にしたことで化け物へと変貌を遂げた。恐ろしさと美しさを兼ね備えたアドベンチャーはこれだけだ。
●『ジュラシック・パーク』DAILYMOTION 
ジュラシック・パークはやっぱり1が一番面白い。それは揺るがない事実。テーマ曲が聞こえると条件反射でドキドキしてしまう。そんな映画は滅多に現れない。CGで全て恐竜を作るのではなく実際に恐竜の模型を作り、映画に取り込むという映画愛に溢れたテクノロジーの系譜。ただのCGが凄いだけの映画ではないのだ。この作品は10年後、20年後の未来のCGが当たり前の人たちにも感動を届けられるだろうか。私はこの作品のパワーを信じている。
●『ジュラシック・パーク』VUDU
「恐竜は怪獣じゃない、人間と同じ生き物なんだ。ホラーにしてはいけない」スピルバーグのそんな言葉のとおり、本作の主人公は恐竜です。人間はわりとモブにすぎません。あざといほどの子供たちの登場するあたりは、監督らしい扱い方でほっこりします。アトラクションムービーとして語られがちですが、実際はシナリオも演出も練られており、確かな才能を感じます。「ジュラシックワールド」へと現在も作品が続くのも支持されている証です。