ムーンライト / Moonlight

誰にでもある純愛の物語

映画『ムーンライト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 目移りする膨大な数のリンクはないです。
今すぐ『ムーンライト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Moonlight / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年3月31日 / 110分 / 制作:A24、Plan B Entertainment / 配給:ファントム・フィルム / 製作費:500万ドル / 興行収入:1320万ドル

アカデミー賞作品賞受賞『ムーンライト』予告編

© 2016 A24 Distribution, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ムーンライト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

受賞作も視聴しよう!
人間の心に書開ける苦悩や葛藤をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな丁寧なヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信なら、いちいち店に行かずともウェブサイトにアクセスするだけで見ることができます。字幕や吹き替えを選択できるものもあるので、自分の好みに合ったスタイルで気軽に視聴するのならば便利です。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。これは登録開始日を起点に一定期間を設定されてサービス機能を無料利用できるもので、動画でも見放題なら自由に見れますし、ポイント購入で視聴するものならそれもOK。「数十年前の比較的過去の作品がほとんどでは?」と内容の偏りを気にしているかもしれませんが、準新作も順次続々と配信を開始しているサービスもあるので話題作のネタも後追いできるでしょう。「ムーンライト」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ムーンライト」の視聴はダメです。そもそも、そうした悪質なサイトにわざわざ「無料」というワードに釣られて手を出すこともありません。なぜならそれよりもはるかに優れた正規のサービスが存在するからです。デメリットしかないサイトを利用する価値は微塵もないです。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

どれを選べばいい?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「ムーンライト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ムーンライト」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「ムーンライト」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「マハーシャラ・アリ」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「ムーンライト」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ムーンライト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ムーンライト』をさらに知る

マイアミの貧困した地区で生まれたカイロンという名の黒人男性の苦悩と解放の人生を、幼少期、ティーエイジャー時代、成人期の3つの時間軸で描いたヒューマンドラマ。製作はアデル・ロマンスキー、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー。マイアミの貧困地域に住んでいる内気な少年シャロンは、学校では「チビ(リトル)」と馬鹿されて同級生からイジメられ、家庭では麻薬に溺れる母親ポーラから育児放棄されていた。居場所はどこにもなく、ぶらぶらと彷徨うしかないが、そんなシャロンは近所に住む麻薬ディーラーのホアン夫妻と出会い、交流を深める。一方で唯一の男友達であるケビンとは、やがて友情以上の思いを抱くようになり、この気持ちを理解するのに苦労する。しかし、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、その大きな壁に威圧されながら、ひとりで思い悩み、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が彼の身に起こり…。

★スタッフ
監督:バリー・ジェンキンス
脚本:バリー・ジェンキンス
撮影:ジェームズ・ラクストン
音楽:ニコラス・ブリテル

★キャスト
トレバンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、アシュトン・サンダース、ナオミ・ハリス、マハーシャラ・アリ、ジャネール・モネイ

★雑学(トリビア)
・第89回アカデミー賞の作品賞発表では運営側のミスで『ラ・ラ・ランド』が受賞作として発表されてしまった。

★『ムーンライト』の評価

IMDbRTMETA
7.498%99
映画comY!FM
3.53.413.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ムーンライト』の受賞
第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞を受賞。第74回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ)を受賞。

★『ムーンライト』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●無料ホームシアター 
セリフもドラマも、社会的なメッセージ性さえも極力抑え、スクリーンいっぱいに広がる煌びやかな色彩が全てを語る。こんなに美しい映画は他にないでしょう。リトル、シャロン、ブラック3人の顔になっているポスターもいいし、その時代に反映して、成長していったり凋落していくのも悲しい。愛を素直に想いにできないひとりの人間の儚い人生が凝縮されていて、グッと心臓を掴まれたような苦しい気持ちを共有できただけでいいのかな。
●シネマトゥデイ  
この映画を黒人を主題にした映画とは思わない方がいいかもしれません。素直に純愛の世界にプカプカ浮いている気分になれます。過去に見たゲイ系の映画の中でもトップクラスの綺麗さ。もちろん汚いものではないのですが、今作はビジュアルの美しさが極まっている。ヤク中の親からの虐待、イジメ、LGBT差別を受けてきた男の子なのに、こんなに切ないなんて。ただシリアスに重い話にはならず、最後はラブストーリーとして最高の時間をくれた。
●イオンシネマ
偏見や差別がいつの時代でもあることは悲しいが、それをあえて重くないペースで描くというのがいい。少年から大人に育つまでの主人公の葛藤が流れるように映し出されていて、まるで近未来の思い出ムービーブックの新しい姿なのかと思った。「黒人は月明かりでブルーに見える」という言葉どおりで思わず見とれてしまった。彼の純粋な恋する気持ちは大人になっても変わっていなくて、ラストは本当に幸せになってほしいと願うばかり。