太陽を掴め(2016)

音楽と友情と青春

映画『太陽を掴め』のフル動画を無料視聴する方法を不快広告ゼロでレコメンドしています! 混乱させる無数のリンクはありません。
今すぐ『太陽を掴め』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:太陽を掴め / 日本(2016年) / 日本公開:2016年12月24日 / 89分 / 制作: / 配給:UNDERDOG FILMS

『太陽を掴め』予告編
動画
▼『太陽を掴め』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 高画質

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『太陽を掴め』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも利用している!
社会の雑踏で生きる人間たちの葛藤や苦悩をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なので、ウェブサイトにアクセスするだけでOK。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、店で探す手間はありません。今はこれがスタンダードになり、DVDというのもどんどん時代から遠ざかっているツールになってきました。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかもここからです。無料というお試しにはうってつけなトライアルがたいていのサービスにはセットアップされています。これは登録開始日を起点に一定期間を設定されてサービス機能を無料利用できるもので、動画でも見放題なら自由に見れますし、ポイント購入で視聴するものならそれもOK。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。「太陽を掴め」もアリ。

騙しだけは勘弁してくれ!
違法な動画サイト等には理解を超えてじゅうぶんに気を付けてください。それで「太陽を掴め」の再生はダメです。最近も続々と新手の危険性がバージョンアップしており、いかにも怪しいサイトではなく、既存の有名なブランドに偽装して広告スタイルで表示してログインさせようとしてくるものもあります。これはURLで目視判断するしかなく、油断中のユーザーが気づくのを困難にさせます。オフィシャリティのあるサービスならば、その恐怖は全て一掃することができ、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。

これに決めた!
「最初は興味が無かったのに、今では関心が100倍に増している!」そうなればもはや止める理由もないのでいきなりでも何でもいいので本能に忠実にいきましょう。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「太陽を掴め」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。使っていないVODを優先的に探しましょう。なぜなら無料体験は未使用者にこそ与えられる特別なメリットだからです。スルーするのは無駄金になるだけ。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが(需要としては結構な寄せられるものではあるのですが)、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、完全な保証をしているわけでなく、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。「太陽を掴め」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分の中にあるベストを見計らって視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「太陽を掴め」合法視聴方法を善意のつもりで拡散しましょう。それはいろいろなものを救うことにもなります。

解約はすぐできます
VODの解約方法を「太陽を掴め」視聴前に気にする人もいるでしょう。解約はできないと困ります。ましてやそこで制限があったりすると極めて不便です。これでは何のために登録したにせよ、自分の自由が制限されてしまってはやめたくてもやめれないジレンマになります。しかし、VODの退会手続きはワンタッチで可能なのでどこよりもスピーディに実行可能。まずは公式サイト内にある専用ページへ行き、そこで契約解除をクリック。これで完了です。本当にこれで終わってしまうので拍子抜けすることは間違いないでしょう。メールでの再確認を求められた場合は、そのリンクからアクセスして認証すればいいだけ。もう見る動画がない、個人情報を削除したい…そういう場合には何かに悩む前に気軽に実施できますので、変に考えすぎなくてもOK。

海賊版サイトは無料ではありません
消して消しても無くならない違法なアップロード動画はそれ自体が無料であるように偽っているだけで実際はあらゆる手段でユーザーからカネを奪い取ろうとしてきます。それはかなり終わりの見えない戦いになっていき、消耗戦は疲れてしまうだけ。それこそ悪質勧誘へハメたり、スパム系の攻撃で騙したり、個人情報を盗んで利益にしたり、あの手この手で待ち構えているのです。「太陽を掴め」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『太陽を掴め』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月5日時点での『太陽を掴め』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『太陽を掴め』をさらに知る

多摩美術大学の卒業制作として手がけた「雲の屑」が東京学生映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した新鋭・中村祐太郎監督が、音楽を題材に描いた青春群像劇。『太陽を掴め』のプロデューサーは髭野純。元子役で現在はミュージシャンとして人気を集めつつあるヤット、彼の写真を撮るフォトグラファーのタクマ、タクマの元恋人ユミカ。ずっと付き合いがあっても感情が全て見えているわけではない。感情だけがうろうろと心のどこかに彷徨っている。高校時代からの同級生である3人は、それぞれ複雑な思いを抱えながら日々を過ごしていたが…。

★『太陽を掴め』のスタッフ


監督:中村祐太郎
脚本:中村祐太郎、木村暉
撮影:鈴木一博
音楽:池永正二

★『太陽を掴め』のキャスト


吉村界人、浅香航大、岸井ゆきの、三浦萌、森優作、内田淳子

★『太陽を掴め』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.1???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『太陽を掴め』の感想

●『太陽を掴め』FILMAGA 
中身はそこまで期待してなかったが、意外に面白く観れた! ちょっぴり大人になった男女の間違った青春ストーリー。自分の行動と気持ちには責任を持って過ごさなきゃね!と考えさせられる。主人公役が良かった。現代ではちょっと見かけない不器用な昭和のロックスターみたいなキャラなのだが、彼の生活感や回りとの距離感が丁寧に描かれているので、不思議と違和感を感じる事はなく、彼の言動や葛藤がストレートに響く映画だった。
●『太陽を掴め』映画無料夢心地 
まず音楽映画ではない。脚本家の人も言っていたが音楽のことは掘り下げていないので音楽映画だと期待して観た人はガッカリすると思う。吉村界人の演技は一見当たり散らしているようで本質はとても繊細な点がヤットと似ている気がする。監督が吉村界人ありきで作ったというだけあって彼の放つ主役感に圧倒された。ヒロインが真性ビッチというのも新鮮だし腹が立つくらい納得。サイコーなことだけを続けてれば映画って出来るんだ!という発見の連続。
●『太陽を掴め』DAILYMOTION  
もちろん普通の商業映画に比べたら、カメラのブレ、ピントの甘さ、台詞の噛みなんて尋常じゃないくらい多いんだけど、そういうのが無いとここはダメだ!っていうシーンが必ずある! そう、ここは何がなんでもブレなきゃ駄目なんだ! それくらいの思い切りがあってもいいし、こういう独立系の作品なら攻めてもいい。太陽を掴むなんて無理だけどそれを馬鹿正直にやってしまうのがこの映画そのもの。笑われてもいいのでたっぷり濃いものを注ごう。
●『太陽を掴め』FANDANGONOW
青春の象徴ともいえる、ドラッグ、セックス、非行の数々。金に翻弄され、自分の気持ちや未来に光が見えなくなっている愚直なダメさいっぱいな若者の姿を正直に描く。吉村界人の目が好きだし、岸井ゆきのの雰囲気が好きだし、浅香航大の男らしさが好きという、ぶちまけた俳優の熱演に惹かれた。バンドマンやらカメラマンやらが、マリファナ吸ったり、喧嘩したり、三角関係なったり、そういうグタグタさも含めて愛してあげようか。