バトル・ロワイアル(1作目)

ねえ、友達殺したことある?

映画『バトル・ロワイアル』のフル動画を無料視聴する便利な方法をレコメンドしています! 目移りする膨大な数のリンクはないです。
今すぐ『バトル・ロワイアル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:バトル・ロワイアル(「バトル・ロワイヤル」) / 日本(2000年) / 日本公開:2000年12月16日 / 113分 / 制作: / 配給:東映 / 製作費: / 興行収入:31.1億円 / 次作:『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』

バトル・ロワイアル(予告編)
動画
▼『バトル・ロワイアル』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『バトル・ロワイアル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡大中です
人間の内側に抑え込まれた暴力性が全開となったような作品はセンセーショナルであり、見ごたえがあります。そんな話題にもなった映画を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信であり、最近ではレンタル店でDVDを借りるよりも簡単なので、身近になってきました。今ではアンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今後もさらにユーザー数を伸ばして、勢力が拡大していくでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。「具体的にどんなものなのかわからないから手を出しにくい…」そんな不安も大丈夫。簡単に言えば期間限定で無料試用できるものであり、悩まず利用できます。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。「バトル・ロワイアル」もアリ。

それはネットの罠では?!
違法な動画サイト等には油断をすることなくじゅうぶんに気を付けてください。それで「バトル・ロワイアル」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。オフィシャリティのあるサービスならば、一切の危険性もなく、フルパフォーマンスで動画を大満喫できるのです。

あなたの選択は自由!
近年はデジタル配信の勢いが主流になり、各社の競争に勝つべくVODの中には独占で特定作品を取り扱うところも増えてきました。ところが、どのVODでお目当ての作品が配信しているのでしょうか。一応、Google検索で映画タイトルをググるとVODが示されますが、それは一部にすぎません。「バトル・ロワイアル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。大事なのは情報の高鮮度な質であり、アップデートをともなうこまめな更新によって定期的に刷新することが求められますが、フルムビバースはそのあたりも抜かりなしです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

古い作品ならもしかして…
インターネット上に非公式な形で映画本編の動画がアップロードされていたら、それは十中八九間違いなく違法性の高いものです。しかし、そうじゃない場合がかなり限定的な作品で存在します。それはパブリックドメインの映画です。本来であれば発生するはずの著作権が切れている古い映画があり、これらは何も問題なくネットにアップされています。不安になるかもしれませんが、その場合は大丈夫です。法的には問題ないので視聴しても責められることはありません。フルムビバースではそうした映画はカテゴライズして独自にレコメンドしています。

フェアにオススメします
ビデオサーチができるこのフルムビバースはただの動画紹介サイトではありません。なにせ情報量が類似サイトよりもはるかに多く、取り扱っている種類は10種を超えます。現状でも数は新しいものがでるたびに増やしていっています。それはどれも何かを依怙贔屓していることではなく、平等公正に扱っているので、変な問題もなければ、露骨な宣伝もありません。対象範囲のVODは専用のページで詳細に一覧化しているのでそちらでさらに機能を調べることもできます。単純に「バトル・ロワイアル」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけがそのありがたみを噛みしめられるディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
ネット上を炎上気味で騒がせる海賊版画像や動画のコンテンツ掲載ウェブサイトは取り締まりを強化する法整備が進んでいますが、その数は多く、諸々の努力も虚しく手が付けられない状態は続いています。言うまでもなく法的にアウトではありますが、規制が追い付きません。そこでVODの普及によってポジティブなイニシアティブ・カウンターをとることが有効手段としても指摘されています。誰もが抵抗感を感じない、安価な手法があれば動画視聴は正規なかたちで広まるので、わざわざリスク&粗雑な不正サイトに何も考えずに手を染める人は減るでしょう。「バトル・ロワイアル」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」「あまりあんなシーンは観たくはないのだけど」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならばそういう選択性がないので規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。できれば手つかずで観たいという需要はありますし、大事です。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「バトル・ロワイアル」も無規制で。

『バトル・ロワイアル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月8日時点での『バトル・ロワイアル』の動画配信
  • 「Hulu」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『バトル・ロワイアル』をさらに知る

新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。『バトル・ロワイアル』のプロデューサーは片岡公生、小林千恵、深作健太、鍋島壽夫。新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。それはかつての倫理さえも無視するような恐ろしい法律だった。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで果てしない殺し合いをする法律である。その先に待つのは生存への渇望のみ。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。

★『バトル・ロワイアル』のスタッフ


監督:深作欣二
脚本:深作健太
撮影:柳島克己
音楽:天野正道

★『バトル・ロワイアル』のキャスト


藤原竜也、前田亜季、北野武、山本太郎、安藤政信、柴咲コウ、栗山千明、塚本高史、高岡奏輔、小谷幸弘、石川絵里、神谷涼、三村恭代、島田豊、松沢蓮、本田博仁、新田亮、池田早矢加、永田杏奈、金澤祐香利、加藤操、日向瞳、石井里弥

★『バトル・ロワイアル』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バトル・ロワイアル』の感想

●『バトル・ロワイアル』FILMAGA 
この無名時代だからこそできるような主役級の役者が勢揃いしているというゴージャスさ。なんて贅沢な映画なのだろうか。それにしてもかなりぶっとんだ内容で過激。日本はともかくアメリカだったら未成年にこんなことをやらせる映画は作れないだろう。ともかく良くも悪くも邦画のエッジが利いていてギラギラしていた時代だった。ここからどんどん漫画原作のライトな方向にシフトしていく残念な傾向が始まるのだが、その前の輝きを見せてくれる。
●『バトル・ロワイアル』BILIBILI 
ホラーアクションの問題作。公開時は話題にもなって、その是非が問われた。狂気じみたバイオレンス映画であり、生々しいヒューマンドラマにもなるという両面性をひとつにパッケージしているので、この作品にレッテルを貼ること自体が危険。それはつまり、人間なんてものは常に善悪をコロコロと変えていくという真理の表現でもある。藤原竜也がもう既に藤原竜也してることに驚いたり、今観ることで楽しめる要素もあるのでぜひ見てほしい。
●『バトル・ロワイアル』DAILYMOTION  
「今から殺し合いをしてもらいます」で有名な残酷殺戮スクールデイズ。殺し合わなければならない世界だったら、些細な感情が凶器と化す。色々な人間模様が手を変え品を変え楽しめた。仲間だと思ったら敵。逆も然り。そんな状況だからこそ信頼し合うことは尊いということを実感できる。弱肉強食の世界でこそ生の充実を体験できる。それを学校という最初の社会形成の場でするというのはしっかり必然性があることで、決してただのネタありきではない。