牝猫たち(2016)

白石和彌監督が描くロマンポルノ

映画『牝猫たち』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、無数の邪魔な広告はゼロです。
今すぐ『牝猫たち』を見るなら動画リンクをチェック。

日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、日本映画界の第一線で活躍する監督たちが新作ロマンポルノを手掛ける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が、夜の街で生きる女たちの切なくも可笑しい日常を切り取った群像ドラマ。エグゼクティブプロデューサーは田中正。プロデューサーは小室直子、高橋信一。池袋の夜街をさまよう3人の女。それぞれの悩みを抱える彼女たちは、呼び出された男たちと体を重ねながら、明日に向かってたくましく生きていく。

原題:牝猫たち / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2017年1月14日 / 84分 / 制作: / 配給:日活

『牝猫たち』予告編

(C)2016 日活


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『牝猫たち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者なら耳より情報です
人間の欲望をストレートに描き出した作品はそれだけで魅力が色々と詰まっているので見ごたえがあります。そんな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。これはネット配信であり、店で人目を気にしてしまうようなこともないので、便利です。視聴する際も、スマホでも見れるので、プライベートな空間で邪魔されずに楽しめるという利点もあります。アダルトな作品を専門に扱っているものもあるので楽しみましょう。

「無料」で感謝!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。「具体的にどんなものなのかわからないから手を出しにくい…」そんな不安も大丈夫。簡単に言えば期間限定で無料試用できるものであり、悩まず利用できます。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、ユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、ひたすらにしつこく広告を流すものまで、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。ハイリスクなサイトの怖さはじゅうぶんわかったでしょうが、回避するのも簡単です。使わなければいいだけの話。単純です。

これに決めた!
「トイレを我慢するよりも映画動画視聴の欲求を抑える方が厳しい?」それは言い過ぎですが夢中になるのは納得です。でも油断していると思わぬところで足を取られて躓きます。「登録したはいいけど、自分の見たい映画がない!」という後悔の沼に沈まないようにしないといけません。「牝猫たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。フルムビバースが類似サイトと明確に異なる特徴は、掲載されているVODの充実さであり、隅から隅までまんべんなく確認可能。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「見せたくない作品があるのだけど使い分けできるのかな?」という諸事情への配慮。例えば小さいお子さんには視聴は適切ではない作品もあるでしょうし、完全な大人向け作品であればコンテンツのサムネイル一覧に並んでいるのも不適切です。また、自分の視聴履歴が他人に見られるのは不快だという人もいます。VODの中には同一料金でアカウント分けができるという親切機能を備えたものもあるので、揉め事を回避して平穏に共有することができます。

登録情報は最小限
登録にとても膨大な書類や本人確認が必要になったりしたら、それだけで嫌になるものです。でもVODは普通のメールアカウント作成と同類で、すぐに登録することができます。その作業にかかる時間は本当に一瞬で、数分で終わるので、動画を観たいと思った瞬間に実行すれば何一つ待たされることなく、完了可能。クレジットカードを入力したらすぐさまお金の支払いになるのだろうかという疑念に関して、それはあなたが無料お試し適用者なら料金はまだ生じないので焦ることもないです。あとは「牝猫たち」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、いきなり全然関係のない不快極まりないアダルト広告を表示してくるものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「牝猫たち」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないのでオープニングから最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「牝猫たち」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『牝猫たち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『牝猫たち』をさらに知る

★スタッフ
監督:白石和彌(関連作品:『日本で一番悪い奴ら』)
脚本:白石和彌
撮影:灰原隆裕
音楽:野村卓史

★キャスト
井端珠里、真上さつき、美知枝、音尾琢真、郭智博、村田秀亮、吉澤健、松永拓野、吉村界人、米村亮太朗、野中隆光、久保田和靖

★インタビュー
・井端珠里「脱ぐ、脱がないというより、見られることに対してはずっと戦ってきましたし、こういうお仕事は、見る側がイメージを作っていくもの。特に最近はSNS等が発達しているので、好きに切り貼りされて語られることに対しては覚悟していました」
・井端珠里「(緊縛シーンは)当初予定していた体勢と違う形になってしまい、息が吸えなくなってしまったんです。最初はセクシーさも必要だと思い、そういった表情をしていたのですが、どうにも我慢できずに号泣してしまったんです」

★『牝猫たち』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.603.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『牝猫たち』の感想

●無料ホームシアター 
女優陣の演技がすごく良くて、3人の風俗嬢それぞれに感情移入してしまいました。濡れ場のみに安易に比重を置くのではなく、ネグレクトや妻に先立たれた孤独な老人や薬物やネットの闇など様々な視点での社会問題だけでなく、デリヘル界の内情や裏でのやり取りも盛り込まれていてリアルです。タクシー内での仕込みローターもそうですが、この映画はシリアスなのかコメディなのか判断つかないほどのいろいろやりすぎて支離滅裂さはなんでしょうか。
●シネマトゥデイ  
昔のロマンポルノの空気を感じさせる。ロマンポルノリブート作品の中では、ストーリーが別格にいい。もちろん10分おきくらいには、裸が出てきてパンパンしていて、そういうルールで映画が作られているのですが、それでもしっかり物語を構築しているのはさすが。エロ映画ではないのです。登場するデリヘル嬢を等身大の現代女性として描く事になっており、キラキラした作りこまれたグラビアとは全く違う生々しさがいい味になっている。
●SHAREVIDEOS
単なるポルノでもアダルトビデオでもない、濡れ場ありきではあるけれど、芸能事務所のごり押しが大量に投下されるような日本映画にはないものが確実にある。生業としての一線を越えてしまった、どこにでもいそうな3人のデリヘル嬢を通して、ネットでの炎上やネカフェ生活等の現代的な問題意識を突きつけるのも上手い。白石和彌監督のエロ描写の巧さや配役の妙はここでも光っているので、舞台は変われど、やはり実力は発揮されるものだ。